2006年04月21日

諸国漫遊記〜はじめに〜

ブログをはじめたときから、書いてみたいと思っていたのが、これまで訪れた国々の旅行記。

昔から地球儀や地図帳を見るのが大好きで、ブックローンの国別ガイドを本がクタクタになるまで貪るように読んでいました。

少年時代、「行ってみたいな よその国♪」と海外への憧れは強かったです。

そういう憧れを胸に抱きつつ、これまでに幾つかの国を旅しました。
どの旅も思い出深いもの。どれも素敵な楽しい思い出が詰まってます。

これらの思い出を風化させないためにも、ブログというツールを使って書き留めておこうという狙いです。

日々の出来事を中心とした「@フルハウス」の番外編として、いつもの記事の合間合間にこれまでの海外旅行での出来事を『諸国漫遊記』と題して綴っていきたいと思います。(長期計画です。)


私の旅のスタイルはバックパックです。
実は新婚旅行もバックパックを背負っての旅。
そのときに妻は車輪付きのバックパックを購入。
とは言っても、一時期流行った猿岩石のような貧乏旅行を目的としたわけではありません。(それに近いことはしたことありますが)
旅先で身軽に動くことのできるようにという意味でのバックパックです。

その土地をじっくり歩いて、人や街の様子を眺めたり、文化に触れたりするのが好きです。
日本とは違った風土・自然をぼーーーっとゆっくり眺めるのが大好きです。
その土地の人とのいろんなやり取り、食事や買い物、鉄道やバスでの移動、ちょっとしたハプニングが楽しみです。

年齢に応じて旅のスタイル、お金や時間のかけ方は変わってきています。
そのときの自分にあった旅をしてきた気がします。

さてさて、今回は「はじめに」と題して、これまで行った国をざっと紹介します。

行った順番に書きます。
で、ちょっとしたコメントを添えます。
( )内はメインの目的地ではありませんが、ワンデイ旅行や宿泊などで立ち寄ったところです。

ではでは・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1992 香港・中国
初めての海外旅行。約2週間。中国へは香港から鉄道で入国。広州から上海・杭州へと。
大学時代の仲間4人と。中国の凄まじさに圧倒され、カルチャーショックを受ける。
上海では留学生の実家に泊めてもらい、手厚い歓迎を受ける。

1993 韓国
学生時代、学会で博多へ行った次いでにパスポート片手に船で入国。5日間の旅。
仲間3人で行くも、帰りは3人バラバラ。私は船で出国。
いろんな人と出会う。旅の面白さを知る。でも帰国後お腹が大変でした。

1994 スペイン・ポルトガル(モロッコ、ジブラルタル)
卒業旅行。初めての一人旅行。いろいろトラブルもあったが楽しかった。
お酒もたんまり飲んだ。一人で行く旅の面白さを認識。旅のスタイルを確立。

1994 ベトナム
ここから社会人。会社の先輩と2人で。夏休みに約1週間の旅。これまた面白エピソードあり。
いろんな人と出会う。また、ベトナム人の人の良さに好印象を受ける。

1995 コスタリカ(アメリカ・ロサンゼルス)
GWを利用しての一人旅。カリブ海沿岸の小さな村でのんびり10日間ほど。
ここでもいろんな人と知り合う。自然と海に堪能しつつも、言葉が通じず海で溺れかける。

1998 ギリシャ(イギリス・ロンドン)
約1週間の一人旅。仕事が多忙を極めて、過去2年旅行に行けなかった。
鬱憤を晴らすべくエーゲ海のはずれの島でのんびりと過ごす。ヌーディストビーチへも行く。

1999 イギリス・アイルランド
約1ヶ月の一人旅。最長の海外旅行。
イングランド、スコットランド、アイルランドをレンタカーや鉄道などでぐるりと回る。
ゴルフセットも持参。ギネスビールを飲みまくり。セントアンドリュースでは宿がとれず凍えかける。
ヒッチハイカーとの旅、アラン島での夜、幾多の思い出あり。楽しかった。

2000 セント・マーチン&アンギラ(アメリカ・マイアミ)
新婚旅行。カリブ海の小国へ。アメリカで2回乗継ぎなおかつマイアミで一泊。遠い遠い国でした。
10月が30日までだと思い込み、ホテルの予約日数が1日足りなかった(でも問題なし)。
海はきれい。日本人を誰一人見かけないホントに異国の地であった。いつかまた行きたい!

2002 イギリス・アイルランド
妻と2人で。ウェールズとアイルランド中心。日程的に無理をしてしまったが楽しかった。
アイルランドの美しさに惚れ惚れとする。でも、レンタカーでのドライブ中、スピード違反で捕まり、罰金を支払う。イギリスでは友人家族にもてなしてもらう。

2005 中国
ビジネスで13年ぶりに中国へ。行き先は北京のみ。スモッグがすごかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

てな具合です。10回の渡航歴です。
もっと行ってたと思ってました。

これらのエピソードをまじめに書くと膨大な作業量になりかねません。
それは本意ではありません。

ごくごく私的な旅の思い出帳になると思いますが、皆さんにも読んでいただけるよう、独りよがりの記事にならないよう、わかりやすく簡潔にまとめてみたいと思います(面白くはかけないかも)。

その前に、旅先で書いてた日記を読み直してみないといけませんが、
ちゃんと日記が残ってるかどうか非常に心配ですが。

では次回、香港・中国の旅からスタートします(いつになるやら!?)
posted by F邸のあるじ at 09:00 | ロンドン | Comment(20) | TrackBack(0) | 諸国漫遊記
この記事へのコメント
行動力のある方は本当にすごいと思います。
自分に足りないところなので。
ウチでは奥さんが留学経験があり、何度か海外への旅行をしてきた
みたいなのですが僕は新婚旅行でグアムに行ったことがあるだけ。(泣)
憧れはあるのですがなかなか行動に移せなくて。。

『諸国漫遊記』、楽しみにしてます!
Posted by ジュニア at 2006年04月21日 09:52
すごい、色々な場所に行っている
僕なんて行ったことあるのは、新婚旅行で行ったアメリカだけ
それも、ミッキーの世界『ディズニーワールド』
外のアメリカには出なかった

あーーー、あの時の10年パスポートも
1回しか使わずあと少しで切れてしまうよ
とるときは、いっぱい行く予定で10年にしたのに
Posted by northin at 2006年04月21日 09:56
>ジュニアさん
決して行動力があるわけでもないのですが、日常とは違う世界へはフットワークが軽くなるみたいです。
奥さんがホームステイされてたのは記事で拝見しました。となると、コミュニケーションも問題はないので、お子さまが大きくなったら家族みんなでの海外旅行も可能ですね。

>northinさん
でも、ディズニーもアメリカの象徴ですし、アメリカがギッシリ詰まってたんじゃないでしょうか?
northinさんの携帯電話ではありませんが、私は日本のディズニーにすら行ったことありません^^
パスポート期限切れ?もったいないけど、急には行けないし・・・
ワンワン王国も潰れてしまいましたしね^^
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月21日 11:26
たくさんの想い出がありそうですね〜。

うちは 主人は仕事ではたくさん行っています。が、私は 新婚旅行のヨーロッパと、アメリカに暮らしたことくらいです。
主人はパスポートも増冊したこともありましたね。
今は早期定年して、出張で行った国々に私を連れて行きたいと行ってます。
まずは中近東からと。
 あるじさんの 漫遊記楽しみにしていますね!!
Posted by もも at 2006年04月21日 14:01
はじめまして
辿ってやって参りました。
自分の意見に賛同頂けて光栄です☆
あるじさんは色んな国々へ行っておられるのですね!
広い目で世界を見てみるのは大切な事だと思います、自分も行ってみなければ、、と思います。それでは失礼しますね。
あ、そうそう。。釈由美子ファンなのですか?
Posted by コルベット男 at 2006年04月21日 17:49
>ももさん
お言葉ありがとうございます。少しでも楽しんでいただけるような記事書いてみます。

>>今は早期定年して、出張で行った国々に私を連れて行きたいと行ってます。

仲のよろしいこって。(ぷっ!)
その暁には、お互い別々の方を見ずにしっかりと同じ光景を目に焼き付けてくださいね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月21日 18:15
>コルベット男さん
不条理ネタのブログでお会いしましたね。私もあのブログのファンです。ドラえもんの件は納得です。

これまでいろんな国へ行きました。どこへ行くかも大事ですが、そこでどんな体験をするかで旅の価値が決まってくると思います。海外に限りませんが旅は何かを与えてくれますよ!

>>釈由美子ファンなのですか?
いいえ違います!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月21日 18:22
あるじさん
コメントをありがとうございます☆
またご遠慮なくいらしてくださいね!

自分は鳥肌実ファンではないです、ただ、
良い容姿してるので画像を拝借しておるのですよ♪
釈由美子はなんだか顔が劣化変形してきてますもんね(笑
それではまた〜
Posted by コルベット男 at 2006年04月21日 19:02
>コルベット男さん
どうもです^^
こちらこそ、たわいもないブログですが、また来てください!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月21日 19:18
あるじさん度々こんばんは☆
雪駄に合わせる服は簡単でございますよ!
馬鹿だと思われると思いますが、自分は緑色の戦闘ズボンに日の丸が描かれたTシャツですよ。(自分は右翼ではないです!)
でも正直お洒落に履きこなすのは難しいかもしれませんね。
フランス車に乗っておられるとの事ですが、
シトロエン2CVですか?
Posted by コルベット男 at 2006年04月21日 23:44
はじめまして。
日記へのコメントありがとうございましたm(。_。;))m ペコペコ…

楽しい旅行暦ですね。
私も海外は大好きなのですが、パスポートが切れていて、気軽に海外に飛べなくなってしまいました( p_q)エ-ン

これからもよろしくお願いします。
Posted by しーchan at 2006年04月22日 05:46
>コルベット男さん
どうもです^^
フランス車はエグザンティアとルーテシアに乗ってます。
2CVやキャトルは憧れです。

>しーchanさん
パスポートがないときついですね。
勢いだけではいけませんからね^^!
こんな感じで日記中心のブログです。お酒ネタや地元ネタも書いてますので、
よろしかったらまたお越しください!
今後ともよろしくお願いします!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月22日 09:33
 世界をまたに活躍していらっしゃるのですね。未だ日本を離れたことのない私です。あるじ様の諸国漫遊記を楽しみにしています。
Posted by ねさま at 2006年04月22日 12:49
>ねさま
いえいえ活躍だなんてとんでもございません^^!
今はテレビやネットで海外や国内の情報を簡単に知ることができますが、何か味気ない気がします。
でも、ブログの良いところは、生の声や感想が聞けるところです。私も役立つことができればと思って旅行記もどきを書いてみることにしました。

海外はいろいろ行きましたが、国内の旅も大好きです。高山には是非行ってみたいと考えております!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月22日 14:05
「学生の間に一度外国を見ておけ!」
我が恩師のありがたい言葉です。
未だ実行しておりません、やはり言葉の壁に怖気づいてしまいます。

あるじさん諸国を見て回ってますね♪
今後の『諸国漫遊記』すごく楽しみです。
Posted by 無印筆者 at 2006年04月22日 23:04
>無印筆者さん
ちょうど無印さんのブログにコメント入れたところです^^
無印さんって学生だったんですね。
そういうヒントがこれまでの記事にありましたが、落ち着いたブログ記事にコメントだったのでもっと上の方かと思っておりました。

それはさておき、
私も決して英語ができるわけではなく、むしろ片言で勢いのみのコミュニケーションです。でも、周りに迷惑かけながら、いろんな人の助けを得ながら旅をすることができました。ちょっとした努力で楽しい旅ができます!
無印さんも頑張ってください!
「諸国漫遊記」とえらそうに書いてしまいました^^
そんなにたいしたことが書けるわけでもありませんが、頑張って綴ってみます!
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月22日 23:18
まあ すごい数の外国旅行ですね、こんなちっぽけな日本なんて、思いながら、外国には住めないんですね。
Posted by 草津の百姓 at 2006年04月22日 23:19
>草津の百姓さん
私も住むなら断然日本です。
海外へ行くと、やはり日本の良さを改めて感じます。
治安にしても、いろんな文化にしても。
日本の優れたところは大事にしていきたいですね。
Posted by F邸のあるじ at 2006年04月22日 23:37
『F邸のあるじ』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年06月01日 11:45
>でじたる書房さん
消そうかと思ったんですが、
5行目の『ブログタイトル』→これって、本当は、このブログのタイトルを入れることになってるんじゃないでしょうか?
入れ忘れですよね?
ま、そういうことで消さずにおきました。
おそらく、二度とこのブログにはこないでしょうけど^^
Posted by F邸のあるじ at 2006年06月03日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。