2006年04月28日

諸国漫遊記〜1992香港・中国編B〜

広州で見たカルチャーショックも覚めやらぬまま、広州から上海へ向けて旅立ちます。

2泊3日の鉄道の旅です。

我々4人はベッド付きの「硬臥」という安い寝台席を確保しました。
中国の鉄道は、やはり車内も人であふれています。
そこにはいろんな人々がいました。

そして、日本人に興味を持って話しかけてきます。
もちろん中国語で。

さて、ここでのコミュニケーションは筆談です。
これが面白い。結構やり取りできるし、言葉を覚えることができる。

お互いのたわいもないことを紙に書き込んでは、渡して、そして書き込んでもらって。
いろんなことを尋ねたり教えたり。
車中での楽しい出来事でした。

深センから来たという幼い女の子とその母親のことが印象に残っています。
その子どもと楽しく遊んだことも。
子どものやさしい笑顔に国境はありません。

それと大昔に日本でも流行った「笑い袋」が、なぜか流行っていたみたいで、車内のどこかから聞こえる「笑い袋」の笑い声にみんなが大笑いしてました。

そんなゆったりした鉄道の旅。

車内での楽しみの一つがお弁当。駅のホームや車内で売り子からお弁当を買います。これが美味い!ご飯におかずが乗せてあるだけですが、とてもおいしかったのを覚えています。

食べた弁当の容器(発砲スチロール)、車内で出たゴミは窓の外にポイッ!が中国の列車内での日常的な行動です(現在はわかりませんが)。

個人のゴミだけではなく、車内備え付けの大きなゴミ箱も同じように係の人がやって来て、窓を開けて、中のゴミをポイッ!っと豪快に捨てていました。

ありゃりゃ!

目が点になりました。

車内での楽しい出来事によって広州でのショックから立ち直っていた我々にとって、その行動は新たなカルチャーショックでありました。

窓の外を見ると、レールの外側に、もう一つゴミの白いレールが出来ています。

それと、混み合う車内で大問題なのが、トイレ。
あまりにも汚い話なので書きませんが、朝などはもうとんでもないです。
これまた大きなショックを受けました。

そんな中国の列車の旅。上海まではいろんな人が出入りします。
英語をしゃべるビジネスマンもいて、我々と仲良くなり、ビールをおごってもらったりしました。

車窓に映る大きな大きな月に感動しました。
気分が高揚してか、窓の外の大きな月を見て詩を書きました。
日記に残っています。

ガタンゴトン、ガタンゴトン。

途中の停車駅で人が降り、そして乗ってきます。
昼であろうと夜であろうと関係ありません。

真夜中に大きな荷物を抱えて乗り込んでくる人々。

窓の外は、牛を使って田んぼを耕す人々。畑で作業する人々。

地球上にはいろんな人の生活があるのだと、当時の私は強く感じました。

〜つづく〜
posted by F邸のあるじ at 00:05 | ロンドン 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 諸国漫遊記
この記事へのコメント
人の出会いを感じる電車ですね
今の日本では、考えられない
同じアパートに住んでいて
隣の人がどんな人か知らない
挨拶がないなど、当たり前の日本

中国の電車は
F邸のあるじさんのブログみたいに
色々な人の出会いの場ですね

ゴミ、トイレの衛生面は凄い
オリンピック大丈夫なのかなぁ?
Posted by northin at 2006年04月28日 09:56
>northinさん
日本と中国は両極端ですね。良い悪いは別にして。列車の中はその縮図と言えます。
北京五輪に向けて、相当中国はいろんな改革に乗り出しています。マナーの教育も熱心だと聞きます。意識改革がどうなるのか見物です!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月28日 10:27
あ〜写真も見てみたいです。

詩も。

いろんな生活があるけれど、

心和む 笑い声は みな同じなのですね。
ほっとします。


 
Posted by もも at 2006年04月28日 13:34
>ももさん
写真あるけどスキャンできればいいけど、うちに機械ないし・・・
写真をデジカメで写せばいいのかな・・・?考えてみます。
詩は大したこと書いてません。悪しからず!
おっしゃるとおり、笑い声はどこの国でも一緒ですね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月28日 16:47
漢字で筆談ができるのは、中国ならではですね。
 ごみのポイすてには驚きですが、ちょっと前までの日本も同じような状態ではなかったかと思います。子どものころ、お茶殻を裏の川にすててくるのが、仕事でしたよ。人口8億の国でそれをやったら、自然破壊もすすむでしょうね。で、あるじ様もお弁当の殻は窓の外へ・・・ですか?
Posted by ねさま at 2006年04月28日 21:41
そーそー
この際写真を デジで撮ってください。
ほ〜楽しみで〜す。
Posted by もも at 2006年04月28日 23:55
>ねさま
中国は日本の縮図だと思います。日本の悪いところが相当極端に現れていると思います。
私は弁当の空き箱をゴミ箱に捨てていました。それは記事のとおり、結果的にはガバッと外にぶちまけられるから、間接的には捨てたようなもんですね。
これは結構自分にとって心が痛みます。

>ももさん
ではGWの間にとってみましょう。
あんまり画質には期待しないでくださいね。やってみます!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月29日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16981516
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。