2006年07月24日

笑う気持ち

先日、ワラビ餅を食べた話をしました。長女はワラビ餅をとても気に入ったみたいですが、
『わ・ら・び・も・ち』と上手に発音できません。

なぜか『笑う気持ち』となります。

なるほど似ています。

長女は2才9ヶ月。
とかく言葉の発音が不明瞭な時期です。
何を言っているのかわからないことがあります。
だけど、こっちも娘をからかいながら日々楽しんで相手しています。

娘は新しいことばを覚えるとき、
デタラメのまま覚える場合、似たような言葉に置き換える場合とがあります。

『笑う気持ち』は後者になります。
『笑う』も『気持ち』も最近覚えた言葉です。
でも、どっちも食べ物でないことくらい知ってるのに!

他にはNHK教育の「えいごであそぼ」という番組の中で

hallo! what's your name?♪

という歌があり、よくマイクを手に歌っていますが、
「はーろー♪」まではきちんと歌えるのに、その次を知っている言葉に置き換えて歌います。


<正>hallo!what's your name?♪

<長女>はーろー!よんちょーめー♪


漢字で書くと「四丁目」

ひがし、む〜らや〜ま、よんちょーめー♪(by志村けん)


もうやだ〜(悲しい顔)


ホントにいろんな言葉を覚えて、口に出すようになりました。
毎日「これなーにー?」を連発しています。
ときには言葉にできないものを指さして尋ねてくることがあります。
人物であっても「これなーにー?」と聞いてきます。

貪欲に物事を認識しようとしています。

スポンジに水が染み込むように、一つ一つのことばが柔らかい脳に沢山沢山インプットされています。

いつまでこういう状態が続くのかわかりません。
長女が普通に話できるようになったら、次は次女の出番です。

しばらくは娘たちの“ことばあそび”楽しめそうです!
posted by F邸のあるじ at 19:21 | ロンドン | Comment(7) | TrackBack(0) | 愛娘
この記事へのコメント
いま英語付けにしたら ネイティブになれそうですね。
いいな〜 。

Posted by もも at 2006年07月24日 20:59
 お嬢さんが話すのを聞いていたら笑う気持ちになりますね。「わらび餅」が「笑う気持ち」になるってすてきです。あるじ様ファミリーがみんな笑顔でわらび餅を食べているところを想像しています。
 My name is ・・.は、「マヨネーズ ・・」と答えるのでしょう。
Posted by ねさま at 2006年07月24日 23:10
言葉の置き換えは、おもしろいですね
大人が言っていると、ちょっとしたコントが
出来ますよ

4丁目という言葉は
志村けんで覚えたんですか?
Posted by northin at 2006年07月25日 09:39
>ももさん
返事遅くなってすみません。
頭柔らかいですから、今が狙い目かもしれませんね。
でも、あんまり教育パパにはなりたくないなぁ。

>ねさま
私の固い頭では発想できない事を言ってくるので楽しんでいます。
>>My name is  ⇒ マヨネーズ 
これもまた思いもよらない答が返ってくるかもしれません。こんど仕込んでみようかな!
Posted by F邸のあるじ at 2006年07月26日 11:37
>northinさん
志村けんで覚えました。恐るべし!
「いいんだよ、グリーンだよ!」も喜んで見ています。
Posted by F邸のあるじ at 2006年07月26日 11:39
マリ: 「あるじさん、コメント遅くなりましたっ!
    娘さん、やりますねっ!
    完敗ですっっっ!!!」
ゴロー:「むぬぬぬぬ・・・・・
     恐るべしジュニアっ!」
Posted by ゴローとマリ at 2006年07月27日 14:22
>ゴロマリさん
おっ!ゴロマリさんから褒められるとは素質あるかも。
語録をまとめればゴロマリさんのようなブログが書けるかもしれませんね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年07月28日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。