2008年04月08日

明日の記憶

かれこれ3ヶ月前に読んだ本

荻原浩の『明日の記憶』

asunokioku.JPG

若年性アルツハイマーによって記憶がだんだんと消えていく50歳のサラリーマンを主人公とした話です。

この本の前半では、仕事をしている主人公の物忘れが激しくなる様が書かれていますが、これくらいの物忘れって自分自身いくらでもあるぞー!と思いながら読んでました。

それがアルツハイマーの兆候。
それから、仕事に家族に楽しい思い出などなど、大事なことを少しずつ忘れるようになり・・・

う〜ん・・・
怖い小説でした。

通勤電車の中で読んでましたが体が何とも落ち着かない変な気分がしました。

でも最近、冗談抜きで、ちょっとした事が思い出せなかったりしてるけど大丈夫かなぁ。
青魚に発芽玄米茶の摂取に心がけないと!
むむむむむ。

このお話では、いろんな問題がおきます。
読んでいて辛くなる場面もあります。
でも、最後のところではホロリと来る綺麗なシーンが描かれています。

しかし、現実問題、こうした病気を持つ家族を抱える身にとっては、きれい事など何一つないのでしょう。

いろいろ考えさせられる本です。
あ、映画化もされたみたいですね。

読みやすい本ですし気が向いたらいかがでしょうか?
posted by F邸のあるじ at 19:30 | 滋賀 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。