2006年09月05日

環境立県・滋賀

私は兵庫県生まれの愛知県育ち。就職してからのしばらくを京都で過ごしました。
妻は京都生まれ、京都育ち。

結婚を機に滋賀県へ移り住むこととなりました。

私たちのように京都や他府県から滋賀県に移り住む人は多く、会社にも何名かいますし、ご近所にもたくさんおります。
日本が人口減少時代に突入していますが、滋賀県の人口は増加傾向にあり、特に大阪、京都への通勤が便利なJR沿線は人口が増え続けています。

さらには、我が家のように新たに入居した世代に子どもが生まれて、さらに人口が増加。しばらくは好循環が続くような感じがします。

さてさて、便利で都心よりも安いという理由で住み着いたわけで、実は滋賀県のことはあまり知らないところがあります。

歴史的背景なんかは、司馬遼太郎の「街道をゆく・近江散歩」を読んだり、いろんな知識をつまみ食いしたりして、それなりにわかってきたところもあります。

でも、滋賀県と言えば、環境対策に熱心な県というイメージが強いです。

ゴミの分別は厳しい。普通ゴミ、プラスティック、金属、ビン、ペットボトル等々に分別します。
慣れれば問題ないですが、京都市在住時代は分別なしだったので、そのギャップに驚きました。(今思うと京都市のゴミ収集のいい加減さに呆れますけど^^)

でも、環境への配慮はそれだけではないことに気付きました。

家庭用の汚水処理についても、我々自らの手で定期的にチェックしないといけないのです。
実はこれ知りませんでした。

戸建ての家庭にはたくさんの下水用の桝があります。この桝で汚れと水とを分離していき、少しでも水をきれいな状態に戻して下水としているようです。
台所専用の桝では、台所から出る油などが桝の中にたまるような仕組みになっており、これを自分たちの手で除去しなければなりません。
割と頻繁にしないと詰まりの原因となってしまいます。

滋賀県以外の地域では、こういった油汚れもきちんと分離されないまま(滋賀県ほど十分ではないという意味です)下水として流されているそうです。基準が滋賀県と他の県では違うと言うことです。

冒頭に書いたように、我々夫婦の出身は他府県です。桝掃除の大切さをきちんと理解していませんでした。
これまで何も気にせずに過ごしておりましたが、放っておいたら大変なことになるところでした。

今の町に引っ越してきたときに、桝の掃除をしなさいという紙をもらったきりで、その大切さや目的をきちんと説明してくれませんでした。
そのあたり県の思いと現場の担当職員との考え方に差があります。
他府県から来た人間にもわかりやすく説明してほしいところです。

てな感じで、環境への配慮は大切ですよね。

昭和のころまでは水や空気を綺麗にしようという発想だけでしたが、今は地球温暖化というさらに大きな問題が発生してきています。

どれもこれも我々の生活にとって非常に大きな問題です。

昨年、北京へ行ったときに凄まじいスモッグに遭いました。
それを見ていると、我々がやっている分別や桝の掃除といった努力は焼け石に水のように思えてきました。

でも、小さな努力でも良いから、できることからコツコツと。
みんなが力を合わせてより良い環境にしていかないとダメですね。

子どもたちのためにも!!
posted by F邸のあるじ at 12:47 | ロンドン ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | 我が家

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。