2007年05月21日

2人のゴルファーの活躍

1人は今朝の新聞紙上を賑わした高校生ゴルファー。

いくら国内ツアーとは言え、プロを相手に優勝しちゃったんだからたいしたものです。
国内の男子ツアーは、ここ数年女子の人気に完全に押された状態で、スポンサーも離れ、賞金額も減り続けるというお寒い状況。
そんな中、彗星の如く現れた高校生ゴルファーは救いの神となるのか?
いろんな期待が集められます。

国内のゴルフツアーは青木、ジャンボ尾崎、中島常幸のビッグ3のバブル全盛の時代があって、その後は丸山茂樹や片山晋吾が登場するものの大学出のお利口さんタイプばかり。
ここ最近は若くて活きの良いプロが出現せず、世代交代が全く進んでいません。(宮里次男も伸び悩み・・・)

今やプロ野球もサッカーも海外に活躍の場を広げるのが当たり前の時代にもかかわらず、国内のプロたちは井の中の蛙として、国内のぬるま湯のフィールドで戦っています(もちろん、その中にも厳しい戦いがあるのでしょうが)。

そして、いくら国内で強くても海外の試合になるとほとんど活躍できず。
見てる方も面白くもなんともありません。

こんな状況では、海外の試合が簡単に見ることのできる現在、国内ツアーが盛り上がるはずもありません。
また、タイガーらの一流選手のショットを見てから国内選手の技量を見ると、その差に落胆することしばしです。

そんなこんなで、今回勝利を収めた高校生ゴルファーが今後どのように成長するのか(国内など目を向けずに、そのままアメリカやヨーロッパの高校・大学に進んでくれー!)楽しみです。

ツアー協会は、是非是非彼の才能を潰すようなことはしないでください!

さて、こんなお寒い国内のツアーですが、今までの日本人ゴルファーとは違って、14歳という年齢で単身アメリカに渡ってゴルフ修行した一人の若者がいます。

それがもう一人のゴルファー

今田竜二

彼の名前を知ってる人は少ないでしょうね。
ゴルフ界のカズ三浦だと思ってください。

彼は14歳で渡米して、向こうの大学に進学。
ジュニア時代は、タイガーと同世代。
タイガーともライバルの一人として戦ってきました。

その後プロに転向しましたが、タイガーとは差がつくばかり。
しかし、一昨年から米ツアーの1軍(つまりタイガーと同じ土俵)で戦えるようになりました。
そして、今日(昨日かな?)あと一歩で優勝のところまで来ました。
日本人で米ツアーで勝利を収めているのは、青木、丸山の2人だけ。
3人目の優勝者となるのかと期待されましたが、プレーオフで敗れ、残念ながら2位となってしまいました。

「よくやった!」と言いたいが「次こそは勝利を!」の期待も強くなるばかりです。

今日はゴルフネタ。

気合いの入った記事となりましたが、高校生ゴルファーと今田竜二には今後とも大いなる活躍を期待します!
posted by F邸のあるじ at 21:14 | モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
ゴルフは自分でプレイしないので
ニュースで見るぐらいです
でもこの二人の話は知ってましたよ

ゴルフの選手の伸びないのは
環境が整っていないからかなぁ?
Posted by northin at 2007年05月22日 07:20
おはようございます。

やっぱ好きなことを書きはじめると
もっとほんとは書きたいでしょ。

ゴルフ好きなんだな〜ってわかります。
うんうん。それでそれで?と、
ゴルフのことあんまり
良くわかんないけど
聞きたくなるもんね。
Posted by 花すみれ at 2007年05月22日 08:25
>northinさん
今田選手のニュースもやってましたか?
それは知りませんでした。

環境が整ってないというのはありますね。
環境=お金なんでしょうが、日本ではプレー代が高すぎて、普通の家では手が出せません。
欧米豪などは気軽に安くプレーできるし、そういう育成プログラムもきちんと整っています。
(お隣の韓国もそうです)
結果として、日本はボンボン息子が多数を占めるツアーに成り下がっているのです!
Posted by F邸のあるじ at 2007年05月22日 12:48
>花すみれさん
でへへ、もっと書きたいです。
それ用のブログ立ち上げようとも考えてます。
花すみれさんが○○の話をするときも熱っぽくなってますが、それと同じですね^^
Posted by F邸のあるじ at 2007年05月22日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/42467086
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。