2007年08月04日

素敵な詩をありがとう!

先ほど、NHKで阿久悠さんの追悼特別番組「ありがとう阿久悠さん 日本一のヒットメーカーが生んだ名曲たち」がありました。
かぶりついて見てました。
そして、番組の後も、もう一度ビデオを見ました。

沢田研二の「勝手にしやがれ!」に始まり、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」で終わりました。
よかった〜!
最高です!

すばらしい詩の数々。
懐かしい歌のオンパレードでした。

歌詞に集中しながらも、当時の映像を見ていろいろ感じました。

・久しぶりに見た桜田淳子が意外にかわいかった。私の青い鳥♪
・新沼謙治の蝶ネクタイがコントみたいにでかかった。嫁に来ないか♪
・山本リンダでは、客が全く盛り上がっていなかった。紅白の客層には受け入れられなかった!?
・ピンクレディーは、都倉俊一とのコンビネーションが見事に発揮されてたんですね。ペッパー警部にUFOなんて、普通思いつかないよなー。
・石野真子、むっちゃかわいかった。しかも、ほんの5年前の映像。そして、昔よりも歌が上手かった。
・森田公一はわかるけど、トップギャランの人々って必要なん?青春時代♪
・また逢う日まで♪尾崎紀世彦の横で踊ってたスクールメイツって必要なの?
・ジョニイが来たなら 伝えてよ〜 二時間待ってたと〜 ♪この歌大好き。名曲なり!最高!
・もしもピアノがひけたなら〜♪西田敏行もよかった。
・津軽海峡・冬景色、北の宿、舟歌・・・演歌は苦手だけど歌詞は素晴らしい!
・そして、ジュリー!格好ええわ!CD買おう!

う〜ん、どれも名曲。素晴らしい歌詞です。
メロディと同時に歌詞が頭の中に浮かんでくるんだよなぁ〜。
最近はそういう歌あまりないですね。
阿久悠さんの歌詞には、日本語の美しさ、凄さを感じます。

阿久悠さん、ご冥福をお祈りいたします。

そして、最後に・・・

一日二杯の酒を飲み

魚は特にこだわらず

マイクが来たなら 微笑んで

十八番(おはこ)を一つ 歌うだけ

妻には涙を見せないで

子供に愚痴をきかせずに

男の嘆きはほろ酔いで

酒場の隅に置いて行く

目立たぬように はしゃがぬように

似合わぬことは 無理をせず

人の心を見つめつづける

時代おくれの男になりたい

・・・

ねたまぬように あせらぬように

飾った世界に流されず

好きな誰かを思いつづける

時代おくれの男になりたい



河島英五「時代おくれ」より
posted by F邸のあるじ at 01:16 | 滋賀 ☁ | Comment(14) | TrackBack(3) | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。