2006年03月22日

WBC、日本が世界一!

よくお邪魔するブログにはWBCに関するコメントをせっせと書き込んでおりましたが、長いコメント書いてばかりでご迷惑おかけしておりましたので、自分のブログでもWBCと日本優勝(世界一!)について思うことを書いてみることにしました。

自己満足的な長い文章になりますがお許しを!!


まず、決勝は素晴らしいゲームでした!
初回の猛攻、追加点、そして1点差に迫られた最終回のナイン一丸となってのだめ押し点。
西岡のプッシュバント、イチローの芸術的な流し打ちによるタイムリー、川崎の右手でタッチした本塁へのスライディング。
この巧みさこそが日本を世界一に導いたのだと思います。
イチローは最後は気合いだったと語ってました。勿論気合いもありますが、やはりこういう巧みで緻密な野球(スモールベースボール)ができたからこそ世界を制したのだと思います。

イチロー、西岡、川崎らの繋げる打線と上原、松坂の両輪、抑えの大塚の存在が大きかったと思います。
こういう短期決戦でも4番打者ばかりそろえては勝てるはずもなく、いろんな技を使える職人さんは不可欠だと思います。

MVPは結果的に松坂が取りましたが、日本人の多くは王ジャパンの戦力面・精神面の大黒柱となったイチローにあげたかったのではないでしょうか?
あそこまで有言実行できる人間はすごい!
韓国に2敗した後には記憶がなくなるほど酒を煽ったそうですね。
その後の準決勝では3安打&2盗塁!
これまでのクールなイチローとは全く違う人間くささを垣間見た気がします。
でも、彼は、まだまだイチローを演じているような気もしますが。

話はそれますが、松井がいなくても世界一取ってしまいましたね^^
彼も少し落ち着かないんじゃないでしょうか?

2次リーグで韓国に敗れたときには、王監督の采配やここぞというときに活躍しない松中や福留にがっかりし、ネガティブ思考に陥ってしまいましたが、猛省です。
王さんはやはり凄い。よく頑張ってくれました!

と、決勝でのことを中心に書きましたが、この大会で最も印象的なのは、2次リーグでの韓国戦以降をずーーーっと引きずってきたもやもやした気持ちを思いっきり吹っ飛ばしてくれた準決勝での福留の2ランでしょう!
何度見ても気持ちがスカーーーッとする一発です。

このWBCですが、松井をはじめ辞退する選手が多く、日本もそもそも米国主導のこの大会への参加が乗り気ではありませんでした。
また1次リーグの東京ドームの試合では観客がまばらで本当に盛り上がるんかなぁと危惧しておりました。
それが、歓喜の喜びの中、最高の形で幕が閉じようとは!!!
問題・課題が山積した第1回大会でしたが、初代チャンピオン日本の名が消えることはありません。

ちょっと話が変わります。

WBCの課題として指摘されているのが、米国(MLB)があらゆる面で有利に運ばれるはずであった大会プログラム。
米国はスター軍団を作りましたが、2次リーグ敗退。
実は同じ事がこれまでの日本のプロ野球界にも言えるのではないでしょうか。
今回のWBCで世界ベースボールの盟主である米国と似たようなことをしてたのが、日本プロ野球の盟主・巨人だと思います。
巨人も有利となるドラフトやFAの制度を作って、スター軍団を作りました。巨人偏重となる試合日程等にも疑問が寄せられてました。
しかし、結局は野球離れ(と言いつつ、実のところは巨人離れ?)という現象を引き起こしました。
米国も巨人も屈辱を味わいながら、反省していることでしょう。
(別にアンチ巨人ではありませんので!)

さて、これで日本のプロ野球の人気も少し上向くかもしれません。
さりとて従来スタイルの野球中継の視聴率が大きく上がることはないでしょう。
球場に足を運ぶ人、ネットやCSなどでお金を払って中継を見る人が増えるのではないでしょうか。
そして、Jリーグのように地域密着型となり、少年野球や草野球レベルの裾野が広がり、ボールパークがあちこちに出来るようになるといいですね。

ともあれ、一野球ファンとして、今回の優勝はとても嬉しく、また今年のペナントレースが楽しみであります。

優勝の余韻に浸りながら、3年後に連覇を狙うJAPANがどんなチームになるのか楽しみにしたいと思います。
あ、次は米国も本気モードで来るでしょうから、日本も次こそは文句のない最強メンバーと最強スタッフとなることを期待します。(特に監督は人気だけで選ばないでくださいね!)

以上、長文・駄文にお付き合い下さいまして、どうもありがとうございました。
posted by F邸のあるじ at 19:38 | ロンドン | Comment(10) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
こんばんはあるじさん。
スゴい盛り上がりでしたね。
成功に終わり大満足ではありますが問題点はまだまだ多いですよね〜
同じリーグ同士での準決勝、同時に開始しないことによる相手の結果待ち、そして審判団…
次回には日本、韓国で協力して米国主導を阻止して欲しいと思います。
WBCにより大リーグはますます外国人が増えると思います。アメリカ人大リーガーの数が減ることにより米国の力が弱まり…腹をたててWBC自体無くそうとしないか…
今はそれが心配です。
Posted by 無印筆者 at 2006年03月22日 20:20
>無印筆者さん
お待ちしておりました^^
>腹をたててWBC自体無くそうとしないか…
でも、今大会でアメリカが一番ではない(ベスト4でもない)ことが証明されたわけで、アメリカを除く国々が集まって開催しても、真のNO1と言えてしまうのが何とも皮肉ですね^^
でも、ここは素直に多くの課題をきちんと解決していってほしいですね。
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月22日 20:27
難しいことはわかりませんが 
とってもいい試合でした。

思わず『高校野球みたい!』と。感激しました。 選手皆熱かったです。
Posted by もも at 2006年03月22日 21:01
>ももさん
熱かったですね!
いや、選手みんながあそこまで熱くなれるのが羨ましかったです。
普段の生活で目標に向かって一所懸命になることなんてあまりないですからね。
自分はゴルフで少し熱くなる程度かなぁ。でも全然レベル違いますよね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月22日 21:05
あるじさん、あたたかいコメントをありがとうございました。
偶然同じ日だったとはいえ我が家にとってもこのWBC世界一は記念すべき出来事になりました。
将来息子に話してあげようと思います。
サッカーバカの僕は正直あまり野球に詳しくなく観るとしても高校野球程度でしたが、今回は別。
感動しました〜。
プロ野球選手がこんなにも熱い人たちだったのかと驚きました。
これを機に日本の野球界が盛り上がるといいですね。
Posted by ジュニア at 2006年03月22日 23:53
WBCで、キューバが優勝しなかったのでアメリカは喜んでいるでしょう
MLBが主体になって決めていたのでアメリカ有利になるようにしてありましたね
NPBは、このことがかなり納得いってなかったけど野球がベースボールより強いを
見せたかったので従ったそうです
結果、世界一になったので良かった
プロ・球も来週に開幕!!
阪神の連覇で今年こそ日本一になり
秋には、美味しいビールを飲みたいよ
Posted by northin at 2006年03月23日 07:59
>ジュニアさん
「小さき者へ」、押しつけがましく紹介してしまいすみません。
でも、ジュニアさんなら共感していだけると思いましたので。
感想も拝見しました。ありがとうございます!!
今回のWBCを見て、あらためてスポーツの楽しさ、素晴らしさを知りました。
いいタイミングでのお誕生日(これも命運かも!)。
良い記念になりましたね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月23日 09:05
>northinさん
パリーグは一足早く、明後日25日に開幕ですよね。王監督はじめ世界一戦士は休む暇もなさそうです。
私はどこのファンてこともないけど比較的贔屓にしてるのが、日本ハム、ロッテ、広島、中日かなぁ。
小学生時代はなぜか南海、阪急、日本ハムのファンでした。
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月23日 09:17
本当に嬉しかったです。
トロフィをみんなで掲げてその上から紙ふぶき。世界一になったんだ〜って感動しました。
プレーはもちろんのこと選手全員のはしゃぎっぷりと子供のように目を輝かせているのが印象的でした。
私は高校野球が好きなんです。というのも優勝、という文字だけを目指して全員一丸となって戦い、心身一体となったチームのみが勝ち得る栄冠で。
今回のWBCは同じような感覚になりました。
ケガしてもいいからヤル!って言ってたイチローの言葉は本物だなーって思いました。

これで野球ファンが増えるといいなぁ〜。
Posted by YUKI at 2006年03月23日 13:27
>YUKIさん
ああも夢中に、一所懸命になり、そして喜びあっている選手達をとても羨ましく思いました。
苦労やプレッシャーも無茶苦茶あったんでしょうけど。
今日から高校野球始まりましたね。勝った選手、敗れた選手を見てるとジーンと来てしまいます。
やはりスポーツっていいですね。
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月23日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15282751
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。