2008年04月08日

明日の記憶

かれこれ3ヶ月前に読んだ本

荻原浩の『明日の記憶』

asunokioku.JPG

若年性アルツハイマーによって記憶がだんだんと消えていく50歳のサラリーマンを主人公とした話です。

この本の前半では、仕事をしている主人公の物忘れが激しくなる様が書かれていますが、これくらいの物忘れって自分自身いくらでもあるぞー!と思いながら読んでました。

それがアルツハイマーの兆候。
それから、仕事に家族に楽しい思い出などなど、大事なことを少しずつ忘れるようになり・・・

う〜ん・・・
怖い小説でした。

通勤電車の中で読んでましたが体が何とも落ち着かない変な気分がしました。

でも最近、冗談抜きで、ちょっとした事が思い出せなかったりしてるけど大丈夫かなぁ。
青魚に発芽玄米茶の摂取に心がけないと!
むむむむむ。

このお話では、いろんな問題がおきます。
読んでいて辛くなる場面もあります。
でも、最後のところではホロリと来る綺麗なシーンが描かれています。

しかし、現実問題、こうした病気を持つ家族を抱える身にとっては、きれい事など何一つないのでしょう。

いろいろ考えさせられる本です。
あ、映画化もされたみたいですね。

読みやすい本ですし気が向いたらいかがでしょうか?
posted by F邸のあるじ at 19:30 | 滋賀 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
こんばんは。
映画を見ましたよ。
自分が壊れていくのを自覚するのが辛いですね。
映画では周りの人の支えや愛情も美しく描かれているところもありますが、現実は厳しいものだと思います。若年性というところも深刻です。
図書館で借りてきて読みたいです。
最近主人も私も
「あれ」とか「それ」とか「何だっけ」
という会話が増えてきて、お互いに嘆いています。
高齢化社会になって、認知症も多くなっています。
いつ、自分がその身になるか分かりません。
とても不安な思いがします。


Posted by ねさま at 2008年04月08日 22:39
>ねさま
映画ご覧になったんですね。
渡辺謙が、この小説に共感して主役を演じたそうですね。
でも、私のイメージする主人公に比べたら格好良すぎかも^^
私も「何だっけ」を連発したり、思い出せず考え込んだりすることが頻繁です。
笑い事ですまなくなったときが怖いですね。
他人事ではない分、怖く感じたのかもしれません。
うちの両親も高齢と言う年齢になってきました。
現実はこの小説のようには行かないのは承知してます。
アルツハイマーという病気に対する認識を少しでも持つことができたのはこの小説を読んだ収穫です。
でも、現実となると・・・想像もつきません。

機会があれば是非図書館で借りて読んでみてください。
映画は見てないけど、違った印象を持つと思いますよ。
Posted by F邸のあるじ at 2008年04月08日 23:53
アルツハイマーや痴呆症は
自覚がないだけに怖い病気ですね
人の平均寿命も延びていき
体の色々な部分がそれについていけないのかなぁ?
300年前では人間50年と言っていたのが
今では80年ですから
Posted by northin at 2008年04月09日 07:08
>northinさん
この主人公はアルツハイマーの自覚症状がありました。
自覚症状がある分、余計に辛く、怖いところがありました。
寿命が延びている分、科学も進歩しています。
こうした不治の病が治る日が来るといいですね。
Posted by F邸のあるじ at 2008年04月09日 13:00

こんにちは。

ちょっと恐い気がするけど、読んでみたくなる本ですね。

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」という本も、記憶と知覚に関するお話しで、似ている部分もありますが、心に残る本でした。

お読みでなければ、いつか是非。。

Posted by しゅう at 2008年04月11日 05:50
>しゅうさん
こんにちは。
この本のネット上のレビューを読むと「アルジャーノンに花束を」
に関連づけたコメントが多かったので、この本を読んでみたいと
思ってたところです。
実は妻が一足先に読んでたはず。
だから家に文庫本があると思いますので私も読んでみます!
Posted by F邸のあるじ at 2008年04月11日 12:41
アルツハイマーは人事ではないなぁ〜
年のせいか、忙しいだけなのか、やる事を忘れることが年々増えているように感じます。
だから今ではメモ書きして机横に貼る習慣を身にいけましたが、
そのおかげですごいメモの量になり、逆にやる気が低下しています(汗
是非買って通勤時に読んでみますね。
Posted by 近江のサムライ at 2008年04月15日 19:13
>近江のサムライさん
私もしょっちゅう忘れてます。
同じくメモは必須です・・・とほほ。
でも、私の場合はPCのデスクトップに
メモ用ソフトを立ち上げて書き込んでます。

良い本です。
是非読んでみてください。
実感を伴う分、ホント怖いですよ〜!
Posted by F邸のあるじ at 2008年04月17日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/92683010
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。