2007年10月21日

滋賀県と京都府の境にて

天気予報を見ると、土曜日、日曜日と好天に恵まれそうだったので、「どこかへ行こうか!?」と口では調子よく言うものの、実際には具体的な場所がなかなか思い浮かばない。
ちっさな子どもを連れて行ける場所はなんとなく行き尽くした感がある。(そんなに行ってませんけど^^)

そうこうしている間に土曜日は1日ダラダラと過ごしてしまう。
こりゃ二日ともダラダラする可能性が大。
日曜こそはと思い、妻と二人でアイデアを出す。

そこで出てきたのがタイトルにある滋賀と京都の境にある世界文化遺産・比叡山延暦寺への訪問である。

近場のお手軽コースです。

出発は結局お昼前。
京都方面に車を動かす。

延暦寺には麓からケーブルカーで行く方法と、比叡山ドライブウェイを伝う生き方がある。
後者を選ぶ。

関西に来て13年になるけど延暦寺も比叡山ドライブウェイも初めて。
比叡山ドライブウェイは県境にある尾根を伝っています。

比叡山ドライブウェイを少し走らせると琵琶湖側の景色がよく見える場所にたどり着く。
展望の良いところに駐車場があります。さぁ、降りよう。
こういった場所には必ず100円望遠鏡があります。
子どもたちが崖の下に落っこちないように気を配りながら景色を堪能する。

otsugawa.jpg

私の住んでるあたりが見えます。
100円望遠鏡使ったら我が家に干してある洗濯物でも見えたんだろうか?
肉眼では湖に浮かぶ客船やヨットがよ〜く見えました。
先週運動会した場所も見えましたよん。
天気さえ良ければ、初日の出はさぞかし綺麗に見えるだろうなぁ。

さらに少し行くと今度は反対側の京都市内が一望できる場所にたどり着く。
ここが県境を跨る尾根を走る道路の面白さ!

kyotogawa.jpg

子ども達を乗せたり降ろしたりするのが邪魔なので大人だけが降りて景色を楽しむ。

京都御所に京都タワー、それに下鴨神社あたりの緑がよく見える。
遠くの天王山もよく見える。
天気が良ければ大阪湾も見えるらしい。
空気が少々濁ってて透明度が低いけど、いろんなものがよく見えた。
ここにもお約束の100円望遠鏡があった。

さて、もう少し車を走らせると比叡山の頂上へ行く道と延暦寺へ行く道とに分かれる。
子どもらは延暦寺より頂上の方が楽しいだろうが有無を言わさず延暦寺方面へ。

拝観料大人500円を払って中へ入る。

厳かな感じがいい!雰囲気がとってもいい!
やっぱ世界遺産だよなー。
鐘を突いてはしゃいだり、高い木を見上げて喜んだり(私がね^^)

senotakaiki.jpg

でも、何の予備知識もなく入ったので建物とかを見てもよくわからん。
団体さんへの説明を盗み聞きしようと耳をダンボにしても、団体さんはサッと行ってしまう。
こっちは3歳児、1歳児がいるので思うように身動きとれない。

う〜ん、せめて国宝の根本中堂だけはじっくり見よう。

konpontyudou.jpg

中に入る。ここではお寺の方が説明をしてくれたので、若干知識が頭に入る。若干ですが。

根本中堂を出ると、子ども達が、やれアイスクリームが食べたいだの、やれ枯れ葉を拾って歌い出したりだの、思い思いの行動を取り始める。

あ〜、やっぱ子連れで神社仏閣巡りはきっついわ、と観念しました。
自分も小さいとき神社仏閣へ行って、楽しかった思いでってあんまりないしなぁ。

帰路に着く。

それでも子ども達は十分動きまわったのか、帰りの車の中では熟睡モードに入ってました。

そして夕方に帰宅。

お出かけは計画的に!
posted by F邸のあるじ at 23:23 | 滋賀 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。