2007年06月25日

大豆の原産国を見て思う。

妻から聞いた話ですが、先日納豆を買おうと成分表示を見たら大豆の原産国が「中国」だったそうです。
どこのメーカーのどの商品を見ても、「中国」だったので、今回はやむを得ずそれを買ったそうです。

最近、何かと話題の多い中国製品。
食べ物以外にも歯磨き粉や幼児玩具など、いろんなものに、いろんな場違いなものが混入しているみたいなので慎重にならざるを得ません。

例の捏造騒ぎのときは、そもそも納豆自体が不足していましたが、今回のは原材料の大豆が不足しているのが問題です。
理由は皆さんご存じかと思いますが、これも国策の煽りです。

バイオ燃料。
自給率の低い我が国では影響が大きすぎるような気がします。
その不足分を輸入すると言われても安心できるもんではありません。
中国産の不安だらけの品を我慢するのは正直勘弁して欲しいです。
(国内の加工品もたいがいですが)

バイオ燃料は確かにCO2を出さないクリーンな燃料ですが、その生成過程はどうなんでしょう?
トータルで見て、環境にやさしいと言えるのか?
消費者にとってはガソリンよりも安価に手に入るのか?
まずは、そのための生産体制や影響などを整理してから取り組むべきなのでは?(形式的にやってるでしょうが)
いろんな力(利権)が働いているのでは!?といろいろ勘ぐってしまいます。

今後、小麦、トウモロコシ、そして食用油などのいろんな原材料の高騰が予想されます。
マヨネーズの値上げも既にありましたね。
たこ焼きもお好み焼きもうどんも値上がりするのかなぁ・・・。

新たなエネルギーに頼ることも必要ですが、日常の生活の無駄使いを見直して総需要を抑えることをもっともっと推進すべきような気がします。

いろいろ言いたいことがありますが、この辺で^^
posted by F邸のあるじ at 12:58 | モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
生成方法は2種類あり
そのやり方で利権がありますね
そして石油が絡んでいるので
石油の大手や黒幕にはアメリカまでもいます

だってアメリカという国は
核があるといってイラクを攻めたけど
核実験をしている北朝鮮は攻めないですから
その理由は石油が絡んでいるから
現在はイラクの石油はアメリカの管理化です

日本のエネルギー問題はアメリカが鍵を握っているのかなぁ?
Posted by northin at 2007年06月26日 07:23
>northinさん
外交問題が分厚く絡んでますね。
石油もしかりですが、アジア、特に中国の機嫌も伺ってるような気がします。
「環境」がキーワードなら許されるというものではありません。
非常にうさんくさい施策だと思います。
Posted by F邸のあるじ at 2007年06月26日 09:07
政治的なことはよくわかりませんが、
一主婦として日々感じることは、
今やあたりまえとなった無駄なことを節約することはとても大事なことと思います。

最近スーパーの袋を持参する運動が始まっていますね。
私はまだマイバッグを持って行きませんが、これが恥ずかしい所まで徹底すればいいですね。
低価格のビニール袋の中国製は、体に悪い物質が含まれていると報道されていました。

例のミート社のなりふりかまわない悪質さにもあきれ返ります。
それと同時に他社はどうなんだろうと不安です。
Posted by うらら at 2007年06月28日 00:02
>うららさん
あれだけ、雪印や不二家で騒がれたにもかかわらず、未だに、こんなことを平気でやっているというのが信じられません。
ひょっとして氷山の一角なのではと疑ってしまいます。
根深い問題なのでしょう。

環境問題は、まずは出来ることからコツコツと。
いろいろ新しい技術に頼ることも必要かもしれませんが、皆の意識が変わらないと前へ進まないと思います。
Posted by F邸のあるじ at 2007年06月28日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/45855151
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。