2006年03月10日

娘の作品(子ネタ)

このブログは娘達の成長記録も兼ねております。
そういう観点から、今日は長女の作品の掲載と親の立場からみた長女の様子を書くことにします。

これは、ママゴトセットの食べ物をテーブルの上に一直線に並べたところです。

長女の作品1.JPG


これは作品とは言えませんが、ママゴトの道具に限らずこうやって並べるのが好きです。
ある時は、雑誌が数冊、全てきれいに裏を向いて並んでいたこともあります。

さて、このようにきれいに一直線に並べては、一つ一つ名前を叫んでいきます。
「レモン」「ハンバーグ」「トマト」・・・
こっちが繰り返すまで呼び続けます。根気強い人です。


次は、『いないいないばぁ』に出てくる「うーたん

長女の作品2.JPG


以前にクレヨンで描いた作品を掲載しましたが、少し上達したような気がします。
これは描いては消せるお絵かきボードに描いた作品です。
絵描き歌をブツブツ歌いながら書きましたが、歌と絵はバラバラです。
いつもは、私が「うーたん」を書かされます。絵描き歌で。それも頻繁に!1日に何度となく!
いつもそれをじぃーーと見ています。
それだけ見てたら、もっと上手く描けるでしょう?


さて、次は先週の日曜日に公園へ行ったときに、ベンチの上に小石と枯れ草?を並べて作った顔です。

娘作品20060304.JPG


これも先日、記事に掲載しましたが、そのときの作品と比べると・・・
さすがに上達しておりません。まだ先月ですからね。
でも、顔以外にも、小石の集合体を作っては「ブドウ」を作ったりしております。

これ以外にも積み木やレゴブロックの遊びなんかが上手になってきました。
赤ちゃん気もだいぶ抜けて、「幼い子ども」になってきました。

このブログ書き始めたころは泣き虫で人見知りがきつくて、大変だったんですが(今も大変ですが)、少しずつ成長しています。
妻からの話によると昼間、近所の同年代の子のいるおうちへ一人で遊びに行くこともあるとか。
以前では号泣必死のシチュエーションです。
ところが、今では近所の奥さんを見ては「お姉ちゃん!」と言ったりしては楽しくしているそうです。
やはり次女が生まれたのが大きいのかなぁ。

と、最近長女を褒めることが多くなったんですが、ここ数日、ちょっと甘えがひどくなってきたそうです。

やはり、次女の面倒を見る時間がどうしても多くなることに対してストレスを感じているのでしょうか?
「もっとかまってほしい!」とヤキモチを焼いているのでしょうか?
妻も長女にはできるだけ遊んであげようとはしているみたいですが、どうしても限度があります。
これまでは赤ちゃん返りの傾向は特に出ていないのですが。
小さい娘が何を思っているのかなぁといろいろ考えてしまいます。

さて、明日明後日は何して遊ぼうかな?
posted by F邸のあるじ at 18:29 | ロンドン ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 愛娘
この記事へのコメント
お父さんの書く成長記録は、余裕があるというか、遊びがあるというか、いいですねえ。
 我が家も、子どもの作品は現物のままとっていたり、写真にとったりして残しています。最近のデジカメの写真をMOに保存していたら、MOが壊れてしまい、業者を頼んで直してもらいました。そんなことのないようにしてくださいね。
Posted by ねさま at 2006年03月10日 20:39
>ねさま
いつもコメントありがとうございます。
そうですよね。母親の立場ではあまり呑気なこと言ってられないでしょうからね。
私も画像ファイルが相当多くなってきましたので、そろそろ保存しようと思っていたところです。
私はCD−Rに保存します。アナログの時代に比べたら便利になり、きれいなまま画像を残すことができますが、これから先、どんな媒体が主流になるのかわかりません。
保存できても再生できる機械がなければ持ち腐れですね。
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月10日 21:20
並べますよね〜延々とうちもやってましたよ。
二枚目を見て5歳の娘が「うーたんだ!」と言ってました。目と口が特徴を捉えてて凄く上手ですね。
幸いうちでは赤ちゃん返りの傾向は見られませんでしたが、結構よく聞きますよね。
充分に甘えさせるのが解決策だそうです。
上の子が相手をして欲しがってたらスグに対応して、結果、赤ちゃんが泣く事を可哀想だと気付かせるのもいい方法かもしれませんね。
Posted by kenoka at 2006年03月10日 21:34
>kenokaさん
コメントありがとうございます。思わず笑みがこぼれました。
娘さんにうーたんと分かってもらえて嬉しいです(涙)
いや〜嬉しいなぁ!!!
甘えの件のアドバイスもありがとうございます。
そうですよね。
今まで妻ばかりに抱っこをせがんできましたが、ついに私にもせがむようになりました。
できる限り甘えさせてやるようにします!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月10日 21:40
かわいいですね〜〜。
なんだか懐かしいです。
幼い日はあっという間です。
今になってつくづくおもいます。
もっともっと作品残してあげてくださいね。
Posted by もも at 2006年03月11日 07:18
>ももさん
おはようございます。今朝も娘に起こされました。
夕べは寝るのが遅かったのでもっと寝たかったorz
確かに成長早いです。次女を見てると特にそう思います。
生まれたばかりだと思ってたのに、もうだいぶしっかりしています。
アッという間です。いろいろ残してやらないと!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月11日 08:42
私も「うーたん」ってひと目で分かりました!
すごく上手ですね♪
娘さん、絵心ありますよ!!

私も姪が産まれてからは、わが子同然のように見てきてますので、こういった成長ぶりを見ると、すごく懐かしく感じます。

私は「アンパンマン」の仲間を何度も何人も書かされました(笑)
カレーパンマンまでなら何とか書けましたが、それ以上まで言ってくるので断るのに大変でした(^^;
そして、甥っこの時は「しんかんせん」シリーズです・・・(涙)

ほんの少し時期が過ぎただけでも、めまぐるしい成長をみせる時期ですよね?
一つ一つが大切な宝物になることでしょうね^^

Posted by リサのいもうと。 at 2006年03月11日 21:45
>リサのいもうと。さん
ありがとうございます。上手と言われると嬉しいです。毎日それはそれはたくさんの「うーたん」を書かされるので覚えてくれたのかな?
アンパンマンとバイキンマンなら描けそうかな?レパートリー増やしてみます!
確かに、こうやって残した画像や動画は宝物です。大事にしなくちゃ!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月11日 23:43
こんな風に日記に子供さんの様子を書くということはなんか良いですね〜。

夢中で育ててきて、その時、その時感動して、子供って大変だけど、喜びや楽しみをいっぱいくれるんだな〜と思っていました。

でもこんな風に、日記にするともっともっと子供の様子を楽しめたな〜と今さらながら残念に思います。

「子供をいっぱい愛して育てていれば、何かでつまづいても親の元にきっと戻ってくるよ」と友人に言われたことがありました。

 わたしもその言葉で自信を取り戻し、つらかったけれど待った時期がありました。
 そして、その通り戻ってきてくれました。

 これからも子供さんを暖かく見守ってあげてくださいね。
 もちろんわたしもそうしていきたいと思っています。
Posted by のほほん at 2006年03月12日 08:53
>のほほんさん
コメントありがとうございます。
元来筆無精なので、ブログという手段が娘たちの記録に非常に役に立っております。読者あってのブログですが、自由に娘の記事を書ける環境に感謝しております。
なるほど!ご友人のお言葉素敵ですね。
この言葉、私も胸にしまっておきます!
Posted by F邸のあるじ at 2006年03月12日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14584502
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。