2006年02月13日

冬の琵琶湖畔にて

土曜日、長女と買い物に行ったついでに、草津の百姓さんの記事を思い出してコハクチョウが飛来している琵琶湖の畔に立ち寄ってみました。

コハクチョウは、はるか4,000kmも離れたシベリアから毎冬ここ草津市に集まってきます。
この草津市が飛来地の南限だそうです。
今年は飛来数が多いとか。この寒さの影響なのかもしれませんし、ボランティアの方々による手厚い歓迎がハクチョウにも伝わっているのかもしれません。

このコハクチョウを見に来る人たちで近くの駐車場は満車です。
仕方なく隣の駐車場に停めて、ハクチョウさんのいるところまで少し歩きました。

コハクチョウ1.JPG


コハクチョウが優雅に佇んでいます。
コハクチョウの他にもユリカモメ、カモなどの水鳥が集まっていて、すごい数です。
すき間が無いくらいに密集しています。
鳥、鳥、鳥・・・ヒッチコックの映画のようです。

コハクチョウ2.JPG


ちょうど、そのときに、ボランティアの方が餌をやる時間となりました。
すると、より一層多くの鳥が集まってきます。

コハクチョウ3.JPG


ユリカモメの舞い。
何とかして餌をとろうとしています。

ユリカモメ.JPG


それを遠目で眺める娘。

コハクチョウ4.JPG


どう感じているのかなぁ。
自然とふれあえる場所が家のすぐ近くにあることを幸せに思ってくれれば良いのですが。
posted by F邸のあるじ at 12:59 | ロンドン 🌁 | Comment(16) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
こんにちは!
それにしても鳥さんの数、すごいですね。
京都だと、鴨川なんかで鳥を眺めるのも
のんびりして好きです。

でも、あまりたくさんいるのと、
こちらに向かって飛んでくると
(きっとよけてくれるんでしょうが)
とっても怖くなります。
170cmの大きな体を縮めてみたりして…苦笑
Posted by ナツ at 2006年02月13日 13:32
地元の記事のブログを読むとその地に訪れたくなりますね。僕もあの記事を読んだ後、立ち止まりはしなかったけど運転中眺めていました。近場が情報楽しみです
Posted by northin at 2006年02月13日 14:35
行ったことはないのですが ある意味縁の深い琵琶湖です。あるじさんも琵琶湖の人ですか〜〜〜。(謎?)
雪ないのですか????あると思っていました。
すごい鳥です。 鳥恐怖症にはならないことを祈ります。あるじさんが。orz

Posted by もも at 2006年02月13日 15:31
>ナツさん
それこそヒッチコックの鳥ですね。
私は鳥につつかれるより、頭上にポトリと落ちてくるかもしれないブツが気になります。服に付こうものならフン慨ものです。
ナツさん、背高いんですね。ナツさんの履く靴によっては見上げる立場になるかも!?

>northinさん
土曜日は凄い人でした。立派なカメラ持ってる熟年の方が多かったですね。みんなシャッターチャンスを待ちかまえて殺気だってました!

>ももさん
縁が深いって何かあるんですか?私は今は琵琶湖人ですが、生まれも育ちも別のところです。琵琶湖人って、そういう意味ですよね?
あ、それから雪はありません。滋賀県で雪が降ってるのは北の方です。でも、この湖の対岸の山々は雪で真っ白ざんすよ!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月13日 17:41
イや〜たいしたことないんですが 偶然の知り合いに 琵琶湖近くの人が何人がいるもんで。それだけです。
それでその方たち 東京の私を介して仲良しになっています。

琵琶湖って広そうですね〜〜〜。
Posted by もも at 2006年02月13日 20:50
 山の中で暮らしている私は、琵琶湖を見ると「琵琶湖だ、琵琶湖だ」とじっとしていられません。浜名湖でも海でもですが・・。ハクチョウの大群見てみたいです。
 
Posted by ねさま at 2006年02月13日 20:52
特に湖東と湖南には琵琶湖沿いに駐車場と公園が沢山あって羨ましく思います。
子供達がのびのびと育つにはいいロケーションですよね。
湖岸道路を単独車で走るのも好きです(*^▽^*)
Posted by kenoka at 2006年02月13日 21:48
>ももさん
へぇ〜すごい偶然ですね。なら、滋賀県に馴染みがあったんですね。琵琶湖は広いですよ。場所によっては、海のように見えます。普段はおとなしい表情をしています。

>ねさま
山は海を恋し、海は山を愛する。(そんな言葉あったかな?)
私は、平野部で育ちなんで、海や山への憧れは強いです。琵琶湖に近いといっても、家から歩いて見えるわけでもないので、普段の生活の舞台はやはり海でもなければ山でもない平野部なんです。私から見れば、高山の生活って、すご〜い非日常的なんです!

>kenokaさん
子どもを伸び伸び育てる環境、ドライブ好きな環境としては良いかもしれません。
春になったら思いっきり車を走らせたい!
でも、家の周りの渋滞には閉口しております^^;
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月14日 09:01
改めまして。こんにちは〜^^
なんだか違う方のブログでお会いしました。笑。
ビックリしたっ!!

ユリカモメ、とってもたくさんいますね。
あれだけの数で飛ばれると実際見ると圧巻なのではないでしょうか。
自然が近くていいですね。
最後の写真のお嬢ちゃま♪カワユイ♪
Posted by YUKI at 2006年02月14日 11:53
>YUKIさん
改めまして^^
他にももう一箇所でお見かけしております。
ユリカモメすごいですよ。危うく娘が触ろうと近づいたので、遠ざけました。琵琶湖の南は汚れてるってイメージありましたが、こんな自然も残っているんですね。
娘へのお褒めの言葉もありがとうございます!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月14日 12:35
琵琶湖だ〜♪
鳥の多さ(コハクチョウ2)には笑っちゃいました^^
長女ちゃんがまたいいですね〜 
かわいおもしろくって^^(←みるきー語?)
F邸のあるじさんのブログ、写真が多くなってきましたよね。
Posted by みるきー at 2006年02月15日 05:42
>みるきーさん
画像でみるよりも実際は多くのハクチョウ、水鳥がいました。そのかわいおもしろい!?長女ですが、もっと楽しんでくれるのかと思ったら、地面をほじったり、はしゃいだりするだけで、私の方がバードウォッチングを楽しんでいました^^
確かに、最近写真多いですね。百聞は一見に如かず、言葉で説明するより簡単なんです。土日はできるだけデジカメを持ち歩いてパチッとやってます。みるきーさんのポイントを押さえた写真も楽しいですね!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月15日 08:56
ブツといえばI田です。

1回生前期試験前で大教室に何百人
もの学生が蒸し風呂状態で
講義をうけていた時、
窓から1羽の鳩が闖入。

あろうことか、I田の頭にブ・ブ・ブツが、、。
何百人もいたのに、、、。涙
Posted by Nむら at 2006年02月15日 13:34
>Nむらさん
強烈ですね。いますね、そういうキャラの人。
持って生まれたラッキーボーイ!
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月15日 18:18
しかけ人の草津の百姓です、いつも湖岸をチャリンコで走ってます。ウオーキングやジョギングで自然と接するとき、本当に季節感が体に感じられます。いやなこともわすれてほっとするひとときです。でもまた春になると百姓仕事がはじまるんですね。チャリンコものれないな
Posted by 草津の百姓 at 2006年02月15日 23:42
>草津の百姓さん
今回は記事を引用させていただき誠にありがとうございます^^
私も娘達が大きくなったら湖周をサイクリングしようと目標を立てております。風の向きや暖かさで琵琶湖の季節を感じてみたいですね。
Posted by F邸のあるじ at 2006年02月16日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。