2006年07月24日

笑う気持ち

先日、ワラビ餅を食べた話をしました。長女はワラビ餅をとても気に入ったみたいですが、
『わ・ら・び・も・ち』と上手に発音できません。

なぜか『笑う気持ち』となります。

なるほど似ています。

長女は2才9ヶ月。
とかく言葉の発音が不明瞭な時期です。
何を言っているのかわからないことがあります。
だけど、こっちも娘をからかいながら日々楽しんで相手しています。

娘は新しいことばを覚えるとき、
デタラメのまま覚える場合、似たような言葉に置き換える場合とがあります。

『笑う気持ち』は後者になります。
『笑う』も『気持ち』も最近覚えた言葉です。
でも、どっちも食べ物でないことくらい知ってるのに!

他にはNHK教育の「えいごであそぼ」という番組の中で

hallo! what's your name?♪

という歌があり、よくマイクを手に歌っていますが、
「はーろー♪」まではきちんと歌えるのに、その次を知っている言葉に置き換えて歌います。


<正>hallo!what's your name?♪

<長女>はーろー!よんちょーめー♪


漢字で書くと「四丁目」

ひがし、む〜らや〜ま、よんちょーめー♪(by志村けん)


もうやだ〜(悲しい顔)


ホントにいろんな言葉を覚えて、口に出すようになりました。
毎日「これなーにー?」を連発しています。
ときには言葉にできないものを指さして尋ねてくることがあります。
人物であっても「これなーにー?」と聞いてきます。

貪欲に物事を認識しようとしています。

スポンジに水が染み込むように、一つ一つのことばが柔らかい脳に沢山沢山インプットされています。

いつまでこういう状態が続くのかわかりません。
長女が普通に話できるようになったら、次は次女の出番です。

しばらくは娘たちの“ことばあそび”楽しめそうです!
posted by F邸のあるじ at 19:21 | ロンドン | Comment(7) | TrackBack(0) | 愛娘

2006全英オープン

タイガーの目にも涙。

父ちゃん亡くなったのが今年の4月か5月だったかな?
その後、しばらく試合を休んでましたが、復帰後の全米オープンでは予選落ち、そしてウエスタンオープンに出場し2位となる。

そして、全英オープンで、優勝!

ウイニングパットを決めてしばらくキャディのスティーブに抱きついて泣いていました。

日本時間で夜中の2時過ぎのこと。

こっちも見ていて熱くなりました。

この大会でも人種差別的な行動が見られました。
タイガーが強すぎるからなのか、タイガーがショットのルーチンに入っているのにもかかわらず故意に音を立てたりする嫌がらせがありました。

そういったいろんな壁を乗り越えての亡き父に捧げた勝利だったので、格別だったのでしょう。

でも、

ゲーム自体は面白くなかったなぁ。
期待のガルシア、エルスは弱い。
タイガーが強すぎるから彼らの弱さが際だってしまうのかしら。
ガルシアはイップス気味だなぁ。心配だ!

優勝候補に挙げた選手は悉く予選落ち。こらー何しとるー!

もっと風が吹いてくれたらよかったけど、こんなコンディションなら誰もタイガーに歯が立たないだろうなぁ。

今の選手の中からタイガーを倒す選手は見あたらない。
やはり実力が1枚も2枚も・・・いや桁違いです。

それだけ歴史に名を残す希有な存在なんでしょう!

次は全米プロです。

なんだかんだ言っても次も欧州の選手を応援しますよ!
posted by F邸のあるじ at 18:43 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。