2007年03月28日

『佐賀のがばいばあちゃん』

gabai.JPG

B&Bの島田洋七による、言わずもがなのベストセラー本

書き手のキャラが見えてしまう小説っていうのは、これまでどっちかと言うと敬遠してきました。

でも、がばいばあちゃんの一言を何かで読み聞きして、面白いそうだなぁと思い読んでみることにしました。
(「がばい」とは「とっても」と言う意味だそうだ)

父親を亡くして母親と兄と三人で広島で暮らしていた島田少年は、生活の苦しさ等の理由により、ある日突然佐賀県にあるおばあちゃんに引き取られることになりました。
おばあちゃんの家は、その日の食べ物の確保さえままならないという貧乏な暮らし。
この話は、おばあちゃんとの暮らしの中の様々なエピソードを綴っています。

やはりベストセラーだけあって面白いですよ。

さて、私が気に入った『がばいばあちゃん』の一言を紹介します!


悲しい話は夜するな。
つらい話も昼にすれば何ということはない。


人に気づかれないのが本当の優しさ。本当の親切。

生きていることが面白い。
なりふりかまうより、工夫してみろ。


「暑い」「寒い」とうるさく言うな。
夏は冬に感謝し、冬は夏に感謝しんしゃい。


時計が左に回ったら、壊れたと思って捨てられる。
人間も昔を振り返らず、前へ前へと進め!


あんまり勉強するな!勉強すると癖になるぞ!

今日、明日のことばかり考えるな。
百年二百年のことを考えろ!
孫や曾孫が五百人くらい出来て、
楽しくてしょうがなか。


もし泥棒に入られても、何も盗られるもんはない、
あんまり何もないから、
置いて行ってくれるかもわからんばい。


人間は死ぬまで夢をもて!その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。

頭がいい人も、頭が悪い人も、金持ちも貧乏も、
五十年たてば、みーんな五十歳になる。




面白い!なるほど!と言う言葉はありましたか?

言葉の持つ意味自体が面白いというのも勿論ありますし、中には???という言葉もありますが、でも、何というか『がばいばあちゃん』の発想の柔らかさ豊かさが好きです。

時代背景からも古き良き昭和の時代が感じられます。

おばあちゃんの言葉を通じて、島田洋七は我々に忘れてはならない何かを伝えてくれたような気がします。
posted by F邸のあるじ at 12:24 | ムンバイ 🌁 | Comment(10) | TrackBack(0) | 読書

2007年03月24日

真夜中のつぶやき

もう一つ、夜のつぶやきを。。。

・・・

春休みになって多少は電車も空くようになりました。

車内は、世の中の縮図。

いろんな人がいます。

いっつも嫌な思いをするのが、
2人がけの座席を一人で占拠してる人。
座っている席の隣に平気で荷物を置く人がいます。

空いてるならまだわからんでもないですが、立っている人がいるにもかかわらず、そういうことをする人が非常に不愉快。
意図的にブロックする意味でやってる人もいれば、そんなこと全く気にかけてない人もいるんだろうなぁ。

老若男女問わずよく見かけます。

まわりの人も結構甘いんだな。
座りたくてウズウズしているにもかかわらず「隣空いてますか?」の一言がかけられない人が多い。

もう一つ嫌なのが、お年寄りや妊婦さんが側に立っているにもかかわらず平気な顔をして座ってる人。

妻も妊娠中、全く譲ってくれなかったと言ってました。
世知辛い。

さっきの「すみません」もそうですが、譲るときの「どうぞ」と言う一言も勇気、気力がいるんでしょうか。

確かに少しの勇気が必要です。
でも、ちょっとしたハードルを越えるだけです。

「どうぞ」というちょっとした勇気って気分いいですよ。

端から見たら自己満足野郎かもしれませんが、このちょっとした勇気が精神衛生上、非常に良いと思うんです。

電車の中はいろんな人間模様があります。

こういったことを気にしている人は数多くいそうな気もするけど・・・

真夜中のくだらないつぶやきでした。

あと、ちょっとだけ仕事したらお家に帰ります。
posted by F邸のあるじ at 03:03 | ムンバイ 🌁 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月23日

聞いてみたい

年度末、日々忙殺される毎日、

そんな昨日、不幸な出来事がありました。


・・・


元気に毎日過ごすこと

明日という日があること

それを当たり前に思う

娘の成長を見届けることが楽しみであり、

家族と楽しいひとときを過ごすことが喜びであり、

ゴルフをしたり、美味しいものを食べたり、
綺麗な景色を見ることが日々の生活の潤いであり、

でも、どんなことがきっかけで日々の生活が失われるかわかりません。


息子さんはまだ3歳になる前です。
ついこの間まで楽しく遊んでいる2人の姿を見てたのに。


きっと覚悟していたんだろうな


息子さんが大きくなる日を見届けることができずに
悔しかったのだろうか・・・

それとも、息子さんがいたからこそ
ほんの僅かながらも安堵感はあったのだろうか・・・

自分がその立場だったならと思う。

または、残された立場だったらと思う。

人ごとではありません。

いろいろ考えさせられます。

悲しくて・・・

posted by F邸のあるじ at 22:01 | ムンバイ ☀ | 日記

2007年03月15日

ホワイトデー(そして妻にも)

我が家に女性が3人。
もらう分にはよろしいが、返すとなると大変だ。

娘たちには本を贈りましたが、妻には・・・

・・・

長女がこの春から保育園に通います。

それに伴い、いろんな小物が必要となります。
やれ手提げカバン、やれ上履き入れ・・・etc

やはり手作りのものを長女に持たせたいという思いがあるようで、ならばこの機械は必要でしょう。

ということで妻にはミシンをプレゼントしました。

whiteday5.JPG

ミシンって家電のイメージがあったんですが、特殊な世界の商品なんですね。
家電というより精密機械です。

先週の土曜日に届いたミシン。
妻は、スヌーピー柄の生地を買って、せっせとカバンを作っています。
ミシンをさわるのは中学のとき以来だとか。
悪戦苦闘していますが、まずまずのものが出来上がってます。

このミシンはブラザーのps-15eという商品。
そんなにいろんな機能は備わっていないのですが、コンパクトで使いやすくて、何より安い。
上記の用途に使うには十二分です。

最近のボビンケースはプラスチックなんですね。
小学校の家庭科の時間、足で踏み踏みして、タイミングを外しては逆流していたミシンが懐かしいです。
posted by F邸のあるじ at 22:57 | ムンバイ 🌁 | Comment(8) | TrackBack(0) | モノ・家電

ホワイトデー(まずは娘たちに)

バレンタインで娘からプレゼントらしきものをもらったから、お返しをせねば。

ま、食べものでもオモチャでも何でもよかったんですが、何となく最近買ってないなぁと思い「本」としました。

毎度のことですが小さな子どもの本選びは難しい。

長女は結構ムラがあって、本の嗜好も目まぐるしく変わっています。
最近は、図鑑とかカタログみたいな細かな情報がギッシリ載っているのが好きみたい。
あとは知恵(最近付いてきた)を使った遊び感覚の本とか。

次女は、やっと物事の認識がついてきたところ。
テレビでミッフィーの番組をやっていると、ミッフィーのぬいぐるみを抱っこしようとすると言う。

ということで、娘たちにホワイトデーにプレゼントした本は全部で3冊。

細かい絵や考えることが好きな長女には、「おとぎのくにのパズル

whiteday1.JPG

ウォーリー君を探せのようなパズルや迷路、そしてシール遊びが一緒になった本です。
早速シールを貼ってますが、所定の位置に貼ることはできませんでした。本をプレゼントしてものの数分でシールを全部貼ってしまいました。オーノー!

物事の認知力が高まってきた次女にはミッフィーシリーズの絵本「ブルーナのどうぶつ(2)

whiteday2.JPG

シンプルでわかりやすい絵が素敵です。
このペンギンがかわいくて、買ってしまいました。

そして2人共通(どっちかと言うと次女向けかな?)の仕掛け絵本がこちら「おいしいな」。

whiteday3.JPG whiteday4.JPG

きむらゆういちさんの絵がこれまた素敵。
熊の口やバスケットのフタの部分でページが上手く分かれるようになっている仕掛け絵本です。長女の方が興味を示して、口をパクパクやらかしております。

先週の日曜日にプレゼントしましたが、毎日楽しんでくれているのかどうだか。

子どもよりも大人の方が、こういった本に見入ったりしてしまいます。
子どものことばかり考えずに大人の視点で選んだ方が面白いかもしれませんね。
posted by F邸のあるじ at 13:04 | ムンバイ 🌁 | Comment(10) | TrackBack(0) | 愛娘

2007年03月13日

大人の階段のぼる♪

子どもの成長を日々記録できるデジカメ。
そして、簡単に日記をアップできるブログ。

便利なツールです。
自然と、私のこのブログも娘たちの記録を綴る場となっています。

我々のときは、古いアルバムを眺めて、色あせた写真やモノクロの写真を見て、思い出を馳せていましたが、時代は変わりましたね。


  古いアルバムの中に、隠れて思い出がいっぱい♪

  おとなの階段上る 君はまだシンデレラさ♪
  幸せは誰かがきっと 運んでくれると信じてるね♪
  少女だったと いつの日か 思う時がくるのさ♪


この少女はシンデレラではありませんが、日々一歩一歩、成長の階段を上っています。
いつかこのブログを思う時が来るのかな。

kaidan.jpg

posted by F邸のあるじ at 22:44 | ムンバイ ☀ | Comment(14) | TrackBack(0) | 愛娘

2007年03月10日

3月10日AMの出来事、そして命の尊さ

今日は昼から空気が冷たく肌寒くなりました。
明日は雨の予報です。(いや、この時間になって雨が降り出したようだ)

でも、今日の午前は、とってもうららかなお天気でした。

そんな今日午前のスケッチです。

【自宅前で遊ぶ二人の娘】
03101.jpg

【やがて長女はスタコラサッサと出かけ、それを追いかける次女、さらにそれを追いかける父ちゃん】
03102.jpg

【啓蟄。庭にアマガエル】
03103.jpg

【庭で遊ぶ二人娘。長女はカエルにスコップで砂をかけてます。】
03104.jpg

その後、長女が何かを手に持って、私のところにやってきました。

よく見るとペッチャンコになったアマガエルがく〜(落胆した顔)

といっても、何とか自力で動けそうな状況。
かわいそうだから逃がしなさいと言ったら、素直に手から放してくれました。
カエルもとんだ災難です。

「カエルさん、バイバ〜イ」

先日、新聞を読んでたら、ちょうど今日私が遭遇したことについて書いてありました。

虫を殺すということは、子どもが必ず通る道だそうで、こういったことを体験することによって、命の尊さを学ぶ。。。
といったことです。

そういう記事を読んでたから、長女の行動をすんなり受け入れることができました。

ま、それにしても、正直なところ
「あんた、いきなり何するんかい!」と思いましたが^^
posted by F邸のあるじ at 21:28 | ムンバイ 🌁 | Comment(14) | TrackBack(0) | 愛娘

2007年03月09日

大治郎

いそがしーーー!
なかなか更新できません。
ネタは用意してるのに!
みなさんのブログへの訪問回数も減ってスミマセン!

そんな忙しいときも、深夜の帰宅となっても
毎日の晩酌は欠かせません。
真夜中に一人ほっこりお酒を飲んでます。

ということで、キンツバ、博多うどんと来て、
滋賀グルメネタ第3弾!!!

滋賀県のお酒!

滋賀県のお酒はうまい!

某女優SKさんが松の司の大ファンていうのは有名な話。
その他にも滋賀県のお酒を愛してやまない人も多いと聞きます。

そんな私が先日買ったのがこれ!

daijirou.jpg

大治郎です。

先日のキンツバもそうですが、この大治郎もおいしさを追い求めて出来たお酒。

私が買ったのは「大治郎 純米吟醸 無ろ過生原酒」

旨いっす。
味がしっかりしてて、後味がすっきりしてて。
旨いという言葉がぴったりです。

毎日のハードな仕事を終えて、ホッとしたひととき。
一杯のお酒で、さらに顔をほころばせております。

今日も帰ったら飲むぞーー!
posted by F邸のあるじ at 22:27 | ムンバイ 🌁 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ

2007年03月05日

3月4日、こどもの国へ行く

博多うどんを食べた後はひたすら北進。

高島市にある「びわ湖・こどもの国」へ行きました。
kodomonokuni1.jpg

今日は、本当に天気がよかった。
3月最初の日曜日。この暖かい春を待ちかねたかのように、すごい人だかりでした。

びわ湖だからなのか、ナマズの遊具がありました。
ナマズの口に飲み込まれているのが長女です。
kodomonokuni2.jpg

ここではいろんな滑り台があり、長女はキャッキャ、キャッキャ言いながら遊びまくり。
降りてきたときに声をかけるのですが全く無視。
夢中になって、これ以上ない嬉しそうな顔をしてました。

登っては滑り、また登っては滑りと何十回・・・
よくオケツが痛くならないもんだと感心しました。

去年の春に公園に出かけたときは、ここまで積極的に遊ばなかったのに。子どもの一年というのはとても大きいんだなぁと感じました。

もう一人の娘(次女)も昨年はひたすらベビーカーで寝ているだけ(そもそも外出すら難しい時期でした)。
こっちはもう靴を履いて歩いています。

kodomonokuni3.jpg
(親父の影が映ってますね^^)

じつは私も滑り台をやりました。
筒状となっているタイプのやつ。

プラスチックのトンネルをクルクル曲がって仰向け状態となって外に飛び出したところ、
真っ正面におじいさんが仁王立ちしてて、携帯を私の方に向けて待ちかまえてました。
おそらく孫の登場を携帯のカメラで撮影しようとしてたんですね。
まさか体のでかい中年のおっさんがゴロ〜ンと出てくるとは思ってもみなかったでしょう。
スンマソン!

でも、今日は本当に良い天気でした。

これから暖かくなると、いろんなところへ出かけたくなります。
昨年は次女が小さすぎて、あまり出かけることができなかったので、今年はその分沢山出かけようと考えてます。
posted by F邸のあるじ at 00:00 | ムンバイ ☀ | Comment(19) | TrackBack(0) | お出かけ

2007年03月04日

3月4日、博多うどんを食す。

博多と言えばラーメンですが、博多うどんなるものも存在しているらしい。
いつだかそういう情報を耳にしたことがあります。

確か、柔らかい麺が特徴だとか。

柔らかいうどんと言えば、ここらでは伊勢うどんが有名。
私は大好きですが、関西の人から見ると、腰のない麺はあまり評判がよろしくない。

で、この博多うどん。どれだけ柔らかいのか興味を持っていたところ、先日しゅう206さんに滋賀県にある博多うどんのお店を教えてもらいました。

先週のキンツバに続く、滋賀県グルメ第二弾!

早速本日博多うどんを食べに、出かけてきました。
我が町から見たら、琵琶湖の対岸にそのお店はあります。
博多うどん小麦屋

私は、どんたくうどんを頼みました。

hakataudon.jpg

確かに麺はやわらかくもちっとした食感。讃岐うどんとは全く違うもの。
ダシが非常においしく、この柔らかい麺とぴったり。
さらに、具のゴボウ天と牛肉に、この甘めのダシとやわらかい麺が相まって非常に美味しかったです。

琵琶湖大橋の往復料金400円出しても行く価値はあるかなと。
子どもたちも美味しそうに食べてました。

これは博多うどんではありますが、滋賀県グルメに認定いたしましょう!

しゅう206さん、美味しい情報ありがとうございました!
posted by F邸のあるじ at 23:38 | ムンバイ ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ

3月3日、ひなまつり

生憎この日は休日出勤。

仕事してると、妻からメール。

ハマグリを買おうとしたら、国産のはとても高いと。

そうだろうなぁ。国産のハマグリ自体滅多に見ないからなぁ。

代わりに買ったのがシジミだそうで、個人的にはシジミの赤出汁は大好きなので、むしろ大歓迎!
ひなまつりにハマグリを出すのは何やら古い言い伝えがあるみたいですが、そんな迷信なんてどうでも良い。

そこで、続いて妻からのメール。

シジミの砂抜きに長女が興味を持っているとのこと。
届いた画像がこれ。

070303_1546~01.JPG

シジミが出している泡をジーッと眺めていたそうです。

もう少しあたたかくなったら潮干狩りにでも行こう!

そんな土曜日。
仕事のペースをあげて、なんとか晩の7時前に帰宅。
忘れずに京都駅でひなまつり仕様のショートケーキを買いました。

みんな私の帰りを待っててくれました。

晩はちらし寿司とシジミのみそ汁と美味しいお酒で楽しいひなまつりを過ごしました。
posted by F邸のあるじ at 23:17 | ムンバイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。