2006年02月16日

好き嫌い

長女(2歳3ヶ月)の話です。

彼女は、もともと産声を上げた頃から食欲旺盛な人でした。
離乳食を経て、我々の食べ物と近いものを食べるようになってからもさらにモリモリ、ガツガツたくさん食べます。一応女の子です。
親戚に6歳の女の子がいますが彼女よりも1歳当時の娘の方が大盛りのご飯を食べていました。

それが、ここ半年くらいでしょうか。
急に好き嫌いが目立つようになってきました。
味を覚えはじめたのか、神経質になってきたのかよくわかりませんが、特に初めて目にするものへの抵抗が非常に大きいようです(ただし、果物やお菓子類は別)。
食べさせようとしても、べ〜っと吐き出してしまいます。
さらに、食べさせようとすると貝のように口を固く固く閉じてしまうのです。

こっちも作成を変えて、娘が食べてくれるように小細工を考えます。
例えば、野菜を小さく小さく刻んでご飯にまぶしたり。
そういう場合は、口に残ったりしない限りは気付かずに食べます。

でも、所詮嫌いなものは嫌いという娘のスタンスに変化はなく、抜本的な問題の解決には至りませんでした。

そこで、作戦変更。
娘が嫌いなものを、私が満面の笑みを浮かべながら、これ以上ないってほどおいしそうに食べて、娘の好奇心を促そうとしました。
しかし「そんなに好きならお前が食べろ!」と自分の皿に盛りつけてある野菜を私に食べさせようとします。
逆効果なり!

娘との格闘の日々が続きました。
それが、ここに来て変化の兆しが少し見えてきました。

本人の意識が変わってきたのか、我々夫婦の継続が実を結んだのか!
今でも自発的には手を付けようとはしませんが、「こればニンジンだよ、白菜だよ、お肉だよ、おいしいよ!」と声をかけたり、上に書いたように、こっちが美味しそうに食べたりすると、なんとか自分の口に入れて食べようとしてくれます。
やったー!


親に好き嫌いが多いと子どもにも影響を及ぼすと聞いたことがあります。
親が嫌いなものは、そもそも食卓に出てこないでしょうし、親も食べさせようとしないと思います。子どもも偏ったものばかり食べるとどうしても偏食になってしまいます。
最近の子どもはベージュ色の食べ物しか食べないとも聞いたことがあります。
(NHKのご近所の難問解決とかいう番組で取り上げられていました)

その点、我が夫婦は幸いにも好き嫌いが少ないので、同じように好き嫌いのない人間になってほしいと考えております。

と言いながら、父ちゃんの夢は
“娘達といろんな肴を食べながら楽しく晩酌する!”
であります。
posted by F邸のあるじ at 12:56 | ロンドン ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 愛娘
この記事へのコメント
 娘さんのべえっとはき出す顔が目にうかびます。自己主張だったり、親の反応を見たりしているかもしれません。あるじ様の奮闘ぶりもほほえましいです。
Posted by ねさま at 2006年02月17日 00:18
F邸のあるじさんは根気がありますね。

僕は大体、嘘偽りが多いです。
例えば、蓮根を警戒している時とかは、
「それは牛蒡や、穴のあいた牛蒡」
「牛蒡のいとこの昔の知り合いみたいなもんや」
という風に段々小さい声で説明します。

敵もさるもので、なかなか功を奏しません。
基本的に僕の言うことを疑う癖が付いています。

例えば「TDLは、日本にはない」等等。
Posted by Nむら at 2006年02月17日 00:54
子供にも生まれつきの嗜好があるのか
娘は私の嫌いな納豆が大好き。
息子は夫の大嫌いないくらが大好き。
どちらも 大して食卓には出ませんが。
だから 食べれないかと思いきや 旅行さきの夕食 朝食にでると、ぺろっと。
なんだか 安心しました記憶がありますね。
ただ、下の子は性格が臆病なので 新しい食べ物にチャレンジできません。好き嫌いとは違い それも困ったことで悩みます。
 
Posted by もも at 2006年02月17日 07:40
あるじさん!!あるじさん!!
ゴロマリさんのところに あたし達登場してますよ〜〜!! 

すんごい楽しいよ!!一緒にドライブ行くんだって〜 !
はやく 覗いてみてね。
Posted by もも at 2006年02月17日 07:51
昨日、昨夜とseesaaの長時間メンテのためアクセスしづらかったようですね。ご迷惑をおかけしました。

>ねさま
毎日娘の主張が激しくなってきて、それにドタバタ付き合わされる毎日。大変ですが、それなりに楽しんでおります。上の娘が言うこと聞くようなころには、今度は下の娘に手を焼くんだろうなぁと覚悟を決めております。

>Nむらさん
私も嘘は頻繁についてますよ。方便ということで!
すき焼きに出てくる糸コンニャクをパスタだと言ったりしています。根気強いと言えばそうかもしれませんけど、こっちもゲーム感覚で楽しんでおります!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月17日 08:50
>ももさん(1)
なるほど、性格が親と違うように、嗜好も親と違うのかもしれませんね。ももさんのコメント読んで、親が好き嫌いがないからといって、子どもも同じように何でも押しつけるようにするのもどうかと思いました。さすがは○○!

>ももさん(2)
昨日の午後にゴロマリさんの記事がアップされたのを知ってて記事の内容もわかってたんです。(boglinesというのを使えばわかるんで)
でもホームページに直接アクセスできずコメントも残せずヤキモキしてました。seesaaトラブル多いですねぇ!
で、今朝一番にコメントしてきました。と、同時に記事のページを保存しておきました。
何かとってもうれしかったです!

#ももさん、軽自動車に大勢乗りこんでドライブ行くなんて、ちょっと強引でしたね!『乗れんし、運転およしっっ!』
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月17日 09:00
僕が好き嫌いがあるため子供にあまりきついことが言えません。
僕が嫌いな物は、キュウリとメロンです
キュウリは、親によく食べろと言われ怒られたけど、メロンは、食べろと言われませんでした
Posted by northin at 2006年02月17日 09:03
>northinさん
『キュウリは、親によく食べろと言われ怒られたけど、メロンは、食べろと言われませんでした』
親御さんの気持ち、よ〜くわかります^^

#バトン受け取りました!
 後ほどアップします!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月17日 09:17
お父さんお母さんの「あの手この手」の格闘が目に見えるようで面白いです。
お子さんも大人の微妙な言い方や雰囲気で、疑ったり、信じて食べてみたり、必死なんでしょうね。
私も小さい頃は好き嫌いがありましたが、高校位からだいぶなくなりました。
私の好き嫌いに遠慮無く、食卓に並ぶから。。。
いまでは偏りのない食事に感謝しています。


Posted by moja at 2006年02月17日 10:03
>mojaさん
私も娘の好き嫌いがあろうがなかろうが、いろんな食べ物を食卓に出したいと思っております。今のところ、まだ2歳なんで今の好き嫌いが大きくなっても続くとは思っていませんが。長〜い目で見てみたいと思います。

#ところでmojaさん、タイミングの悪いときに我がブログを訪問しましたね^^
上の記事にアップした色バトン、mojaさんに回しましたよ!時間があればお付き合いくださいね!(mojaさんのブログにもコメントしました!)
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月17日 10:24
好き嫌い大変そうですよね。べって出しちゃうみたいで。私は量を食べなかったので両親は困り果てていたようです。でも全然好き嫌いないんですよぉ。
まー、でもヤバいのが幼少の頃からちっこい大人≠ナ、就寝はいつも22:00をまわっていて、父親のために買ってあるスルメ≠両親が止めるのも全く聞かず、テレビを陣取りワシワシ食べていた・・・。というエピソードがあります。そーして、、朝がニガテ。
Posted by YUKI at 2006年02月17日 13:53
>YUKIさん
うちは大食漢で親を困らせています。就寝時間遅くて困らせるのはYUKIさんと一緒。
でも何もかも素直な子どもっていないでしょうから、これくらいは我慢、我慢!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月17日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。