2007年05月26日

鳥取で買いました。

いや〜、お酒買うの忘れてました。

さっきコメントにも書きましたが、木曜の晩は2時半まで飲んでました。
翌朝少しだるさを感じながら、駅へ向かい、切符をゲットしてから、お土産屋をぶらり。。。
このだるさを引きずったのが原因か、お酒を買うことなど全く頭に入っていなかった。。。

で何を買ったかというと、ジャーン!

miyage_tottori.jpg

どこにでもありそうなもの。

ゲゲゲの鬼太郎のせんべいと二十世紀梨のプリン。

せんべいは本当にどこにでもある味。
食べた後の小物入れとして買いました。

梨プリンも変わっているかなぁと思って買ったのですが、
梨の味なのか?リンゴの味なのか?よく分かりません。
見た目も梨の色なのか?メロンの色なのか?これまたよく分かりません。

他には、ふろしき饅頭というのがありましたが、先週地元の街のグルメフェアで売ってました。
後は、砂丘サブレとか、梨まんじゅうとかそういったたぐい。
あまり創意工夫があるようには見受けられませんでした。

地元の特産品は美味しいけど、お菓子類は今ひとつかなぁ。

さて、今回の目的地の最寄り駅に降り立った瞬間、何とも言えない香ばしい匂いがしました。
草の匂いか、海の匂いか、何ともわからない独特の匂いです。
(田舎の匂いと言っては失礼かな?)
地方にはその地方の固有の匂いなるものがあるのでしょうか?
韓国行ったときにも、強い匂いがしたのを覚えてますが、それとは違うものなのかな?

でも、鳥取の街、人や車が少なく、大きなビルもなく、派手さなどどこにもありませんが、落ち着いた感じがとてもよかったです。
また行きたいなぁ!

nezumiotoko.jpg
posted by F邸のあるじ at 23:15 | モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
ゲゲゲの鬼太郎だ!!
町中に妖怪がいるのですか?
もしかして仮装をした人が
歩いているなんて
そんなことないですね

夜中まで飲んでいるとは
いいお酒と肴にめぐり合えたのですね
Posted by northin at 2007年05月28日 07:28
>northinさん
鬼太郎の作者水木しげるの出身で有名なのが境港。
鳥取県内ですが、鳥取市とはあまり関係がないですね。
便乗して売ってるだけだと思います。
最後の3軒目は、笑笑で、ビールに枝豆を食べました^^
お酒や肴に巡り会えたというより話し相手に巡り会えたと言った方が良いかな。
Posted by F邸のあるじ at 2007年05月28日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。