2006年06月04日

世界名作劇場展へ行く

今日はお天気。お出かけ日和です。
梅雨入りも近くなってきたため、お出かけできるうちにと思い「エキスポランド」へ行ってきました。

お目当てはこれ

ラスカルと世界名作劇場展

私の世代では、日曜日の午後7時半と言えば「フランダースの犬」や「母をたずねて三千里」などを生み出した世界名作劇場の時間でした。と言いつつ私は当時あまり見ておらず、後の再放送を見てました。(あの有名な「アルプスの少女ハイジ」はこのシリーズじゃなかったんですね。)
どちらかというと妻がこのシリーズのファンで、特に「赤毛のアン」と「トム・ソーヤーの冒険」がお気に入りのようです。

名作1.jpg


名作2.jpg


中はこんな感じ。

まず年表。

名作3.jpg


そして、舞台となった場所が掲載されている地図やアニメのセルを拡大したものと続きます。

名作4.jpg


そして、各アニメの紹介となります。
ストーリーやその背景、原画やアニメを再現したジオラマが飾ってあります。

主なものをパチリ!

★母をたずねて三千里
名作5.jpg

★フランダースの犬
名作7.jpg

★赤毛のアン
名作8.jpg

★トム・ソーヤの冒険
名作6.jpg

長女の知っている主題歌が流れており、楽しそうにしておりました。
他にはグッズのショップがあり、何か買おうと期待してたんですが、これと言ったものがありませんでした。残念!

ざっと、こんな感じです。
我々世代から今の子どもたち(BSやCSで再放送されています)まで幅広く楽しむことができます。
最近、「まんが日本昔話」が復活しましたが、名作というのはいつの時代も人々を魅了してくれます。特に、世界名作劇場で取り上げられた作品には深い主題というものがあります。今一度いろんな作品を見てみたくなりました。

さて、そんなエキスポランドの帰りに近所のスーパーで買い物をしました。
そこには、今巷で大流行の『男前豆腐』がありました。迷わずゲット!
(↑このHP滅茶苦茶ファンキーですね)

男前豆腐.jpg


やはり口コミは嘘でないことを実感。
値段は少し高いけど、濃厚でまったりとした味が堪能できます!
posted by F邸のあるじ at 23:19 | ロンドン | Comment(4) | TrackBack(2) | お出かけ
この記事へのコメント
みんないろんな週末ですね。!!
Posted by もも at 2006年06月04日 23:22
>ももさん
びっくりするくらい早いコメントですね。
文章見直しているところでした。最速コメント新記録です。
ももさんも、この週末楽しかったようですね。人それぞれいろんな週末がありますね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年06月04日 23:28
 TVずうっと見ていました。私が好きなのは奥様と同じ「赤毛のアン」、それから「小公女」「小公子」「ナンとジョー先生」です。子どもの頃もよく読んだし、大人になってからも何度も読みました。音楽も大好きで、CDももっています。いいですねえ。近くだったら見にいきたいです。
Posted by ねさま at 2006年06月05日 19:17
>ねさま
つい最近スカパーで「小公女セーラ」やってました。
最初はいじめられてばかりだったのでかわいそうな話だと思ってましたが、最後のどんでん返しが実に心地よかったです。当たり前ですが人間性格の良さって大事ですね。
えっと、「小公子セディ」「ナンとジョー先生」は残念ながら知りませんでした。
ねさまのお気に入りですので面白そう。チェックしてみますね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年06月05日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

アルプスの少女ハイジ(12)
Excerpt: アルプスの少女ハイジ(12)・『トム・ソーヤーの冒険』はサウンドアニメのお気に入りのテレビアニメ ...・模型:世界名作劇場・子供向け番組・連休のことなど。・0033 世界名作ランキング・葬式のHOT..
Weblog: 世界名作劇場の日
Tracked: 2007-09-28 04:08

赤毛のアン 完結版
Excerpt: 他の完結編にも言えることなのですが、全編をまんべんなくあらすじ化しているのではなく、編集者が見せたいポイントを絞ってダイジェスト化している傾向があります。本作はアンとマシュウ、マリラとの絆に特化したダ..
Weblog:
Tracked: 2008-03-11 07:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。