2006年01月27日

我が次女も一市民に

昨日、出生届を出してきました。
当然ながら無事受理されました。

名前ですが、以前の記事「命名について考える」に書いた方針で決めました。

長女が○子でしたので、次女も同じ止め字を使って「○子」としました(○は漢字一文字)。
○の字については、その漢字の意味や読みはもちろんですが、長女の○の字との関連性や見た目のバランスも考慮しました。
満足です。良い名前が付けられたかな。

世間から見れば古風に映るかもしれません。
固い印象があるかもしれません。
でも、我々夫婦は気に入ってます。自慢の名前です。
特に意図したわけではありませんが、今の時代かえって新鮮かもしれません。

昨今の名前をみると、当て字やカタカナ読みっぽい名前が反乱しています。
無理矢理漢字を当てたもの。漢字本来の読みとは違う読みを当てたもの。そういう名前が目立ちます。
親御さんの心がこもっているのであれば、それでも良いと思いますが、単に自己満足的なネーミングやマンガのキャラクターに付けるようなかわいい系の名前(成人になったら???)が多いような気がします。
「おいおい、それは人の名前でなくて、モノの名前だぞ!」とか。

でも、そういった名前が大勢を占めるのであれば、そういう名付けが日本のスタンダードになるのかもしれませんし、私の意見もただの遠吠えに過ぎないのかもしれません。

日本人の名前、これからどうなっていくのでしょう。


まだまだ小粒な我が次女も、これで晴れて一市民となりました。
さてさて、どんな人生を歩むのでしょうか!
posted by F邸のあるじ at 09:12 | 滋賀 ☀ | Comment(16) | TrackBack(0) | 愛娘
この記事へのコメント
人の名前でその時の有名人がわかるときがあります
その代表が大輔
荒木大輔が活躍したときのファンだった人が
子供にその名前をつけてそうです
だから松坂世代には、大輔が多いそうです
松坂みたいに野球選手になれたら
親の願い通りです

うちの子は、どうなることやら
僕の希望としては、自分より大きくなってほしいですね
Posted by northin at 2006年01月27日 10:16
草津市民で11万何千何人めだったのでしょうね、わかったらいいのに、わかりませんわね、今の制度では。
Posted by 草津の百姓 at 2006年01月27日 12:31
>nothinさん
我々の時代は茂雄でした。貞治はいませんでした。
大きくなるというのは「体」「心」「?」全てですかね?確かに小さいよりは大きくですね。

>草津の百姓さん
今の草津市の人口は11万人強ですが、出たり入ったり、生まれたり死んだりで、何番目かわかりにくいんでしょうかね。
世の中は人口減少の時代に突入していますが草津はまだ増加傾向にあるみたいです。うちの近所の人口増加率は日本一かと思うくらいすごいですよ。
Posted by F邸のあるじ at 2006年01月27日 13:06
おめでとうございます。
うちもそれぞれの子供の名前には満足してます。
親の字も取らず、兄弟バラバラ、何かにあやかってもいません(^▽^;)
音から入って姓名判断で組み合わせのいい字数から選んびました。ちゃんと日本人の名前で誰でも読める名前です。
その幾つかの候補の中から最終的にコレと決めたのですが、今ではその名前しか考えられませんね。
不思議と上の子で考えた名前は候補に挙がってなかったように思います。
やはり何か不思議な力が働いているのでしょうか?
Posted by kenoka at 2006年01月27日 15:42
おめでとうございます〜ぅ。
いやー、一市民ですよ。立派な^^!
私の名前も読み方もフツー、漢字も間違わず読めるのですが漢字が珍しいんです。
叔父が付けてくれた名前して、めったに同じ漢字の方とは出会いません。笑。
しかーし。過去(現在もですが)を振り返ると、、なんと!名前の漢字?(文字?)の通りに生きてます。
強く、前向きな名前を付けてくれた叔父に感謝!!

お子様、すくすくすく元気に育たれることを願ってます^^
Posted by YUKI at 2006年01月27日 16:25
>kenokaさん
コメントありがとうございます。
私の場合も次女の名前は長女の名前を決めるときには土俵に上がっておりませんでした。不思議です。
これで市民権を得ましたので、赤ちゃんにはどんどん名前で呼び掛けて、早くこの名前が馴染んでくれればと思っております。

>YUKIさん
ありがとうございます。
「名は体を表す」ですか。あるかもしれませんね。
名付けされた叔父さんに感謝できるって素晴らしいですね。
我々夫婦も娘たちから感謝される日が来ることを首をびょ〜んと伸ばして待ってます。(どうだろなぁ?あまり期待しんとこ!)
Posted by F邸のあるじ at 2006年01月27日 17:31
わあ おめでとうございます。
では、育児が益々楽しいですね。
パパから見たら女の子はさぞかし可愛いでしょう。 パパを囲んで女が3人。そしてパパを取り合うその姿が目に見えるようです。幸せいっぱいですね。
赤ちゃんの可愛い様子のお話を ここでもたっくさん ご披露してくださいね。
(F邸の陰のあるじは 次女ちゃまになったりして…ねっ!!)
 
Posted by もも at 2006年01月27日 18:28
名前って本当に悩みますよね!
「名は体を表す」って本当のように思います。
だから余計に気合が入りました。
気合が入りすぎて出生届が1日遅れ、始末書(?)を書かされました・・・(主人が)

わたしたちもF邸のあるじさんの考えに近い方法で名前をつけました。
やはり、時代に流されない名前っていいですよね!


Posted by 中村 由 at 2006年01月27日 20:39
お名前お伺い出来る日が楽しみです。
我が家の名前観は、配偶者が書いたとおりです。

子供がどんなめに遭っても
名前のせいにしませんように。
祈り。
Posted by Nむら at 2006年01月27日 21:08
>ももさん
コメントありがとうございます。
女の子ばかりの家になります。今は本当にかわいくて仕方ありません。小さいうちは私のところに来てくれるでしょうが、大きくなってから、嫌われてしまうことに一抹の不安を感じております。絶対、「あっち行け」とか「邪魔」とか言われるだろうなぁ。覚悟しています。

>中村由さん、Nむらさん
(Nむらの意味がないような・・・^^)
そんなもったいぶるような名前ではありませんが、またお知らせします。出生届が遅れると始末書があるんですか。初耳です。
時代に流されない名前ってかえって難しいなぁと実感しております。Nむらさんご夫婦とも同じご意見みたいですね。家造りとは違うところでも同じ価値観を持てて嬉しいです。
Posted by F邸のあるじ at 2006年01月28日 01:55
ゴロー:「おじさんっ!遊びにきましたっ」
マリ: 「こらっ!いきなり失礼じゃないのっ!『F邸のあるじ』さんでしょっ。すみませんねぇ、無礼者で!」
ゴロー:「ごめんなさいっ!でもさぁ名前って大切ですよね。オイラの周りも結構当て字の子って結構たくさんいるんですよねぇ。“それって絶対読めないよ”って子たくさんいますっ」
マリ: 「でも、お二人で納得してつけられたんだもの、それが素晴らしいわ。願いがとっても込められているのを感じます。どうぞ健やかに成長されますようにお祈りします。」
Posted by ゴローとマリ at 2006年01月28日 12:14
ゴローとマリさん、お祝いの言葉ありがとうございます。
また、期待通りのお二方のやりとりでの書き込み。いつ見ても愉快ですね。ありがとうございます。
お二方はおそらく「国語」に近いところでご活躍されているから、昨今の名前についてもいろいろ思うところがおありでしょうね。
また、お二人のブログにもお邪魔させていただきます。これからも宜しくお願いします。
Posted by F邸のあるじ at 2006年01月28日 13:33
ゴロマリさんここでも面白いですね。
あるじさん あたし、いい方達とお知り合いになれました。あるじさん。ゴロマリさん。
Posted by もも at 2006年01月28日 20:09
あの〜あるじさん。リンクさせていただきました。いいですか。ごめんね事後報告で。
Posted by もも at 2006年01月29日 21:32
こんばんは
お嬢さんが無事誕生されたようで誠におめでとうございます。
これからの成長が毎日楽しみですね。
Posted by 遊里鴎 at 2006年01月29日 22:47
>ももさん
リンクは大歓迎です。(私もリンク集整理しようかなぁ。)私もゴロマリさんのブログのファンになりました。面白いですよね!

>遊里鴎さん
お祝いの言葉どうもありがとうございます。本当に日々の成長が楽しくて仕方ないです。それとどんな人間になるのかなどといろんなことを考えています。
ブログ拝見しましたが、まだまだ風邪がしつこいようですね。1日も早く完治されることを祈っております。
Posted by F邸のあるじ at 2006年01月30日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12347078
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。