2005年11月16日

我が家の誕生まで

はんべ工務店のHPブログにリンクを貼っていただいた記念に“我が家”について語ってみます。


我が家の完成は2002年12月中旬。あと少しで3歳です。
(我が家の写真は、はんべ工務店のHPや「ちょっと前の記事」をご参照ください)

さて、家を建てようと本気で思ったのは、2000年ごろ。

建てるとなると、
1.どこに?
2.どういった土地を?
3.どういった家を?
4.予算は?
と他にもいろんなことを決めなければなりません。

1.どこに?
今の勤務先などを考えるとJRびわこ線の駅徒歩圏が良い。かつ京都に近い方が良い。
周囲の環境(自然環境や立地条件など)については自分なりに優先順位を明確にした。

2.どういった土地を?
土地の大きさは予算と相談ですが、庭は広く取りたい。車は2台停めたい。
日当たりや周囲の環境(隣近所など)なんかも当然考えた。

3.どういった家を?
シンプルで機能的な家がほしい。和テイストの家が良い。
大きくなくても良い。無駄なスペースは必要ない。
没個性的な家(外観も中身も)は嫌だ。外観はこだわりたい。
当時は子どもはいませんでしたが、もちろん子どものことも考えた家にする。

4.予算は?
自分の収入なんかを見て無理のないものとする。
実は、これが一番大きな制約条件ですが・・・。

えーと、まだまだ書くことがたくさんあります。
土地探しは苦労しました。これだと思う物件は必ず「条件付き」。土地・建物のセット販売ばかりです。「条件無し」が見つかったとしても「上屋あり」(所謂、中古。既存の団地でまわりは家がびっしり建ってることが多い。解体費用も別途かかってくる)。
でも、諦めずに多くの不動産屋をまわり、網を張っておいたら、やっと今住んでいる土地が見つかりました。

さて、家はどうするか。上記の条件で作ってくれるところ。
ハウスメーカー、工務店、建築家と3つ選択肢があるのかな?それぞれ一長一短。

最初はハウスメーカーと思い、あちこちの展示場巡り。でも、展示場の家が架空の家であり、現場で作られている家とのギャップに寂しさを感じたのとメーカーの大量生産的な考えや膨大な宣伝、それに営業トークが個人的に肌に合わなかったので(あくまでも私の感想です)メーカーはやめました。

かといって、地元の工務店も信頼できそうな業者が判断しづらかったのと建物のルックスが今ひとつでやめにしました。

ならば建築家にお願いして自分の理想の家を建てよう!と雑誌やネットで情報を集めていたところ、目に入ったのがはんべ工務店のHPでした。2001年の秋頃です。
この頃はまだ土地も見つかっていませんでした。

ふ〜一息バー

さっそく、資料を請求したところ、資料の中に杉の木片が。
これが、とってもいい香りがしたのと、これが家の素材として使われていることの何かホッとするものを感じて、一度はんべ工務店へお邪魔することとしました。
(杉板の件については、現在はんべ工務店で建築中のnorthinさんのブログでも紹介されています)

で、いろいろ話を聞いたり、これまでの施工事例の写真などを見せてもらったりしていると、自分の思う家と非常に近いことがわかってきました。
また後日、建築中の家や既に住んでおられる方の家を実際に見学させていただく機会もありましたが、今考えると自分の中ではそれが決め手だったかも。

そして、2002年の年始めに土地が見つかったので、はんべ工務店に正式にお願いすることに。

はんべ工務店は、家づくりのハードの部分だけではなく、家づくりに至るまでのプロセスも私に合っているなぁと感じております。特に、家づくりを急がないところがありがたかったです。間取りを確定するまでに、割と長い期間を要したと思いますが、早く決めても少しも良いことはないと思うのです。冗談を言いながら、あれこれ間取りを決めていく過程はなかなか楽しかった!

ちょっと長くなってきたので急ぎますあせあせ(飛び散る汗)

そうこうしながら3年前に我が家が完成しました。
建築中は毎週のように現場を訪れては大工さんの邪魔?をしておりました。
でも、現場を頻繁に訪れたことによって、何かしら問題が出たときに臨機応変に対応できたことも良かったことの一つです。大工さんもいろんな提案をしてくれました。

今は快適に毎日を過ごしております。はんべ工務店のHPの中に我が家が掲載されており、我が家のコンセプトや私の感想も載っておりますのでご覧下さい。
もっと詳しいことをお知りになりたければコメントいただければお答えします。

家づくりでは、我慢強く情報収集することが大事だと思います。それをヒントに自分の理想を作り上げていく。また、それなりの勉強も必要だと思います。一生の中で最も大事な買い物ですので、後悔したくないし、慎重にならざるを得ないですね。
ま、今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。
でも、最近はブログでいろんな方の家づくりの記事を読むことができるんですね。羨ましい限りです。(逆に工務店の評判なんかも、口コミに左右される???)

今回は長〜〜〜〜〜い記事となりました。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
これからも家に関する記事は書いていくつもりです。

なんせ、私の生活の中心の場なので!
posted by F邸のあるじ at 18:28 | 滋賀 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家
この記事へのコメント
あの頃は若かったなあ。
今より、、、、。

Posted by Nむら at 2005年11月16日 20:28
とても長ーーーーーーーーい記事
(京都銀行のCMみたいに)

ご苦労様です

うちも、見学会が決定の影響が大きかったです
M邸を見に行ったのですけど、
今までの行ったことのある見学会は、
新しい家だったのが、住んでから4年目の家を見たのがとても印象的。

薪ストーブ、無垢の杉材と自然的なのが、
よく感じ、
建て後の施主と工務店のつながりが、
あるという点も大きかったですね
Posted by northin at 2005年11月17日 09:35
コメントありがとうございます。
ダラダラと記事を書いてしまいました。
ホントはもっと書きたかったんですがね。
完成してからの話(特にアフターサービス)は折に触れて書くことにします。
Posted by Ei-F at 2005年11月17日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9409276
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。