2007年10月18日

広島に行く

昨日から今日にかけて仕事で広島に行ってきました。
広島のプロジェクトを一つ抱えておりまして、ここ最近広島への行き来の頻度が高くなってます。

それでも、泊まることはほとんどなく、昨晩は美味いものを食べようと気合いが入ってました。
牡蠣はまだまだ本格シーズンではなかったので、残念ながらカキフライを少し食べただけ。
でも、瀬戸内の魚を食べましたが美味しかった。
広島産のお酒を飲まなかったのと浴びるほど牡蠣が食べられなかったのが少々悔いが残ります。
それは次回の楽しみにとっておこう!

それから梯子して1時まで飲んでました。
その割には今朝はスッキリした目覚め。
ウコンの力のおかげかも。

広島では何人かの女性と接しましたが、皆元気ですね。
ハキハキして、よく笑うイメージがあります。
九州や四国に通じる気っ風の良さがありますが、それとはまた違った広島独自の明るさを感じます。
結構、結構!

そう言えば、京都ってどんなイメージなんだろう?
お淑やかなイメージ?
なら。私の育った愛知はどんなイメージなんでしょうか?
なんか、これといったイメージないですね。

と変なことを考えてる間に、アッという間の一泊二日。

広島を出る新幹線は、赤い瓦屋根の地域を通過し、一路東へ。

我が家用の土産を買うために岡山で途中下車して大手饅頭をゲット。
もみじ饅頭は流石にもう飽きた。
たまに食べるのには良いが、味わい深さを求めるお菓子ではない。
大手饅頭の方がはるかに味わい深く美味しい。

と、無駄な行動をしながら再び新幹線に乗車。

秋真っ盛りの車窓の風景を眺める。

岡山あたりでは稲刈りが終わっていない田んぼが多い。
滋賀県の方が1ヶ月以上も早いみたい。
稲の種類の問題?

とあれこれ考えながら窓の外をぼーっと見たり、本を読んでるうちに日常の生活場へと戻ってきて、今、この時間に至る。

まだ会社にいます。
仕事がまだまだ残ってるけど、今日はサッサと切り上げて帰るとしよう。
今なら娘達が起きてる時間に間に合うかな?
posted by F邸のあるじ at 19:42 | 滋賀 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
出張に残業をご苦労様です
出張の楽しみはその地の美味しいものを食べる
ことですね
昔は新幹線でうかして
それに出張旅費を足して食べれたけど
今は出来なくなりました

京都の人のイメージは
表に出している表情と心の中は
違うと言うことですね
言われたことを真に受けてはいけないと
言われていますね
Posted by northin at 2007年10月19日 07:31
>northinさん
そう言えば京都って「お茶漬け食べてかはりますか?」っていうのが、「もう帰ってください」という意味だというのを聞いたことがあります。
確かに裏の心が読めないですよね。
今年は仕事でいろんなところが行ってますが、やはり仕事なんですよねー。大変です。
美味いものを飲み食いしないとやっとれません!
Posted by F邸のあるじ at 2007年10月19日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/61290419
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。