2008年02月10日

2月9日・初ゴルフが雪のため中止

この日は今年の初ゴルフ。
寝不足が続いてましたが、この日は早起き。
ゴルフなら何とか起きられます。

天気予報は雨または雪。平野部でも積もる恐れあり。

ま、なんとか曇天でもってくれればと思い家を出る。
道中の景色は凍てつくような霜で真っ白な田んぼばかり。
果たしてできるのかしらと不安になる。

最初に1ホールをパーで終えた後に雪がちらつきはじめる。
そして数ホール回ったところで雪が本降りに。
グリーンはうっすらと雪が積もりはじめ、転がるゴルフボールに土星の輪のように雪が付着します。
これではゴルフになりません。。。

グリーンに散水するので待機するようにとの指示がありました。
しかし雪は益々降り積もるばかり。
その後1ホール回ったところで大雪状態に!
続行不可能。

結局ラウンドフィーは只になりました。
6ホールまわって2オーバーとひょっとして!?という自己ベストペースだっただけに残念でした。

帰りの道中はもう大降り。
これは大変だということで慎重に運転して帰ります。
自宅近くの道路は交通量が少ないためか新雪のまま。
少し滑りかけました。
危ない危ない!
無事帰宅。

一昨日も今日も天気がよかっただけに昨日の雪が恨めしい!
昼からは寝不足を解消しようと寝ようと思ったのですが、結局子ども達と遊びました。
posted by F邸のあるじ at 22:20 | 滋賀 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ

2007年08月13日

炎天下のゴルフ

8月10日(金)晴れ
うだるような暑さ・・・晴れ晴れ晴れ

信楽カントリー杉山コースにて、ゴルフをしました。
朝の8時スタート。午前中に18ホールまわって、昼ご飯を挟んで午後に9ホールまわります。

沖縄以来のゴルフ、しかもその間クラブを全く握っていません。
それで、朝の5時起床。全米プロの中継を見ながら、朝食&身支度
6時に家を出て、近くのゴルフ練習場で約40分間練習をしました。

早朝練習だけでも既に汗まみれ。

現地に到着し、ゴルフをスタート。

暑い・・・
暑い・・・

日焼け止めをたんと塗りましたが、汗ですぐに流れてしまいます。
水分補給も頻繁に。500mlサイズのペットボトルが次から次へと消費されます。

その分、昼間のビールはウマイです。

さて、このラウンドはご近所さんと一緒。
長女の保育園繋がりです。
保育園のバスを待っているときに奥さん同士の会話でお互いゴルフ好きの亭主を持っていることがわかり、亭主同士のラウンドが実現した次第です。
これまでは職場の人間とのラウンドばかりだったので新鮮です。

で、結果は49+42+41です。
最初の49を練習ラウンドとして、42、41の83として記録させていただきました。

ゴルフダイジェストのハンディキャップも14となりました。

暑さにまいりながらも、納得のラウンドでした!

posted by F邸のあるじ at 23:55 | 滋賀 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ

2007年07月23日

眠い・・・けど全英オープンは面白かった!

ここ4日間連続して、3時半就寝。
眠いっす。

というのも、ゴルフゴルフの全英オープンを見てたから。

今年は、かねてより応援してたスペインのガルシアが初日から首位。
四日間首位を走って優勝したという例が過去にあまりないと言われながらも、3日目までのガルシアのプレーぶりを見てたら、彼が最後まで突っ走っていくような気がしました。

でも、最終日。
数ホールしてから、パットが不安定になってきました。
いつもの不安な表情が彼の顔に浮かびます。

彼は、小技、アイアンショット、そしてドライバーも完璧なんだけど、パットに難点があるから、ここ一番で入らなくなると辛いもんがある。

スコアを落としつつあるガルシアに迫ってきたのが、大ファンのアイルランドのハリントン。
彼も、メジャーではいつも良いところまで行くけど、最後の詰めの甘さ(甘いってもんじゃない!)がたたって、栄冠には手が届かない。
得てして、私の応援する選手はなかなか勝ってくれません。

そういう場面を何度も何度も見てきているから、彼が1打差で最終ホールを迎えて、クリークに2発ぶちこんだときも、正直「やはりなぁ〜」と言う思いがあった。

途中アルゼンチンのロメロがとてつもない追い上げやドタバタを見せたけど、最後に残ったのがガルシアとハリントン。

大ファンの2人が残ったから、とても嬉しいはずだけど、でも2人ともスコアを落としてのプレイオフなんで少し複雑ではありました。

さて、こうなると、どっちも勝たしてやりたいんだけど、ガルシアはまだまだ若くてこれからもチャンスがあるから、ハリントンを応援してしまいます。

ハリントンがプレイオフで優勢に進めるうちに最終ホール。
今回も、最後の最後で詰めの甘さが出てしまいそうで、一人ハラハラ見てました。
でも、大丈夫。メジャーの栄冠を手に入れました。

おめでとう、ハリントン!
オレもうれしいっす!

ガルシアの72ホール目のパットを外したときの悔しそうな表情。
そして、優勝を逃したときの悔しそうな表情を見てるとこちらも辛くなります。
バレステロスの引退もあったので優勝したかっただろうなぁ。
ホントに悔しいと思う。

でも、そんな遠くない未来にはメジャーに勝てるでしょう!

まずは、次のメジャー戦で悔しさをぶつけて是非頑張ってくれ!
ベリーパターでのパットは、まだまだ自分のものになっていない。
ものに出来るようになったときにこそ勝利を収めるでしょう。

今年の全英オープン。
ヨーロッパツアー大好き人間としては嬉しい結果となりました。
蛇足ですが、2人のプレーオフを見守ってたヒメネスとマギンリーの姿にも感動しました。
そして、ハリントンとガルシアを見守る家族の視線にも感動しました。

久しぶりのヨーロッパ選手のメジャーでの勝利ですが、私は、これからヨーロッパー出身の選手がどんどんメジャーで勝利を重ねるような気がします。

次のメジャーは全米プロ。
今からとても楽しみです。
posted by F邸のあるじ at 20:25 | モスクワ | Comment(8) | TrackBack(0) | ゴルフ

2007年05月21日

2人のゴルファーの活躍

1人は今朝の新聞紙上を賑わした高校生ゴルファー。

いくら国内ツアーとは言え、プロを相手に優勝しちゃったんだからたいしたものです。
国内の男子ツアーは、ここ数年女子の人気に完全に押された状態で、スポンサーも離れ、賞金額も減り続けるというお寒い状況。
そんな中、彗星の如く現れた高校生ゴルファーは救いの神となるのか?
いろんな期待が集められます。

国内のゴルフツアーは青木、ジャンボ尾崎、中島常幸のビッグ3のバブル全盛の時代があって、その後は丸山茂樹や片山晋吾が登場するものの大学出のお利口さんタイプばかり。
ここ最近は若くて活きの良いプロが出現せず、世代交代が全く進んでいません。(宮里次男も伸び悩み・・・)

今やプロ野球もサッカーも海外に活躍の場を広げるのが当たり前の時代にもかかわらず、国内のプロたちは井の中の蛙として、国内のぬるま湯のフィールドで戦っています(もちろん、その中にも厳しい戦いがあるのでしょうが)。

そして、いくら国内で強くても海外の試合になるとほとんど活躍できず。
見てる方も面白くもなんともありません。

こんな状況では、海外の試合が簡単に見ることのできる現在、国内ツアーが盛り上がるはずもありません。
また、タイガーらの一流選手のショットを見てから国内選手の技量を見ると、その差に落胆することしばしです。

そんなこんなで、今回勝利を収めた高校生ゴルファーが今後どのように成長するのか(国内など目を向けずに、そのままアメリカやヨーロッパの高校・大学に進んでくれー!)楽しみです。

ツアー協会は、是非是非彼の才能を潰すようなことはしないでください!

さて、こんなお寒い国内のツアーですが、今までの日本人ゴルファーとは違って、14歳という年齢で単身アメリカに渡ってゴルフ修行した一人の若者がいます。

それがもう一人のゴルファー

今田竜二

彼の名前を知ってる人は少ないでしょうね。
ゴルフ界のカズ三浦だと思ってください。

彼は14歳で渡米して、向こうの大学に進学。
ジュニア時代は、タイガーと同世代。
タイガーともライバルの一人として戦ってきました。

その後プロに転向しましたが、タイガーとは差がつくばかり。
しかし、一昨年から米ツアーの1軍(つまりタイガーと同じ土俵)で戦えるようになりました。
そして、今日(昨日かな?)あと一歩で優勝のところまで来ました。
日本人で米ツアーで勝利を収めているのは、青木、丸山の2人だけ。
3人目の優勝者となるのかと期待されましたが、プレーオフで敗れ、残念ながら2位となってしまいました。

「よくやった!」と言いたいが「次こそは勝利を!」の期待も強くなるばかりです。

今日はゴルフネタ。

気合いの入った記事となりましたが、高校生ゴルファーと今田竜二には今後とも大いなる活躍を期待します!
posted by F邸のあるじ at 21:14 | モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ

2007年04月21日

森の○○さん

ある日(ある日)♪

森の中(森の中)♪

○○さんに(○○さんに)♪

出会った(出会った)♪


続きを読む
posted by F邸のあるじ at 23:22 | モスクワ ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年09月25日

ライダーカップ

先週末、ゴルフのライダーカップという試合が行われました。

ヨーロッパとアメリカのトッププロが名誉のためだけに戦われる試合です。

歴史とかについては、上記のリンク先に譲りますが、この大会には、日本人をはじめとしたアジア、南アフリカ、オーストラリア、カナダ、南米は含まれません。
なので、日本からは大西洋を挟んで白人国家が盛り上がっているだけのように見えますが、この盛り上がりはゴルフの中では一番大きな大会と言って良いかもしれません。

ま、早慶戦のようなもんですね。
これに対し、ヨーロッパ以外の国の選抜とアメリカが戦うプレジデンツカップというのもあります。

だけど、このライダーカップが非常に熱い!面白い!エキサイティング!

1999年にイギリス・アイルランドを旅したときにパブでライダーカップの中継を見てから、ずっとライダーカップを楽しみしてきました。

今回もホールインワンあり、チップインあり、ロングパットが入ったり、入れたら入れ返す。
見ていてホントにおもしろかった。

結果はヨーロッパチーム3連覇。
前々回からの勢いがずっと続いてますね。

ダレン・クラークの涙に感動。
オラサバルも7年前の屈辱を晴らした!
ヨーロッパチームの雰囲気が最高でした!!

これまでは下馬評では、タレントのそろっているアメリカが有利でしたが、今回は米チームが小粒に見えました。
もちろん、タイガー、ミケルソン、フューリックといった超トップクラスの選手はいますが、ヨーロッパのガルシアやケイシー、ドナルドのような活きの良い若手がいないのが痛い。
米選手の若手の伸び悩みがライダーカップにも響いてます。

てなことで、次は2008年。
アメリカでの開催となります。

楽しみだなぁ〜!

以下
テレビ画面です。
ryder1.jpg ryder2.jpg

ryder4.jpg ryder5.jpg

posted by F邸のあるじ at 18:15 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(2) | ゴルフ

2006年08月21日

2006全米プロの感想

タイガー強い。

他の人らと全然レベルが違うわ。大人と子ども。

現有勢力ではタイガーを倒す選手は出てこないんじゃないかなぁ。

あと10年の間、タイガー全盛期に、タイガーと互角の勝負ができる選手が果たして現れるだろうか。

ニクラウスのときは、まだパーマーがいたけど、今はタイガーの独壇場。

タイガーの一人旅はこれからも続くのだろうか・・・(ちょっとつまんないかも)

でも、全米プロって、何が特徴なのかよくわからない。

マスターズ、全米オープン、全英オープンと違って、

これだという特色のない大会ですね。

やはり、前の記事に書いたようなメジャー戦の方が盛り上がるんじゃないかなぁー

あ、こう書いたけど、次はドナルドもガルシアも頑張ってちょーだい!

もう一言、来年はゴルフネットワークの独自の放送を期待していますよ!
posted by F邸のあるじ at 19:09 | ロンドン ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年08月16日

2006全米プロ優勝者予想!

今年最後のメジャー戦、全米プロ。

4大メジャーの中で一番花がない。日本の中継も少ない(ゴルフネットワークガンバレ!)。ということで、ほとんどの人が興味のない大会です。

私はゴルフの4大メジャーのうち3つがアメリカ開催というのが非常に不公平だと思っております。
ホームアドバンテージは相当のハンデとなります。
グルーバル化、インターナショナル化が進んでいるこの時代、アメリカ一国に集中している構図はちょっとおかしい。
むろん、アメリカにお金があった、強い選手がいた・・・等々の背景があったのは承知しています。

かつてはゲーリー・プレーヤー等しかいなかったインタナショナルプレーヤーも今では、シン、エルス、グーセン、イメルマン、ウィア、スコット、オギルビー、M.キャンベル、アップルビー、カブレラ・・・(これに日本人選手も続く?)と世界ランクの上位選手を見ても、アメリカ選手と同等の数がいます。
今後益々増えていくことでしょう。

そこで、提案ですが、全米プロを準メジャーに降格して、4つ目のメジャーに、アメリカ、イギリス以外の国のナショナルオープンを持ってくると言うのはどうでしょう?
各国を持ち回りの開催とするのです。つまり、その年によって開催国が変わるということ。

少なくとも、南アフリカ、オーストラリアは不可欠。
これに日本、カナダ・・・それにヨーロッパのフランス、ドイツくらいの6箇所を持ち回りで開催(これらの国で6年に一度の開催)にして、その年のメジャー戦としてはどうでしょうか?
開催国の出場枠を広げつつ、世界中でその試合に出場するための予選が繰り広げられる!

おそらくWGCをアメリカ以外で開催したときのように、アメリカ選手の中には出場しない選手も出てくるかもしれませんが、長い目で見たときにはゴルフの裾野の開拓にも一役を買うことになると思うしゴルフ界にとっては良いことだと思います。(盟主であるアメリカがウンと言わないとどうにもならないんだろうけど)

ゴルフ好きの方、どう思いますか?
ご意見ありましたらコメントよろしくです。

さて、今年の全米プロですが、開催コースはメダイナ。

これだけ長いコースだと、優勝候補は自ずと絞られてきます。
巷ではタイガーなんでしょうけど、全英のようにアイアンでティーショットってなわけにはいきません。タイガーのドライバーの精度はそんなに高くない。ドライバーを曲げて苦しむような気がします。

さて、優勝予想ですが
グーセン、エルス、ガルシアと見た!
ガルシアはパット次第(=メンタル)です。
エルス、グーセンはティーショットがカギを握る。

以外では、スコット、イメルマン、カブレラ。
ハリントンにもチャンスあるかなぁ。

何はともあれ、ウッズ、ミケルソン以外の実力者の優勝が見たいーーー!

posted by F邸のあるじ at 09:29 | ロンドン | Comment(6) | TrackBack(1) | ゴルフ

2006年07月24日

2006全英オープン

タイガーの目にも涙。

父ちゃん亡くなったのが今年の4月か5月だったかな?
その後、しばらく試合を休んでましたが、復帰後の全米オープンでは予選落ち、そしてウエスタンオープンに出場し2位となる。

そして、全英オープンで、優勝!

ウイニングパットを決めてしばらくキャディのスティーブに抱きついて泣いていました。

日本時間で夜中の2時過ぎのこと。

こっちも見ていて熱くなりました。

この大会でも人種差別的な行動が見られました。
タイガーが強すぎるからなのか、タイガーがショットのルーチンに入っているのにもかかわらず故意に音を立てたりする嫌がらせがありました。

そういったいろんな壁を乗り越えての亡き父に捧げた勝利だったので、格別だったのでしょう。

でも、

ゲーム自体は面白くなかったなぁ。
期待のガルシア、エルスは弱い。
タイガーが強すぎるから彼らの弱さが際だってしまうのかしら。
ガルシアはイップス気味だなぁ。心配だ!

優勝候補に挙げた選手は悉く予選落ち。こらー何しとるー!

もっと風が吹いてくれたらよかったけど、こんなコンディションなら誰もタイガーに歯が立たないだろうなぁ。

今の選手の中からタイガーを倒す選手は見あたらない。
やはり実力が1枚も2枚も・・・いや桁違いです。

それだけ歴史に名を残す希有な存在なんでしょう!

次は全米プロです。

なんだかんだ言っても次も欧州の選手を応援しますよ!
posted by F邸のあるじ at 18:43 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年07月19日

2006全英オープン、あるじの直前予想

全英オープンゴルフが今週木曜日からはじまります。
今年のメジャー第3戦。

今年はスコットランドではなく、イングランドのロイヤルリバプールGCが舞台となります。
でも、吹きさらしのリンクスという舞台は変わらず。

4大メジャーのうち、最も自然条件が厳しく、全米プロと同じくフロック優勝が多いこの大会でもあります。

さて、今回も同じく優勝予想をしてみます。
過去2回、やりっ放しの感が否めないので、もうちょっと当たりはずれの具合を検証するなど、工夫していきたいと考えております。(でも試行錯誤)

ということで

◇パドレイグ・ハリントン

◇ダレン・クラーク

◇コリン・モンゴメリー

◇ルーク・ドナルド

◇ヨハン・エドフォース

の5選手をピックします。
他にもデビッド・ハウエル、ビヨーン、ガルシア、オラサバル等々。
そろそろ欧州選手に優勝してもらいたいという願いです。
だから、これって予想ではないんですね^^
(なかなか応援しない選手をピックできなんです)

最近オージー選手の活躍が目立つので、そっち方面の可能性もなきにしもあらず。
もちろん、タイガー、ミケルソンも上位可能性大。
グーセン、エルスもラッキーがあれば優勝の可能性ありです。
でも、1999年のポール・ローリー以来のヨーロッパ選手の優勝を待ってます。
選手の層から言っても今はヨーロッパ選手の方がレベル高いです。若くて有能な選手もたくさんいます。ライダーカップも強いです。だから、今度こそ優勝してほしいなぁ!

以上
posted by F邸のあるじ at 18:34 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年06月19日

2006全米オープン、あるじなりの総括

ワールドカップサッカーのクロアチア戦の話題が日本列島を覆い尽くしておりますが、
私の注目は全米オープンゴルフ

優勝候補の筆頭に挙げたグーセンはあっけなく予選で撃沈。
ウッズも本調子に戻らずプロ転向後はじめての予選落ち。

さて、残るメンバーのうち本命と言われたミケルソンを中心とした優勝争いになります。

最終日、ミケルソンとイングランドの若手フェリエが最終組となりますが、やはり展開はミケルソンと他の実力者との優勝争いとなります。

私は、ヨーロッパの選手大好き人間なんで、モンゴメリーとハリントンにあらん限りの応援をしておりましたが、彼らに私の気持ちは微塵も伝わらず自滅してしまいます。
モンティも18番の2打目は狙いすぎ!グリーンの真ん中狙ってほしかった。でも、あの時点はミケルソンだと誰もが思っていたんで、パー狙いはできなかったんかな。
ハリントンの3日目の18番も強引にラフから狙ってチョロしてました。
おいおい、頑張ってくれ〜ちっ(怒った顔)

と相当怒り気味で最終日のラスト数ホールを見守っておりました。

というか、昨今のミケルソンの強さを思うと、
誰もがミケルソン優勝だ!と確信していてことでしょう。

すると・・・ミケルソンのティーショットがぶれはじめる。

最終の18番ホールはパーで優勝、ボギーでプレイオフの状況。

こりゃ、間違いなく何かある!と思ってたら、案の定ティーショットを思い切り左に曲げる。
そこから、昔々のミケルソンのように強引にグリーン乗せようとして、なんと手前に木にあててしまう。
第3打はグリーン脇のバンカーへ!
で、結果ダボで優勝逃す。

まるで、昔のジャン・バンデ・ベルデを見てるよう。

ここがタイガーとの違いなんだなぁ。

で、我慢比べを制したのは、ジェフ・オギルビー!
彼にとってはラッキーなメジャー大会での勝利となった。

彼は今年になって実力を発揮しはじめており、今年のWGCマッチプレーで勝利を収めている。

同じオーストラリア出身では、アダム・スコットばかりが注目されてましたが、もともと相当のポテンシャルを持ったプレーヤーです。

私も昔から目をつけてきたけど、しばらくは伸び悩んでおりました。
それが、ここ2〜3年で台頭し、そして今年になって見事に花開いた感じです。
これで2年続けてオセアニア出身者の優勝となりました。

日本人選手では唯一、今田選手が予選通過し、かつ12位という素晴らしい成績を残しました(パチパチ!)
これで来年の全米オープンも参戦決定です。
彼は他の選手のように大学出のボンボンではなく、サッカーのカズのような経歴の持ち主です。
他の日本人選手とは違うタフネスさを兼ね備えています。
さらなる活躍を期待してます!

全米オープンはセッティングが面白く見てて楽しめます!
今年も面白かった。(巷ではタイガー不在なので評価低そうですが)

次は全英です。また7月にお会いしましょう!
posted by F邸のあるじ at 18:10 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年06月15日

2006全米オープン、あるじの直前予想

ワールドアップ一色のスポーツ界ですが、今週は全米オープンゴルフの週でもあります。

今年のメジャー第2線。
最近忙しくて、選手の状況など何もわかりませんが、一応予想だけは立ててみます。

■本命
グーセン
昨年一歩のところで逃している。最近の全米オープンでの強さを評価。
個人的にも好きな選手なので本命!

■対抗1
ミケルソン
メジャーの調整の仕方がピカイチ。間違いなく今ゾーンに入っている選手。
メジャー2連勝中なので、上位に来るのは固い!?

■対抗2
デビッド・ハウエル
ヨーロッパで今一番安定している選手。以前はなかなか勝てなかったけど、ここ最近は大舞台で勝利を重ねている。上位に食い込んで、是非勝ってほしい!

■優勝争いするだろうグループ
ウッズ
練習不足は否めない。

フューリック
調子良い。全米向き。

アダム・スコット
メジャーでの成績が今ひとつ。特に、全米オープン向きではないけど、最近力を相当伸ばしている。

ロッド・パンプリング
知らぬ間に力を付けてきた。オージーではアップルビーも調子良さそう!

ビジェイ&エルス
頑張ってほしいけど・・・。ビジェイは先週復活勝利で波に乗れるか!

例によってたくさん書きすぎ。あと、ハリントン、ティム・クラークにも期待。
月曜日どうなっているのか楽しみです。

ゴルフ好きのみなさん!
誰が優勝すると思いますか???
posted by F邸のあるじ at 18:05 | ロンドン ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年06月03日

箱根(2)

そして、見知らぬところへやってきたのであれば、やはりゴルフゴルフを!

箱根湖畔ゴルフコースでゴルフを楽しみました。

湖畔1.jpg

アップダウンの激しいコースでした。
コースのコンディションは非常に良くて、気持ちよくゴルフができました。
朝一番の8時ジャストのスタート。
セルフで18ホールスルーでのラウンド。少し混んでたため、終わりは1時過ぎ。

さて、スコアは89(OUT43、IN46)
後半少し崩れてしまいました。

■崩れた理由(言い訳)
距離感が掴めなかった。後で気づきましたが、ここは標高の高いコース。いつもより飛んでたようで、キャリーでグリーンオーバーするケースが何回かありました。

■自慢
しかし、それ故ドライバーもよく飛んでくれました。INの13番par4では、なんとワンオンに成功。生まれて初めてです(涙)。でも、3パットのパーであるのはご愛敬!

豪快なうち下ろしのホールが二つありました。

湖畔2.jpg 湖畔3.jpg


ここでは気持ちよくドライバーを振り回すことができました。

旅行へ行ってまでゴルフとはもったいないと言われますが、地域や土地によってコースが変わります。その変化を知るのも楽しみの一つなんです。

箱根湖畔ゴルフコースには、この土地ならではの楽しさがたくさんありました。
とても楽しかったです!!
posted by F邸のあるじ at 23:18 | ロンドン | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年05月24日

久〜〜〜〜しぶりのゴルフ!

今日は会社を休んで久しぶりのゴルフゴルフを楽しんできました。
昨年12月に行って以来、次女の出産を挟んで5ヶ月ぶり。
(もちろん次女には何一つ恨みはありません)

いや〜、待ち遠しかった。
首長竜の如く首を長〜〜〜く伸ばしてこの日を待っておりました。

先週が5ヶ月ぶりの練習。記事にも書きましたが思ったほど感が鈍っていなかったので何とかなるかなぁと思いながら今日を迎えました。

さて、今日行ったのは滋賀県にある「ザ・カントリークラブ

とある有名な人がデザインした戦略性の高いコース。バンカー多数。
うねりやアップダウンが多く、割と難しいコースでした。

ザカン1.jpgザカン2.jpg
【この池の左が9番、右が18番、結構厳しいけど面白い上がりのホール】

で、結果は86(IN44、OUT42)でしたわーい(嬉しい顔)

ティーショットがほぼ完璧。しかし第二打のアイアンが左右にぶれる。
右のピンのときには右にはずしたり、左のピンを狙えば左にはずす。
もっと大人しくグリーンセンターを狙えばよかったんだけど・・・

それとここのグリーンは難しい。ピンポジションもこれでもかと思うくらい厳しい位置に切られてました。その結果パット数は41とひどいふらふら

でも、久しぶりのゴルフ。
難しいコースにしては上出来です。
実は来週も早速ゴルフの予定があります。ルンルンるんるん
posted by F邸のあるじ at 22:25 | ロンドン ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年05月19日

小ネタ2(5ヶ月ぶりの打ちっ放し)

打ちっ放し.jpg


今日は少し早く帰宅しました。
ご飯を食べ、娘たちも寝てくれて少し時間があったのでちょっくら打ちっ放しに行ってきました。

実は来週の水曜日
5ヶ月ぶりのラウンドですゴルフ

次女が生まれる前の12月末に行ったきりの久しぶりのラウンドです。

同じく練習も全然しておりませんでした。
クラブにすら触っておりません。

さて、久しぶりでしたが、感触は良好。
飛距離が気持ち落ちたような気がしますが、力が抜けて楽にスイングできました。
心配してた指の豆もできませんでした。

実践から離れているので本番ではパットやアプローチが心配ですが、ショットに関してはなんとかなりそうです。

来週のラウンドが楽しみ!
(でも、難しいコースだから、ちょっと心配でもある)
posted by F邸のあるじ at 00:03 | ロンドン ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年04月10日

2006マスターズ、あるじなりの総括

ミケルソン優勝おめでとう!
会心の勝利でしたね。二年前とは違ってウイニングパットは余裕すら感じられました。大きなガッツポーズもありませんでした。

途中までは大混戦で、どうなるものかと思ってワクワクしながら見てましがたが、ミケルソン以外が少しずつ自滅に近い形で転けはじめる。逆にミケルソンはスコアを伸ばし、一時は二位と4ストロークの差となる。
最後の数ホールはミケルソンは危険を冒さずパー狙いでいけました。
(パー狙いも難しいですが)
あまり冷や冷やする場面はありませんでしたね。

さて、上位選手に対する感想です。

ミケルソン
少し前までの悲壮感が全然出ていない。これでメジャー2連勝の通算3勝。
歴史に名前を残すプレーヤーの仲間入りですね。
以前の攻撃的なゴルフは影を潜め、戦略の巧さが目立つようになりました。今回もパー5は確実にバーディを取ってました。
予想でタイガーの対抗に名前を挙げなかったけど、優勝するような予感はしてました(言い訳^^)
今の完成されたゴルフスタイルを貫けば、来年の二連覇も見えてきます。今年のメジャー複数勝もあるかも!

ティム・クラーク
小さな体ですが、最近のメジャーではよく活躍しています。
切れ味抜群のショットは見ていて気持ちいい。
第3ラウンドの後半で躓いていなかったら、違った展開になったかもしれません!
最後のバンカーからのチップインは、短いパットを外してただけに気持ちよかったですね。
でも、このガッツあるプレーは得てしてメジャーでよく目立つ人に収まりかねません。(メディエート、ビヨーン、マガートのような)活躍だけではなく近い将来メジャーに勝ってください!応援してます。

カプルス
バーディ逃しのボギーはもったいない。もう少しパットが決まっていれば!
相変わらずの人気者。98年に続き惜しいチャンスを逃しました。(ライダーカップ入りに近づいたかな?)

オラサバル
よくぞ追い上げた。13番のイーグルは大いに喜んだが、ミケルソンにプレッシャーをかけるほどではなかった。コースは長くなったが、まだまだいける。ガンバレ!(ライダーカップも当確ですね。)

グーセン
第3ラウンド、第4ラウンド、あまりにもパーが多すぎた。最後に4アンダーにするのがやっとだったかな?優勝争いにからんでほしかった。

タイガー
タイガーにしてはパットがあまり決まらなかった。個人的にはタイガーには大人しくしてもらった方が混戦になるので楽しめて好きなんですが、結局ミケルソンの独走でしたね。16番のショットや最後のバーディはさすがタイガーです。

キャンベル
2日目リーダーでした。第3ラウンドで一時8アンダーまでいきましたが、その後崩れました。彼はメジャーで勝てる逸材です。近い将来、またチャンスがあるでしょう。今回の経験はメンタル面で大きな糧となるような気がします。

その他
エルス、シンはこういうパターン多いですね。シンはもっといけるかと思ったけど、ショットが今ひとつでしたね。メディエイトは優勝争いしてたのに、12番par3で10の大叩き。結局は下位に終わり、来年のシードも得られませんでした。お気の毒。
それ以外では、ハリントン、ダレン・クラークの2人には優勝争いにからんでほしかったけど早々に消えてしまいました。ヨーロッパ選手の中堅実力者はメジャーに弱いですね。

やはり、メジャー戦は面白い!。
メジャーはプレイしている選手もそうですが、我々も力を入れて見てしまいます。普通の大会とはやはり格が違います。
次回のメジャーは二ヶ月後の全米オープン。こちらも今から楽しみです。
posted by F邸のあるじ at 12:12 | ロンドン ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | ゴルフ

2006年04月06日

2006マスターズ、あるじの直前予想

日本時間で4月7日(金)の早朝から、第70回マスターズトーナメントがはじまりますゴルフゴルフゴルフ

今年の最初のゴルフのメジャー大会です。

ここで、マスターズの優勝者の予想をしてみます。
(今年はメジャーは全部予想してみよ!)

■本命
タイガー・ウッズ
つまらないけど間違いなく本命。個人的には遠慮していただけると嬉しい。
(唯一の不安点はお父上の体調。)

■対抗1
グーセン
タイガーに勝つことのできるメンタルを持っているのは彼だ!
(でも、ショートパットに要注意)

■対抗2
オラサバル
調子上向き。得意のコース。コース改造がオラサバルにどうでるのか!
(最近の彼もここ一番のパットに弱い。注意されたし!)

■優勝争いするだろうグループ
ミケルソン
(調子はいいけど、ムラがある。チーム・ミケルソンの歯車が噛み合えば対抗1番手)

ガルシア
(彼には早くメジャーで勝ってもらいたい。でも、ここ一番で崩れる!)

ディマルコ
(一昨年、去年といいところまでいったから、今年はダメだったりして)

ドナルド
(応援してます。飛ばないけど正確なショットでカバーだ!)

ビジェイ&エルス
(今年はちょっと不安定)

そういやトムズ、フューリック、マイク・ウィア、エイムスも調子良さそうだなぁ。名前挙げすぎですね?

個人的には欧州ツアーの選手を無条件に応援します。
あとは、最近今ひとつですがハリントン、好調のデビッド・ハウエルダレン・クラーク、ヘンリック・ステンソンにも上位のチャンスあり。
あ、デュバルも応援だけはします^^

さてさて、どうなるやら!
ゴルフの祭典、無茶苦茶楽しみです。
結果については、来週頭にでも総括します。




   続きを読む
posted by F邸のあるじ at 09:04 | ロンドン | Comment(9) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年02月03日

あるじのゴルフクラブ

私の使っているゴルフクラブを紹介します。

ビギナーのころってゴルフクラブなんて、何を使っても同じかと思ってましたが、全然違うんですね。
よく考えたら当たり前のことで、パワーのある人とあまり力のない人、背の高い人と背の低い人と、叩きつけるスウィングの人とゆったりと振り抜く人、それぞれに適したクラブってのがあるんです。それにデザイン(デザインっていうのはゴルフの場合、構えたときの視覚的なもの)も人によって好みがあります。

靴や服、ベルトや帽子選びと同じで、自分にフィットしたものを選ぶ必要があるのです。

前置きが長くなりました。

使用バッグ(H18.2).JPG


使用クラブ(H18.2).JPG


私が使ってるキャディバッグとクラブです。
クラブも一応、家づくり、車選び、その他諸々と同じく、それなりこだわりを持って選んだつもりです。

ご覧のとおり、主にPINGというメーカーのを使っています。
海外では割と人気のあるブランドですが、日本国内ではあまり使われていないみたいです。
PINGの良さは、既製品でも、わりとオーダーメード感覚に近い品選びができるというところにあります。
このアイアンは80年代に流行ったクラブですが、最近の高性能のクラブと比べると、さすがに機能的には負けてしまいますが、私の手に馴染んだ愛着のあるクラブです。どのクラブとも似ていない独特のデザインと機能を兼ね備えた私にとっての自慢のクラブです!

このようにゴルフクラブ選びは非常に楽しいですが、もっとマニアになると、クラブを取っ替え引っ替えするようで、使ってはオークションに回したり、またオークションで別のクラブをゲットしたりしているみたいですね。
私はそこまではいきません。

一応私の使っているクラブを簡単に紹介しますので、
興味のある方は以下をご覧下さい。
↓↓↓↓↓
posted by F邸のあるじ at 09:10 | 滋賀 ☁ | Comment(15) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年02月02日

あるじとゴルフ

家族ネタが続きましたので、ちょっと趣味であるゴルフゴルフの話を。

ゴルフは、プレーすることに限らず、
テレビでの観戦、ゴルフクラブに関する話、ゴルフ場のこと、ゴルフの歴史についても、なんでも興味があります。
日本だけでなく、海外での情報もゴルフ専門チャンネルで見聞きしたりしています。

好きなんです。

ボールを思いっきり叩いて遠くに飛ばすのも、グリーン上でチマチマと穴に向かってボールを転がすのも。林の中から打つショットも、砂の中で格闘したり、池に入ったボールを嘆くのも、晴天の中芝生の上を闊歩するのも、雨の中のプレーも、昼のビールも、ぜ〜んぶ好きです。

ゴルフ行く前の晩は妙に浮き浮きします。

なんか、奥が深いというか、面白いんですよね。
いろんな学問の集大成とも言われております。

ラウンドするときには、体育はもちろん、スウィングには物理学、コースマネジメントには経営戦略、コースでは造園、天候・風向きは気象、もちろん過去からの歴史、そしてここ一番で必要となる心理学。

これらを一つ一つ考えて、的確に判断しながら、自分1人の力でラウンドするのが楽しいんですね。全部自分の責任です。

学生時代は、ゴルフなんてのは、「農薬まみれで環境破壊の象徴、成金おっさんのスポーツだ」と思い込んでました。あんな、スポーツはやらないぞ!と。

今では、そういう一面も確かにあるけど、何と言うか、そんな単純なものではないと思っております。

ゴルフを始めたのは、社会人になってすぐです。
かれこれゴルフ歴12年ほど?
最初は不本意ながら、会社内の付き合いみたいな感じで始めました。

やり始めるとそれなりに面白く、何とか上手くなろうと思うようになりました。
途中、全然上手くならずに「もうダメだ」と思うこともありましたが、あるときから急にスコアが良くなりだしました。

ゴルフに対するモチベーションが高まったのです。

私の中では、テレビでゴルフの中継(NHK−BS1で毎週やってる米ツアーの試合)を見るようになったこと、夏坂健のエッセイを読んだこと、そしてイギリス・アイルランドでゴルフをしたこと、がモチベーションを高めるきっかけだったと思います。

ラウンド自体は月一ペースです。練習もそんなに行ってはおりませんが、考え方次第で上達するもんなんですね。

最近は子どもの相手があるので、練習量、ラウンド数もめっきり減ってきました。
テレビでのゴルフ観戦もままならず。
ある程度、子どもが大きくなり、ある程度自分の時間が作れるようになったら、ゴルフにどっぷり浸かってみたいなぁ、と思ってます。(まだまだ先の話ですが)

なお、うちの嫁さんはゴルフしません^^

明日は、使っているクラブの話をしてみたいと思います。
posted by F邸のあるじ at 13:01 | 滋賀 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年01月11日

米ツアー2006年シーズン開幕

ゴルフネタです。

ゴルフの米ツアーが開幕しました。
昨年の最終戦からわずか二ヶ月あまりでの開幕。早いものです。
オフシーズンがほとんどないために、来年シーズンからはスケジュールも見直されるとか。

開幕戦は、昨年の各試合の優勝者のみが出場できる、準メジャー級の大会です。
開催コースはハワイ、カパルアです。
(私は「正月」、「ハワイ」といったら、芸能人ではなく米ツアーの開幕戦が連想されます。)
しか〜し、今年の大会では、タイガー、ミケルソン、グーセン、ハリントンといったメジャー級の選手が欠場で盛り上がりに欠けています。
結果はアップルビーが勝利。これで、この大会3連覇。得意コースなんでしょうね。

昨年までは、BSのライブをかぶりつきながら見てたんですが、今年は3日目を見たのみで、あとはPGAツアーのサイトで結果を知った次第です。
子どもの相手やらで、じっくり見ることができなくなってきました。

今週は同じハワイで、ソニーオープンが開催されます。
スポンサーが日本企業ということもあって、日本人選手が毎年多数出場します。

今年のPGAツアーについては、タイガー中心でいくでしょう。
これを脅かす若手の登場に期待するところです。
posted by F邸のあるじ at 09:07 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2005年12月31日

年末ゴルフの結果報告

29日に、今年最後のゴルフに行って来ました。
滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブです。
前日の雪のため1時間遅れてのスタートとなりました。
その後の天候は寒いけど良好。

スコアは86。
短いパットをはずしたり、バンカーからホームランがあったけど、それ以外はまぁまぁかな。
スコアよりも、スウィングがしっくりきたことに満足あり。
ゴルフは、いかに運を掴むか。また、不運な場合でもいかに我慢するかが重要です。そういう意味では、一昨日は悪いなりには冷静にゴルフができました。よしよし!

今年は、久しぶりの100叩きもあったけど、それ以外は順当。自己ベストタイの77も記録できたし、満足のいく結果でした。来年の目標は、年が明けたら考えましょう!
posted by F邸のあるじ at 15:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2005年12月05日

久しぶりの打ちっ放し、でも手応えなし

土曜日に久しぶりに打ちっ放しゴルフへ行ってきました。
以前は、毎週のように行ってましたが、子どもが生まれてからは行く機会がガタンと減りました。今では2〜3ヶ月に1回ペース。
思うような行動ができないのはゴルフに限らずですが。

一度の練習で打つ球の数も減りました。これは、単に体力の問題かな?最近は100球前後しか打ちません。
ただ単に多く打てば良いもんでもないので、量より質で勝負しています。

前回のラウンドで自己ベストタイの77を記録してからクラブも握っておらず、このまま年末のラウンドを迎えるのは問題ありとのことで行ってきました。

南草津ゴルフガーデン.JPG


前回ラウンドでは、脱力状態で打つことを心がけたら功を奏したので、それをテーマに練習してみました。でも・・・アイアンは良いけど、ドライバーがチーピン連発。
脱力状態売ってるつもりが、きっと腕にガチガチに力が入ってるんだろうなぁ。
それに言い訳だけど、上記写真の練習場は写真のとおり先に行くに従って変則的な窄まり型をしていて、写真の位置から打つと少し右に球が行っただけでネットにあたってしまう。少し左を向けばいいんだど、そうすると、まっすぐ構えづらい。

練習の後半には、コンパクトスウィングを目標とする練習に変わってきました。
力を入れる暇もないほど、コンパクトに素早く振り抜く!
体重移動をしっかりと!!

自己流でここまで来ましたが、これ以上上手くならないんかなぁ?
いっぺんスクールに通って自分のスウィングを診断してもらった方がいいのかも。

次回12月23日のラウンドが年忘れ・1年納めのラウンドとなります。
第二子出産も控えているので、これを最後にしばらくはラウンドから遠ざかることとなります。

#得てして、練習で調子悪いときは本番でのスコアは良い。
 練習で調子良いとスコアは崩れてしまう。

とは言いつつも、それまでにもう一度練習に行っておこう!
これではダメだ。ショートゲームの練習もしなくては!


ゴルフは奥が深い也
posted by F邸のあるじ at 12:12 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2005年11月07日

米ツアー最終戦!

ゴルフの米ツアーの話です。

今年のシーズンも終わってしまいました。
(でも1月には新シーズンがはじまります)

最終戦のツアチャンでは、伏兵のバート・ブライアントが勝利。先週のボルボ・マスターズのマギンリー同様、しぶい40歳台プレーヤーの勝利です。でも、こっちは意外でしたね。

今年はタイガーがメジャーとWGCともに2勝ずつあげ、昨年や一昨年の戦国時代から、またタイガー独走時代に入ってしまった感があります。

ビジェイは前半はよかったけど後半から少し息切れの感、40歳過ぎてるし。
円熟期に入ったエルスとミケルソン(私と同い年!)も、エルスが後半ケガのため棒に振ってるし、ミケルソンはメジャーに勝ったものの家族優先のスケジュールを組んでて、何か煮え切らない。(悪い事じゃないけど)
グーセンも応援してるけど、今年の全米オープンでは最終日大転けしてしまったし。
デュバルもどっかへ行ってしまった。

後に続く若手も・・・ガルシア、スコット、ルーク・ドナルドあたりに期待しても、まだまだタイガーほどの強さは感じないなぁ。

来年もこのままいくとタイガー一人旅になりそう。
タイガーオンリーではなく対抗馬を切望してるんですが、来年のシーズンはどうなることやら。楽しみです。

#個人的には早くガルシアにメジャーで勝ってほしいっす!
posted by F邸のあるじ at 18:07 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ

2005年11月01日

欧州ツアー最終戦!

夕べのおかずはさんまレストラン。美味いなぁ。酒飲み&B級グルメ好きの私としては、特にはらわたの苦みがよろしい。秋口にはビールとともに食していたのが、肌寒いの昨晩は、日本酒とともにいただきました。といっても、燗ではなく冷やで。

----------

さて、今日は好きなことの一つであるゴルフゴルフについて書いてみます。

私はゴルフはするのも、見るのも大好きです。ラウンドは月一で主に会社の同僚と。平均スコアは80台中盤くらいかなぁ。使用クラブについては追々書いていきます。

結婚直後にスカパーに加入して以来、ゴルフチャンネルで欧州ツアーの中継を見るのが楽しみになりまして(時間的に試合終了まで見ることはできませんが)、特にタケ小山やアンディ和田さんの解説がとても素晴らしい。地上波なんてとても比較になりません。

一昨日になりますが、今年のヨーロッパツアーが終わりました。最終戦はモンティとガルシアの優勝争いかと思いましたが、ミスタービーンことマギンリーが逆転で優勝です。マギンリーのコンパクトでリズミカルなスイングは憧れますが真似すると力が入り過ぎてしまいます。
今はガルシアのようなためを作って思いっきりリリースする感じのスイングの方が力が入らなくて自分にはあってます。

今年の欧州ツアーではモンゴメリーが3位タイに入り、賞金王をゲット。7年連続賞金王を取って以来、ちょっと下降気味で、ついに世界ランク50位より落ちてマスターズにも出られなくなっていたけど、今年の春くらいから調子を上げてカムバック、メジャーなどで良い成績を上げて、堂々の賞金王。おめでとう!

欧州ツアーは、99年にイギリス・アイルランドを旅行したときに地元でライダーカップの中継を見て以来、興味を持つようになり、ヨーロッパ選手を応援するようになりました。
好きな選手はいっぱいいます。米ツアーもいいけど、やっぱ欧州ツアーの方が選手もコースも数段魅力的です。それらに比べると日本のツアーは陳腐。もっとアジアや欧州ツアーとタイアップしていってほしいです。日本の選手ももっと海外で戦うべきだと思います。

今週は米ツアーの最終戦。楽しみです。


#ゆうべは娘がなかなか寝付きませんでした。なんでだろう???眠ったのは11時15分。眠い(睡眠)せめて10時までに寝かせたいのだが。あまりにも遅すぎる・・・。
posted by F邸のあるじ at 08:30 | 滋賀 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。