2007年10月19日

標準語が決して正しいわけでなく

いっせぇ〜えの めいぶ〜ぅうつぅ〜♪

このブログでも、かき氷にぜんざいが美味い美味いと
太鼓判を押してきました。

確かに美味い。

でも、地元に行くと赤福様!って感じがして、
地域の経済や政治に大きく影響を及ぼしてる雰囲気が
ありありしてました。
裏がありそうだなぁ、なんて思ったこともありました。

ここ最近毎日ニュースで取り上げられてますが気になるのが
アナウンサーのイントネーション。

我々が慣れ親しんだ呼び方は

「あ・か・ふ・く」

と平坦に発音します。

しかしアナウンサーは

・か・ふ・く」
「あ」にアクセントをかける言い方。

「あ・・ふ・く」

「か」にアクセントをかける言い方かな?
こんがらがってきた・・・
低・高・低・低って感じかな?

どっちにしても標準語はなんだか違う。そんな言い方聞いたことない。
違和感ありまくり!
もちろん地元の伊勢は前者で発音しています。

ニュースでは、こうした固有名詞も標準語で言わなければならないんですね。

ここしばらくは営業停止だとか。
ファンの1人としては残念です。

餅よりも自分の頭を冷やした方が良いですね!
posted by F邸のあるじ at 22:11 | 滋賀 ☔ | Comment(10) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
あかふく・・平坦に言います。
あにアクセントがあると、コスモスと同じじゃないですか。
10000Hitありがとうございます。
ほんとのキリ番ですね。
Posted by ねさま at 2007年10月19日 23:50
大阪ではあかふくを、2番目の「か」にアクセント若干。
無期限営業停止になりましたね。
冷凍解凍品とはしらず、皆おいしいといって食べていたのに。
最初からその日限りといってなければOkだったのに。
新しく開発した冷凍技術で
おいしさが持続できるようになりました、とかね。

「赤」も北海道の「白」も、ダメで
いったいどれなら大丈夫なんでしょうね。
Posted by うらら at 2007年10月20日 09:36
>ねさま
残念でしたが、10000ゲットできたので自己満足です。
発音ですが、この記事書いてから、標準語のアクセントがほんとは「か」ではないかと悩んでおります。
強弱よりも音程の問題かなぁ。
よーわかりません。
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月20日 10:52
今年の夏休み、志摩へ旅行に行ったんですが、
最終日に何故だか「伊勢神宮へ!」という気分になり行ってきました。
そして無事、赤福を買って帰り美味しくいただいたのですが、
今から思うと、
「あのとき買っておいてホントよかったな〜(しみじみ)」
という気分です。
Posted by 住実香 中村由 at 2007年10月20日 10:56
>うららさん
不謹慎かもしれないけど、これによって別に誰か病人が出たわけではないんですよね。
企業が正直ではなく、不誠実だったことが問題なわけで、食べ物は悪くないと思います。
でも、企業にとっては新鮮さをうたい文句に手を広げてきたから、今さら冷凍だなんて口が裂けても言えなかったんでしょうね。
企業の倫理がさんざん問題になってきたにもかかわらず、こういう問題が後を絶たないってことは、今まで発覚したのは氷山の一角かもしれませんね。
皆さん口が堅いのかな?
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月20日 10:57
>中村由さん
ま、我々食べてきた赤福の中には冷凍のものも高い確率で混じってるかもしれませんね^^
でも美味しいんですよね〜。
今回のことをもって、会社には猛省してもらい、おいしい赤福は復活してほしいです。
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月20日 11:02
昔からおかしいと思っていました。あんな大きい販売数でその日の分だけ出来るわけない。

よく似た 草津のうばが餅は 買いに行くと正直に冷凍して解凍して売っていますから早い目に食べてくださいと 説明してくれました。大きいところではみんな冷凍

ただ京都出町ふたば ここはその日に作って賞味期限その日。売りきれご免です。そうでないと商売として成り立たないですね。
Posted by 草津の百姓 at 2007年10月21日 20:13
>草津の百姓さん
大阪、京都、名古屋へとすごい数を売っていますから、その日の分を計画的に生産するのは難しいというか、不可能に近いですよね。
うばが餅は正直なんですね。
これだけ、企業倫理が問題になってるのに何も学んでいないことが不思議でなりません。
自分とこだけは見つからないとでも思っているのでしょうか?
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月21日 22:39
赤福は営業停止!!
そしたら赤福に似た商品は
どうなるのだろう?

おかげ横丁で食べた餡と餅の柔らかさは
全然違うかった
Posted by northin at 2007年10月22日 07:30
>northinさん
確かにおかげ横丁で食べる赤福と京都駅の売店で売ってるのとは固さが違いますね。
出来たての方が断然やわらかいのだと思ってましたが、そもそも「モノ」が違ったわけですね。
これで信用失墜。他のブランドも多かれ少なかれ似たようなことをしてるんではと穿った見方をしてしまいます。
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月22日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

赤福のアクセント
Excerpt:  しばらくブログを休んでいたので、ちょっとout of dateになってしまいま
Weblog: 翻訳blog
Tracked: 2008-02-12 21:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。