2006年04月25日

諸国漫遊記〜1992香港・中国編@〜

初めての海外旅行は香港・中国の旅。

きっかけは、大学院時代の友人Mとの
「どっか行きたいなぁ」「中国でも行くべか」とのやりとり。

そんな1992年の夏。

大学にいた中国人留学生に中国行こうと思っていると話をしたら、実家のある上海に是非寄ってほしいとのこと。なら上海は絶対外せない。

上海までは鑑真号で行こう。
北京も外せない。万里の長城だ。上海からは鉄道で移動しよう。

11月の渡航を目指して、着々と計画は進む。

ところが、その年の初秋。
仙台で学会があったついでに仙台周辺を旅をしていたら、日本へ観光に来ていた香港人の若い女性2人連れと出会い、それなりに仲良くなった。

香港かぁ!行ってみたいなぁ。

急遽予定を変更。
上海へは香港から鉄道で北上して行くことができる。

さらに、ゼミの友人他2名も加わって、4人での旅行となった。

HISでチケットをゲット(当時は安かった!)
香港のホテルは香港ガールに頼んで安いドミトリーを取ってもらった。
パスポートも作った!

このときはバックパックを持っていなかったので、ワンゲルに所属していた先輩から借りた。それが南京袋のようなしろもの。
使い勝手悪く、重くて悲惨でした(借りておいて文句はないですが)

さぁ、いよいよ出発だ!

〜〜飛行機〜〜飛行機〜〜飛行機〜〜

来たぜ香港!
名古屋空港から香港へは4時間のフライト。
ルフトハンザはガラガラ。
当時は離発着が危険だと言われていた「啓徳空港」。
確かにビルや街の近くを飛びながらの着陸。

啓徳空港に降り立ったのは夜。
タクシーでホテルまで移動。
映画で見た、漢字ばかりの看板や喧噪。
初めての海外で少しばかり異境の地という感触は得たが、日本とさほど変わらないなぁと感じた。

ホテルは手配してもらった数百円のドミトリー。
一つの部屋に二段ベッドが沢山並んでた。

いろんな国から来たバックパッカーが泊まってた。

部屋からは香港の裏通り。夜は遅く、朝は早い。
耐えず喧噪が聞こえてくる。

香港での食事は美味かった。
酒も安くて缶ビールが100円の世界。

香港では仙台で知り合った女の子と行動をともにする。
いろいろ連れていってもらった。

夜景に、おいしい飲茶屋に連れていってもらった。
夜景は綺麗だったかな?忘れてしまった。
地下鉄にも乗ったし、香港島とを結ぶ船にも乗った。

形の変わった細長いビルがニョキニョキと生えている。
たしか「ぢ」の看板を掲げたビルがあったような・・・。

そんな香港。

夜の屋台はさらに面白い。
当時の日本では既に見られなくなった不思議なオモチャが一杯。
怪しげなポスターに怪しげな看板。
賑やかな街でした。

他の面々と別行動をとったりもした。
九龍城跡地を見に行ったり、バード・ストリートなる鳥だらけの通りへも行った。

初めての海外旅行は、大きな驚きはなけれど、十分に刺激的な滞在であった。

滞在中に、中国行きのビザの取得、汽車の手配などを済ませ、

そして、一路広州目指して汽車に乗った。

いざ、中国へ!

〜つづく〜

香港上空(by google map)
香港.jpg
posted by F邸のあるじ at 12:15 | ロンドン ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 諸国漫遊記
この記事へのコメント
1992香港・中国編は全4回を予定しております。
第2回は広州での出来事
第3回は上海までの鉄道の旅
第4回は上海・杭州での出来事
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月25日 12:26
行ったことのない香港
僕の頭の中には
ジャッキーチェンの世界を
F邸のあるじさんが旅をしています
次は、どんな想像をしながら読んでしまうんだろう???
Posted by northin at 2006年04月25日 13:24
>northinさん
まさに映画の世界そのままです。
人の顔は日本に近いかもしれませんが、街の活気が全然違います。
大阪も賑やかですが、その比ではありません。
中国に返還された今はどうなってるのか興味あります。
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月25日 13:41
いいな〜、香港。
近いから行ってみたいと思いながらも、なかなか実行に移せずにいます。
特に中国都市部の発展は、もんのすごい早いらしいから、
高層ビルがニョキニョキなんだろうな。
google map、面白いですよね〜。
あるじさんのブログで知ってから、時々上空旅行してます。
(って、話題に乗り遅れすぎ!?)
Posted by moja at 2006年04月26日 12:53
>mojaさん
香港近いし安いし、買い物できて、グルメもあって、面白いところですよ。
個人的はまた行きたいところの一つです!
気軽に行けますが、中国返還以降イメージが変わってしまったように思えます。
実際はどうなんしょうね?
google map、私も机上旅行を楽しんでおります。いえいえ旬の話題ですよ^^
Aも先程アップしましたので、ご覧頂けたら幸いです。
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月26日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16844999
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。