2006年08月31日

通勤カバンやっと買いました!

家は和風、時計はスイス、車はラテン、ウイスキーはスコッチ、焼酎は芋、ビールはエビスときて、カバンは・・・

通勤カバンを買おうと決め手から約2ヶ月近く過ぎました。悩んでる様子を記事にもしました。(その節は皆さんアドバイスありがとうございました)

もう一度、欲しいカバンをおさらいすると・・・

1.弁当が入ってもなお書類がたっぷり入る。そこそこの容量が欲しい。
2.ショルダーベルトは欲しい。
3.カバンはオープンファスナータイプが良い。できればガバッと開いてくれる間口の広いのが良い。
4.使いやすさを重視。
5.さりとてお洒落なのが良い。黒いのは嫌。
6.丈夫なのが良い。長く使いた〜い!
7.底には足(?)があるのが良い。地べたに直接置くのは嫌だ。
8.値段は応相談。

・・・もうやだ〜(悲しい顔)

なんてこったいぃ!
全ての条件を満たすカバンがこの世にはない。。。

で、どこを妥協するのか!

実は先週までイタリア系のデザイン重視にしようと心の中で決まりかけていました。
京都や滋賀県にはイタリア系のカバンを見ることができず名古屋まで(実家に帰るのも兼ねて)行って見てきました。

デザインは良いけど、やっぱ華奢。

資料をたくさん詰め込むことのあるので、それには耐えられないだろう。
自立できないカバンが多い。マチが数字で想像するより細く感じられる。

色は良いし、恰好良いけど。
長く使えないなぁ。

で、イタリア系はパスすることに。

丈夫で機能性を重視したカバンにしよう!
となると黒いカバンしかない。
う〜ん・・・え〜い、ここは黒でもイイや!

ということで、急遽、候補に挙がったのがヌメ革で有名なこちらのメーカー
bree1.JPG

BREEです。

ヌメ革のカバンを見るため京都北山のお店に行ったらナイロン製のカバンがおいてました。
お、これ使いやすそうで良いジャン!安いし!

ということで(実際はここからも相当悩みましたが)、
BREEのナイロンのカバンを買いました。
connect2という商品です。
ネットで購入し、今週の火曜日に我が家に届きました。

bree2.JPG

ルックスはシンプル。黒い箱形。アタッシェのようなシルエットです。
ゴテゴテしてなくて、ポケットも多すぎず使いやすそう。

bree3.JPG

中はオレンジ色。
一見派手ですが、中にしまったものが見やすくて便利です。
中にはペンや携帯ホルダーが備わってます。
外にはポケットがあり、文庫本を差し込むことにしました。

bree4.JPG

マチは14cm。
お弁当も入って、なおかつ書類等々をたっぷり飲み込んでくれます。
箱形なんで、隅から隅まで使えます。

bree5.JPG

カバンの底には足(?)も付いてます。

欠点はショルダーストラップが長〜いこと。
平均的な身長のこの私が一番短くしてもやや長いです。
ま、不便ってほどではありませんが。

通勤カバンは日本製からドイツ製となりました。

カバンも変われば気分も変わります。
良い年したおっさんですが、昨日からルンルン気分で通勤です^^!
posted by F邸のあるじ at 21:36 | ロンドン ☁ | Comment(14) | TrackBack(1) | モノ・家電

2006年08月29日

七五三の記念写真を撮る

月曜日のこと。
あと1日余った夏休みをとる。
で、何をしたかと言うと長女の七五三の記念写真カメラを撮りに行きました。

私は七五三といえば千歳飴を持って神社でボーっと佇んでいる写真があり、その程度の認識しか持ってませんでしたが、女の子は特別なんでしょうか?

家庭によって違うと思いますが写真屋さんへ行って記念写真をとるケースが多いようです。
妻曰く「一生の思い出なので撮れるのであれば撮ってあげたい」
妻自身が写真を撮ってもらわなかったため余計にそういう思いが強いみたいです。

「OKだよ〜ん」と言う私の返事により写真を撮ることに決めたのは、2〜3週間前のこと。

で、いろいろ探したところ8月いっぱいまでは料金が安いことが判明。
そして平日だとさらに安い!

それで私の夏休みを利用して撮影に行くことにしました。

この土曜日、日曜日、長女のグズリが相当酷かったので、着物やドレスを着ての長時間の撮影に耐えられるか(耐えられないだろう)と危惧しておりまいした。

ところが、すんなりと着替えてくれて、お化粧も髪結いもしてもらいました。
おぉ、何事も起きていない!奇跡だ!

撮影場所へ移動。
傘を持たされたり、熊の人形や千歳飴の袋などを持たされながら何をしているのかもわからぬままパチッパチッと写真を撮られていきます。
その間、カメラの方へ向いてもらおうと写真屋のスタッフと私はぬいぐるみや人形を持ちながらカメラの前で右往左往しました。

何事もなく撮影は終わってくれました。
心配は杞憂に終わりました。よかった、よかったわーい(嬉しい顔)

さて、平日は安いとは言え、結構なお値段ですね!

いろんなポーズをされても、結局買わない写真が出てきます。

親の心理としては、子どもが一所懸命作ったポーズだから、いろんな表情を残してあげたいから買ってあげようという思いが出てきます。一生の思い出だから・・・

まんまと術中にはまります。

そういう気持ちをどうにか抑えて幾枚かの写真を買うに留めました。
(ただし、これとは別に我々夫婦の親へのプレゼントとして1枚ずつ写真を買いました)

元手がそんなにかかっているわけでもなく、今はデジカメで簡単に処理できるのに。。。
1枚あたりの単価がそんなに高いのって信じられないゾー!
写真屋っておいしい商売ですね(誤解ですか???)

と変な感想になってしまいましたが・・・

でも、実の娘が大きく成長していることに感動しました。
化粧を塗って、髪の毛を結った姿は少し大人びていたりして。。。
何をしているのかわからないけど頑張ってポーズをとっている娘を愛おしく感じたり。。。

昨日は、長女の成長を嬉しく思う感慨深い一日でありました。
posted by F邸のあるじ at 21:19 | ロンドン | Comment(12) | TrackBack(1) | 愛娘

2006年08月28日

ゴーヤチップス

土曜日、私の実家に帰ったときに親父が畑で作ったゴーヤをもらった。

我が家では、ゴーヤ料理は、ゴーヤチャンプルしか作ったことがなかったので、たまには別の食べ方をしてみようと思い、ゴーヤチップスを作ることにしました。

ゴーヤチップスは、数年前沖縄で食べたことがありましたが、とてもおいしかった(ビールのつまみに最適!)のを覚えています。

作り方は簡単で、スライスしたゴーヤの水分をとり、片栗粉か小麦粉をまぶして、カラッと揚げるだけ。パラッと塩をふりかけます。

こんな感じでできあがりました。隣同士のゴーヤがくっついてしまいました。
ゴーヤの苦みは堪能でき、サクっとした食感とともに、やはりビールのつまみに最適なのでした^^

goya.jpg
posted by F邸のあるじ at 08:54 | ロンドン | Comment(5) | TrackBack(3) | グルメ

2006年08月26日

もう一つ褒めておこう!

もう一つ長女ネタです。

一人でパジャマブティックのボタンをかけられるようになりました。
ここ2〜3週間のことかな。

ズボンも一人ではこうとします。

私はブキッチョ。
幼稚園に通っても、まだボタンをかけるのに四苦八苦してました。

妻も器用とは言えません。

我々の遠い祖先の血筋を受け継いだのかな?

とは言え、ボタンの掛け違いは多く、ズボンの前後ろもわかってません。

それでも、一人もくもく着替える姿は感動的です。
ジグソーパズルのときより集中しています。

むふふ。

これも成長の証なんだなぁ。
posted by F邸のあるじ at 08:33 | ロンドン | Comment(14) | TrackBack(1) | 愛娘

2006年08月25日

アンパンマンのジグソーパズル

やっと書こう書こうと思ってた記事を書きます。(たいしたことありませんが^^)

先週の週末、我が家を訪れた親友が、長女に『アンパンマンのジグソーパズル』をプレゼントしてくれました。

長女は2才10ヶ月になろうとしていますが、ジグソーパズルの対象年齢は3才から。
ピース数は30もないかな?

まだまだ、遊ぶまでには時間がかかるだろう、ちょっと今の娘には難しいかなぁ・・・
と思っていました。

でも、長女が遊んでいるのを見ていると、ちゃんとはめるべきところにはめていきます。

へぇ〜!

できるやん!

一枚一枚どこにはめるべきなのかをきちんと理解しています。

ときには我々もどこかなぁーと悩むような変な形のピースでも、難なくはめていきます。

お〜!

驚きです。
賢いなぁ。成長早いなぁ〜。と感嘆することしきり。

見事にはめていきます。

ところが、あと5つくらいになったところで、急に集中力を無くしてしまいました。
その点がやはり3才未満なんでしょうね。

でも、ジグソーパズルを普通にやるとは思っていなかったので、びっくりです。

↓↓↓写真は集中力が切れる直前のものです^^

pazuru.JPG
posted by F邸のあるじ at 18:26 | ロンドン | Comment(10) | TrackBack(0) | 愛娘

2006年08月24日

一言だけ

マスコミの皆さん、
斎藤君をそ〜っとしておいてほしいなぁ・・・
posted by F邸のあるじ at 21:00 | ロンドン ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年08月23日

忙しくてなかなかブログの更新ができません。

最近、何かと忙しくて8月に入ってからのブログの更新スピードが遅くなってます。

通勤カバンもお盆までに買うと言い放ったくせに、まだ買ってません。

とほほもうやだ〜(悲しい顔)

今日書こうと思った記事は長女がジグソーパズルができるようになったという話でしたが、明日以降に延期です。

昼間は灼熱地獄に大雨地獄。
史上希に見る高校野球の熱戦が終わり、通勤電車もそれなりに混んできました。日も短くなってきました。

8月も夏も短かったなぁ。

やがて秋の気配を感じるかも。
夏が過ぎ 風あざみ♪
だれのあこがれにさまよう♪
青空に残された 私の心は夏模様♪

この間歌ったばかりですね。

何の脈略もありませんが、お酒の記事に続いてワインの画像でもアップしておきます。
山中湖で買ったワインです。
(これまた記事を書くつもりだったんですが。)

wine_yamanakako.JPG
posted by F邸のあるじ at 21:02 | ロンドン ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月21日

美味いお酒をゲット!

先週末、美味しい酒が続々と我が家にやってきました。

たまたま仕事で大量に酒を購入する用事が出来て、京都市内にあるとある酒屋さんに行ったんですが、人様の酒だけを買うのも何なんで、自分のためにも買いました。

そこの酒屋さんは、巷でプレミアが付いているお酒でも良心的な値段で売っています。お酒に関する知識もお酒のストックの量も素晴らしいです。

では、手に入れたお酒の紹介を・・・

sakesake.JPG


左は言わずと知れた「久保田の千寿」。

真ん中が芋焼酎「八千代伝」、「森伊蔵」よりもこっちの方が美味いとお店のおばちゃんのオススメ。

そして、「超不阿羅王」。

この3本をゲット!

先の週末には友達一家が遊びに来るため、一緒に飲むのを密かに楽しみにしていました。

で、土曜日に焼酎2本をグビっとやりました^^

いや〜、むっちゃ美味しいじゃないかー!
香りに味、まろやかさ、この鼻にぬける感じがたまりません。
特に「超不阿羅王」の芋の甘さ、香りは最高です。

いつまでもいつまでもチビチビ舐めたくなるおいしさです。

この3本以外にも、「〆張鶴の純米吟醸・純」「くどき上手・愛山の大吟醸」といった美味い日本酒もゲットできました(ただし、開栓後でしたが^^)。

さらには友達一家の手土産(ありがとう!)の名酒「黒牛」が加わって、最強のお酒のラインナップが完成です。

てなわけで、この週末はお酒を堪能しました。

うむうむしばらくは酒に不自由することなし。

満足満足わーい(嬉しい顔)
posted by F邸のあるじ at 20:06 | ロンドン ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | グルメ

2006全米プロの感想

タイガー強い。

他の人らと全然レベルが違うわ。大人と子ども。

現有勢力ではタイガーを倒す選手は出てこないんじゃないかなぁ。

あと10年の間、タイガー全盛期に、タイガーと互角の勝負ができる選手が果たして現れるだろうか。

ニクラウスのときは、まだパーマーがいたけど、今はタイガーの独壇場。

タイガーの一人旅はこれからも続くのだろうか・・・(ちょっとつまんないかも)

でも、全米プロって、何が特徴なのかよくわからない。

マスターズ、全米オープン、全英オープンと違って、

これだという特色のない大会ですね。

やはり、前の記事に書いたようなメジャー戦の方が盛り上がるんじゃないかなぁー

あ、こう書いたけど、次はドナルドもガルシアも頑張ってちょーだい!

もう一言、来年はゴルフネットワークの独自の放送を期待していますよ!
posted by F邸のあるじ at 19:09 | ロンドン ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | ゴルフ

2006年08月17日

夏は夜〜五山送り火〜

migidaimonji.jpg


右大文字です。
(角度悪い上に、カメラの性能も悪く見づらいですが、お許しを^^)

残業してても良いことがあるもんだ。

昨晩は五山送り火。
京都の夏の終わりの風物詩。

会社のビルから、5つのうち4つを見ることができました。
右大文字、舟形、左大文字そして鳥居形。
妙法だけが見えません(あそこは低いからなぁ。)

結婚前までは、西陣のとあるマンションに住んでいました。
そのマンションを選んだ決め手が「部屋から大文字が見えるから」

愛知県に住んでいる若者にとって「大文字」は京都の一つの象徴のようなものとして非常に魅力的な存在でした。
どうせ住むなら見えるところがいいなぁ。

西側に面したベランダからは左大文字や舟形が良く見えました。
玄関を開けて通路のある東側は、右大文字に妙法が見えました。
そこからは鳥居形は見えず、そのときも4/5でした。

懐かしい。

赤々とした文字が、短い時間ですが、くっきりと暗闇に浮かび上がっています。
近隣のビルやマンションの灯りが興ざめではありますが、とても幻想的な世界です。


夏は夜


枕草子の言う月や蛍の光ではなく、京都では送り火の光を楽しんでいます。
posted by F邸のあるじ at 12:43 | ロンドン | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月16日

ふたりの夏

ご近所さんたちもお出かけのようで、うちのまわりは静かです。

長女は今一番夢中になってるシャボン玉でお遊び。
次女はそれを遠目で眺めています。

娘たちの夏。

engawa.JPG

次女の気持ちはこんなんかな。。。

こんなこと いいな できたら いいな♪

あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど〜♪
posted by F邸のあるじ at 12:50 | ロンドン | Comment(9) | TrackBack(0) | 愛娘

2006全米プロ優勝者予想!

今年最後のメジャー戦、全米プロ。

4大メジャーの中で一番花がない。日本の中継も少ない(ゴルフネットワークガンバレ!)。ということで、ほとんどの人が興味のない大会です。

私はゴルフの4大メジャーのうち3つがアメリカ開催というのが非常に不公平だと思っております。
ホームアドバンテージは相当のハンデとなります。
グルーバル化、インターナショナル化が進んでいるこの時代、アメリカ一国に集中している構図はちょっとおかしい。
むろん、アメリカにお金があった、強い選手がいた・・・等々の背景があったのは承知しています。

かつてはゲーリー・プレーヤー等しかいなかったインタナショナルプレーヤーも今では、シン、エルス、グーセン、イメルマン、ウィア、スコット、オギルビー、M.キャンベル、アップルビー、カブレラ・・・(これに日本人選手も続く?)と世界ランクの上位選手を見ても、アメリカ選手と同等の数がいます。
今後益々増えていくことでしょう。

そこで、提案ですが、全米プロを準メジャーに降格して、4つ目のメジャーに、アメリカ、イギリス以外の国のナショナルオープンを持ってくると言うのはどうでしょう?
各国を持ち回りの開催とするのです。つまり、その年によって開催国が変わるということ。

少なくとも、南アフリカ、オーストラリアは不可欠。
これに日本、カナダ・・・それにヨーロッパのフランス、ドイツくらいの6箇所を持ち回りで開催(これらの国で6年に一度の開催)にして、その年のメジャー戦としてはどうでしょうか?
開催国の出場枠を広げつつ、世界中でその試合に出場するための予選が繰り広げられる!

おそらくWGCをアメリカ以外で開催したときのように、アメリカ選手の中には出場しない選手も出てくるかもしれませんが、長い目で見たときにはゴルフの裾野の開拓にも一役を買うことになると思うしゴルフ界にとっては良いことだと思います。(盟主であるアメリカがウンと言わないとどうにもならないんだろうけど)

ゴルフ好きの方、どう思いますか?
ご意見ありましたらコメントよろしくです。

さて、今年の全米プロですが、開催コースはメダイナ。

これだけ長いコースだと、優勝候補は自ずと絞られてきます。
巷ではタイガーなんでしょうけど、全英のようにアイアンでティーショットってなわけにはいきません。タイガーのドライバーの精度はそんなに高くない。ドライバーを曲げて苦しむような気がします。

さて、優勝予想ですが
グーセン、エルス、ガルシアと見た!
ガルシアはパット次第(=メンタル)です。
エルス、グーセンはティーショットがカギを握る。

以外では、スコット、イメルマン、カブレラ。
ハリントンにもチャンスあるかなぁ。

何はともあれ、ウッズ、ミケルソン以外の実力者の優勝が見たいーーー!

posted by F邸のあるじ at 09:29 | ロンドン | Comment(6) | TrackBack(1) | ゴルフ

2006年08月14日

蝉しぐれ

夏が過ぎ 風あざみ♪
だれのあこがれにさまよう♪
青空に残された 私の心は夏模様♪


by 井上陽水


通勤途中、家々の庭の木から喧しいくらいセミの鳴き声が聞こえます。

ジワジワ〜♪と聞くだけでも暑苦しいその声。
この声はアブラゼミだな!?
どれ、正体を見てやろう!と思い、声のする方を見てみると、アブラゼミではなく透明の羽をしたセミが木に止まっていました。

あれれ、ミンミンゼミ?
ツクツクボウシはもう少し小さかったっけ?
こんな鳴き方だったかな?
鳴き声の主は他にいるのかな?

結局わからずじまい。
ゆっくり観察したいのですが、電車に乗り遅れないように小走りに駅へと向かいます。

セミ・・・
されど昆虫。
夏の象徴です。

『蝉しぐれ』という時代小説がありました。藤沢周平の傑作です。
蝉の声と、主人公が体験した夏の様々な出来事とがオーバーラップします。
蝉の声がBGMとなって、この物語をより切ない話として演出しています。

私にとっても、「蝉の声=夏の思い出」です。

セミの声を聞くと両親の在所(三重県の某田舎)に行って、よくカブトムシやクワガタ、それにセミを捕まえたりしたことを思い出します。
特にセミは捕まえやすいので、昆虫採集を名目に乱獲していました。
今思うと、蝉に対して随分と酷なことをしたなぁと思います。
(そのバチが当たったのか、昆虫採集の注射針を誤って自分の膝小僧に刺してしまったことがありますが^^)


  もう遠い昔の思い出です。
   ○○年前のちょうど今頃の話。


精一杯声を張り上げて鳴く蝉は、藤沢周平ではありませんが、賑やかな夏とは対極の、ナイーブな一面を感じさせてくれます。

儚いなぁ。

   蝉しぐれ 暑苦しいけど 耳すます


目がさめて 夢のあと♪
長い影が夜にのびて 星屑の空へ♪
夢はつまり 思い出のあとさき♪

夏が過ぎ 風あざみ♪
だれのあこがれに さまよう♪
八月は夢花火 私の心は夏模様♪
posted by F邸のあるじ at 21:16 | ロンドン ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

お盆

今朝の通勤、電車の中は人が少なかった。

10時くらいにもう一度電車に乗ったときには今度はたくさんの人がいた。
10代くらいの子や小さな子連れが多い。

京都駅を降りたっても観光客多し。外国人も多し。
一様にみんな夏休みを楽しんでるみたい。

いいなぁ。

世間はお盆休み。

帰省ラッシュやUターンラッシュのニュースを毎年実家で見ていましたが、今年は家でボケーッと眺めていました。

例年とは違うお盆です。

早くに夏休みを使ってしまった者としての宿命ですね。
仕方ない。

さぁ仕事、仕事!
posted by F邸のあるじ at 12:58 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月10日

進化バトン!

『もぐもぐ生活』のごろさんから進化バトンを受け取りました。

質問を答えるにあたり、過去(52代の方まで)に遡ってみてみました。
海外在住の方のブログをあちこち駆けめぐって日本へやってきたバトンみたいですね^^

では早速まいりましょう!

<ルール>
※気に入らない質問を3つ削除して、新しい質問を3つ加えてください。
※進化バトン(○世代目)の○のところをカウントアップしてください。


『進化バトン』第61代目のF邸のあるじでごわす。

1.現在の趣味というべきものは?
特に熱中してるのがゴルフ。
同じくらい楽しんでるのが子どもの相手。
あとは、音楽、小説、くるま&ドライブ、地図を見る、星を見る、酒、旨いものを食べる、ウィンドウショッピング、オーディオ、そしてネットサーフィン。
他にも広く浅く何でもありです。
 
2.過去に戻ってやり直せるならいつに戻る?
どの時代にも戻りたい。
中学や高校・・・やはり勉強はもうしたくないなぁ。
となると、やはり大学1年かなぁ。
今思うともっと思い切り遊びたかった。旅行にももっと行きたかった。
いろんなバイトもしてみたかったし。他にもあんなことやこんなこと・・・。
  
3.新婚旅行で行ったところは?
セント・マーチン。カリブ海に浮かぶ小国。
それとそのお隣にあるアンギラ島へも行きました。
海が無茶苦茶きれいだった。日本人も全然見かけなかった。
カリブっぽさ満点の楽しいところでした。
いつかこっちのブログで書こうと思ってます(まだまだ先ですが)。

4.10年後、どこに住んで何をしていると思う?
まじめに答えると10年後はまだ滋賀県でしょう。
でも、今の仕事をずーーーっとていうのも一度だけの人生、面白くないなぁ。
北海道でも沖縄でも海沿いの街でも高原の街でも違うところで楽しい人生送りたい。
  
5.行ったことのある国や場所で、自分がもう一度行ってみたいところはどこ?
一度訪れた国には基本的にはもう一度行きたいと思ってます。
特に面白かったのは上に書いたセント・マーチンそれからアイルランドとスコットランド。
国内では礼文島。

6.だんな様(彼)は有名人でだれに似てる?
6.自分は有名人でだれに似てる?

妻にしようと思ったんですが、何かと波紋を呼びそうなので自分にしました。主観的ではなく、これまで言われたことのある人を列挙します。似ていない人もいますからご用心。
・西田敏行
・リバー・フェニックス
・曙太郎
・ぺーター(アルプスの少女ハイジ)
・巨人の元投手の斉藤
・トンガ人
・ジャイアン(ドラえもん)
・イアン・ウーズナム(イギリス人のゴルファー)
何度も書きますが全く似ていない人もいますので。(正直勘弁してくれという人もいます)

7.自分の体で嫌な箇所は?
7.自分の体で好きな箇所は?

目とゴルフのスコア計算が得意な脳みそ。
ちなみに嫌いなのは絶壁頭と胃腸。

8.高額宝くじが当たったら?
8.プライベートの有名人を目撃したことは?

質問考えるの難しいですね。高額宝くじの質問も面白かったのですが、あまり面白い回答が見つからなかったので変えちゃいました。

で、目撃した有名人ですが、

・小学校時代、京都に遊びに来たとき、京都駅でタバコを吹かしていたあいざき進也。
・大学のとき、名古屋の女子大小路を闊歩していた水戸泉(その場所に優勝しました)。
・同じく名古屋の大須を歩いていたミヤコ蝶々。
・京都に住んでいたときには、今出川通りを一人で歩いていた芦屋小雁。
・三条木屋町の交差点で信号待ちしていた小林亜星。
・3年前、伊丹空港の手荷物検査場にて堀ちえみ(子沢山のママさんだけど、かわいかったなぁ)。

番外でうちの嫁さんがこの方と会話しています。

9.世の中から消えて欲しいものは?
灰汁(あく)

10.次のバトンを渡す2人
本当はこのお題を変えて人数を減らすつもりだったんですが^^

ではご指名させていただきます。忙しいところ恐縮ですが、よろしかったらお付き合いくださいませ。嫌ならスルーしてくださって結構です^_^

前回、愛バトンもらいましたね。お返しです。⇒ももさん

いつもお世話になっております。私のバトンにはプレゼントありませんが、受け取っていただけますでしょうか?⇒northinさん

ということで進化バトン終わりです。

以下テンプレ。


========================================================

<ルール>
※気に入らない質問を3つ削除して、新しい質問を3つ加えてください。
※進化バトン(○世代目)の○のところをカウントアップしてください。

1.現在の趣味というべきものは?
 
2.過去に戻ってやり直せるならいつに戻る?
  
3.新婚旅行で行ったところは?

4.10年後、どこに住んで何をしていると思う?
  
5.行ったことのある国や場所で、自分がもう一度行ってみたいところはどこ?

6.自分は有名人でだれに似てる?

7.自分の体で好きな箇所は?

8.プライベートの有名人を目撃したことは?

9.世の中から消えて欲しいものは?

10.次のバトンを渡す2人

========================================================

posted by F邸のあるじ at 20:19 | ロンドン | Comment(7) | TrackBack(1) | ブログ・ネタ・バトン

2006年08月08日

山中湖へ行く(2)

山中湖。

穏やかでやさしい感じの湖です。
私の住む街にある琵琶湖とはまた違った趣の湖です。
残念ながら逆さ富士を見ることはできませんでした。

ホテルの近くは、運動部の合宿場のメッカようで、テニスやハンドボールなど部活に勤しむ高校生の姿が随所に見られました。

湖周を走る道路沿いには、美術館、土産物屋、名物のほうとうのお店、ももやブドウの直売所、企業の保養所や研修センター等々いろんな建物が並んでいます。
湖には観光用のボートが楽しげに浮かんでいます。

湖畔にある駐車場に止まっては湖をゆっくり眺めたりしました。
fuji9.jpg


さてさて、湖の近くにある観光スポットを2箇所訪れました。

1箇所目は山中湖花の都公園です。
花がいっぱい咲いていました。
ヒマワリや百日草、それに秋桜が咲いていました。

hana6.jpg


長女は花より虫に興味を持っていました^^

hana.jpg


もう1箇所は忍野八海
忍野八海とは、富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池のことです。(ここの説明を引用)

ようは富士山の湧き水がゆらゆらとわき上がっている8つの池の総称です。
私は「忍野八海」なんて見たことも聞いたこともありませんでしたが、妻がテレビで見て知っていました。
「富士山の湧き水があって面白そうだし行ってみたい!」と言うことで行くことにしました。
山中湖からは15分くらいのところです。

湖から車を走らせ、とうもろこし畑を過ぎたあたりが忍野八海の中心地です。
そこには8つの海のうち5つほどが集まっています。

これが湧池(わくいけ)。
osino10.jpg


富士山の湧き水はとても綺麗。
どこまでも透き通っています。

水にさわると冷たくて気持ちいい。
長女はしつこいくらい水に手を浸してましたが、最後は服がビショビショになってました。
osino11.jpg


富士山から常に水が涌いているのか、水面は絶えずユラユラとしています。
魚(ニジマス?)やカモ?も涼しげで気持ちよさそう。

ここは濁池(にごりいけ) 。
osino13.jpg


osino12.jpg


水がゆったりとやさしく流れており、心が落ち着く場所・・・

のように思えますが、実際は有名な観光地で人が多かった。
これだけ素晴らしいところなので仕方ないかなぁ。

でも、池のまわりの商魂たくましいお店が残念ながらマイナスです。
もう少し落ち着いた感じがいいなぁ。
私も妻も、京都にある深泥池、広沢池、大沢池のようなワビサビのある場所を想像していましたが、ちょっと違いました^^

でも、日本の代表的な観光地の客引きに比べるとマシかな。

ということで夏の小旅行を楽しみました。

詳しくは書きませんでしたが、2日目は御殿場のアウトレットへ行きました。自分の服やら靴を買うつもりで行きましたが、結局めぼしいものは見あたらず、娘のオモチャを買ったのみです。

2日目の晩には名物ほうとうを食べました。食べた店は「小作」と言うところ。
ニ流タレントのサインが自慢気に飾ってありました^^
味はそこそこ美味かった。妻は今ひとつだったみたい。
名古屋の味噌煮込みみたいな感じかな(そこまで味は濃くないですが)。
野菜がたっぷり入ってて腹一杯になりました(写真撮り忘れました)。

3日目の最終日は、帰る途中に富士サファリパークの近くにある「忠ちゃん牧場」に寄り、ソフトクリームを食べました(残念ながら牛を見ることはできず)。
濃厚でおいしかったけど、量が少なかったー。

この富士サファリパーク付近の道はドライブには最高ですね。
本州とは思えないほどの広大な景色が広がっていました。
富士山の周辺って本当に良いところですね。

と言うことで、帰りは富士ICから高速に乗り、一路滋賀県へ。
行き帰り(片道5時間半)ともにずっーとハンドルを握りましたが、エグザンティアでの長距離ドライブは全く苦にならず。

長女が寝ている間に好きな音楽をかけながら・・・
今回は、オアシスを何枚か持ってきました。
それにシンプリーレッド、ゴーゴーズ、ビーチボーイズ、小田和正・・・

楽しいドライブと素敵な音楽が、短いけど楽しかったF家の夏の小旅行を締めくくってくれました。

〜完〜
posted by F邸のあるじ at 18:28 | ロンドン ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ

2006年08月07日

山中湖へ行く(1)

短い短い夏休みを利用して、山中湖へ行ってきました。
2泊3日の旅程です。

初日は移動のみ。
2日目、3日目に観光をしました。

さて、山中湖は富士五湖の一つで、富士五湖の中では一番東に位置しています。
私も妻も、もちろん二人の娘も初めての場所です。

御殿場ICを降りて、裏道を通って山中湖へ向かいます。
道も空いててドライブするには最高の道路です。

宿泊したホテル。
xiv.jpg


到着したのは夕方。
天気は晴れていたものの、午後も遅く空気の透明度は低く富士山を拝むことはできませんでした。
残念。

で、翌朝。
部屋のカーテンを開けると、目が開けられないほどまぶしい。

でも、光に負けず目ん玉を開けてよ〜く見ると、小鳥のさえずりとともにきれいな景色が目に飛び込んできました。

なだらかな山のすそ野が見えてます。

おっ、富士山だ!

でも、窓の向かいに一本の木がたっており、ベランダの右隅にいかないとよく見えません。

精一杯右に寄ってもこんな感じ。
1.jpg


きれいです。雄大です。

ホテルの建物内にもビュースポットがありました。
こんな感じ。
fuji2.jpg


御殿場に抜ける道の途中にもビューポイントがありました。
fuji5.jpg


そして、写真のように次第に富士山を雲が覆ってゆくのでした。

あぁダッシュ(走り出すさま)

富士山ってやっぱいいっすねー!
最高っすビール

富士山を見る機会なんて滅多にありません。
たまに東京へ行くときに新幹線の中から見ることができればラッキー。
でも、そんなこと滅多にありません。

この雄大な景色はどれだけ見ても飽きることがありません。
目にしっかり焼き付けておこう!

fuji3.jpg

fuji4.jpg


このつづきはまた明日!
posted by F邸のあるじ at 18:21 | ロンドン | Comment(15) | TrackBack(0) | お出かけ

2006年08月06日

暑中お見舞い申し上げます

皆々様、暑中お見舞い申し上げます。

と言えば、この歌!
キャンディーズの1977年のヒット曲。
(カラオケ嫌いのこの私のこの時期限定の十八番です^^)

(ウーーーーワッ!)

暑中〜ぅぅ〜お見舞い申し上げ〜ます〜♪

まぶたに口づけ(アハハン♪)
受けてるみたいな(ウッフン♪)
夏の日の太陽は〜 まぶしくて〜♪
キラキラ渚を 今にもあなたが♪
かけてくる しぶきにぬれて♪

短い夏休みの小旅行を終えて、昨晩、無事戻ってきました。
皆様、コメントありがとうございました。

旅行談はまた後日というわけで・・・

それにしても暑い晴れ
夏本番のうだるような暑さですビール

こうやって、この暑さを楽しんでいる人もいまするんるん

2006-08-06 14-37-18_0054.jpg


たまにはこういう暑さもいいかな。

な・ぜ・か パラソルにつかまり〜♪
あなたの街まで飛べそうで〜す♪
 
今年の夏は〜はあぁ 胸まで熱い♪
不思議な 不思議な夏です♪

暑中お見舞い申し上げます・・・♪
posted by F邸のあるじ at 17:09 | ロンドン ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月02日

夏休み

麦わら帽子は もう消えた♪
たんぼの蛙は もう消えた♪
それでも待ってる 夏休み♪


by吉田拓郎


明日、明後日と夏休みを取ります。

我が社の夏休みは3日もうやだ〜(悲しい顔)
いつでも好きな日に取って良いことになっています。
そのうち2日を明日、明後日に使います。
土曜日曜とくっつけて4連休。
例年はこれに有休を付けますが・・・

   それ〜でも〜 みじ〜かい 夏休み♪

貧相な夏休み。
それが私の夏休み。

日本にも、いつの日かヨーロッパ諸国のように長期バカンスを楽しめる日が来るのかしらん?

ヨーロッパの人から見たら蚊の鼻息のような私の夏休みですが、思う存分楽しみたいと思います。ひとまず明日から2泊3日の家族旅行。

ということで、皆様のブログにお邪魔するのは早くても5日の土曜日となります。

すいかを食べてた 夏休み♪
水まきしたっけ 夏休み♪
ひまわり 夕立 せみの声♪
posted by F邸のあるじ at 21:55 | ロンドン ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月01日

通勤カバンが欲しいなぁと思う今日この頃

今使っている通勤カバンは8年前に買った吉田カバンです。
ラゲッジレーベルブランドでノートPC対応のものでした。色は草色。

結局、ノートPCを入れたのは1〜2回。
毎日、弁当や書類や文庫本を運んできました。

最近、このカバンは私の酷使によって、みすぼらしいくらいにクタクタになってきました。
汚れも目立つ目立つ。雑草の色になってしまいました。
2WAYだけどショルダー部分が壊れて使えない。
それに弁当を入れると他に何も入らないのも困りもの。
打合せ資料などがたくさんあるときには、いつも別の手提げカバンを用意しないとなりません。

ちょっと不便。

そこで、カバンを新調して気分一新という結論に!

でも、いろいろリサーチしましたが、「これだー!」と思えるカバンが見つかりません。

現段階の候補は以下のとおり。

◆TUMI
機能性はピカイチ、すごく丈夫そう。細かいことまでよく考えて作ってある。でも、真っ黒のデザインが今ひとつ。お値段も高いし、社内でもTUMIユーザーがいるし、通勤途中でもよく見かける。

◆吉田カバン
今使っている。ファスナーなど基本的な作りは満足。でも使い勝手はよくなかったし、ファスナー以外のところがアッという間にダメになった。使っている人が多い。デザインは嫌いではない。

◆ラガシャ
機能性に関してはTUMI並み。値段も安い。ちょっと安っぽいかなぁ。

◆イタリア系(フェリージ、フランクダニエル、オロビアンコ等々)
色づかい、デザインともに秀逸。その分、使い勝手が悪そう。それに高い。汚したら目立ちそうー。

◆ビクトリノックス
スイスのナイフメーカーのビジネスバッグ。見た目はTUMIと変わらない。機能的。安い。でも、真っ黒のデザインが・・・。

◆ゼロハリバートン
丈夫というより頑丈。機能的ではない。重たそう。使いづらそう。お金を運んでいるイメージあり。

◆BREE
言わずと知れたヌメ革。無茶苦茶格好良い。使えば使うほど味が出そう。メンテ大変?雨の日は?

とまぁ、こんな感じです。
決まりません。
会社の近くのデパートに何度となく通ってはストーカーのごとくカバンを眺めています。

何を重視するかと言うと、やはり機能性。
丈夫であるかどうか。
デザインはこれらと比べると少し譲る(恥ずかしいのはいやだけど)。

と悩み節ではありますが、あれこれ悩んでいる今が楽しいのかも。

でも、盆までには買うぞー!
posted by F邸のあるじ at 20:24 | ロンドン ☀ | Comment(15) | TrackBack(2) | モノ・家電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。