2006年08月14日

蝉しぐれ

夏が過ぎ 風あざみ♪
だれのあこがれにさまよう♪
青空に残された 私の心は夏模様♪


by 井上陽水


通勤途中、家々の庭の木から喧しいくらいセミの鳴き声が聞こえます。

ジワジワ〜♪と聞くだけでも暑苦しいその声。
この声はアブラゼミだな!?
どれ、正体を見てやろう!と思い、声のする方を見てみると、アブラゼミではなく透明の羽をしたセミが木に止まっていました。

あれれ、ミンミンゼミ?
ツクツクボウシはもう少し小さかったっけ?
こんな鳴き方だったかな?
鳴き声の主は他にいるのかな?

結局わからずじまい。
ゆっくり観察したいのですが、電車に乗り遅れないように小走りに駅へと向かいます。

セミ・・・
されど昆虫。
夏の象徴です。

『蝉しぐれ』という時代小説がありました。藤沢周平の傑作です。
蝉の声と、主人公が体験した夏の様々な出来事とがオーバーラップします。
蝉の声がBGMとなって、この物語をより切ない話として演出しています。

私にとっても、「蝉の声=夏の思い出」です。

セミの声を聞くと両親の在所(三重県の某田舎)に行って、よくカブトムシやクワガタ、それにセミを捕まえたりしたことを思い出します。
特にセミは捕まえやすいので、昆虫採集を名目に乱獲していました。
今思うと、蝉に対して随分と酷なことをしたなぁと思います。
(そのバチが当たったのか、昆虫採集の注射針を誤って自分の膝小僧に刺してしまったことがありますが^^)


  もう遠い昔の思い出です。
   ○○年前のちょうど今頃の話。


精一杯声を張り上げて鳴く蝉は、藤沢周平ではありませんが、賑やかな夏とは対極の、ナイーブな一面を感じさせてくれます。

儚いなぁ。

   蝉しぐれ 暑苦しいけど 耳すます


目がさめて 夢のあと♪
長い影が夜にのびて 星屑の空へ♪
夢はつまり 思い出のあとさき♪

夏が過ぎ 風あざみ♪
だれのあこがれに さまよう♪
八月は夢花火 私の心は夏模様♪
posted by F邸のあるじ at 21:16 | ロンドン ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

お盆

今朝の通勤、電車の中は人が少なかった。

10時くらいにもう一度電車に乗ったときには今度はたくさんの人がいた。
10代くらいの子や小さな子連れが多い。

京都駅を降りたっても観光客多し。外国人も多し。
一様にみんな夏休みを楽しんでるみたい。

いいなぁ。

世間はお盆休み。

帰省ラッシュやUターンラッシュのニュースを毎年実家で見ていましたが、今年は家でボケーッと眺めていました。

例年とは違うお盆です。

早くに夏休みを使ってしまった者としての宿命ですね。
仕方ない。

さぁ仕事、仕事!
posted by F邸のあるじ at 12:58 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。