2006年07月01日

暑さに耐えきれず、くずきりを食す

あまりにも暑い毎日晴れ
気象庁の天気予報も巨人の連敗並みかそれ以上にはずしまくっています。
昨日から、今日は本降り雨と何度聞かされたことか・・・。
今日もほとんど降らない曇り(それで助かってはいるけど^^)
週間予報なんてホントにあてになりません。

天気予報は外れても、あまり風当たりが強くならず、責任問題に発展しないからなぁ。

とまたもやボヤキの導入部分。

さて暑い日には生ビールを大ジョッキビールでグビッっというのも至福の楽しみでありますが、もう少し品良くつるつるとヒンヤリしたのどごしを楽しみたいものです。

そこで、金曜日の夜、JR京都伊勢丹の地下に入ってる笹屋伊織くずきりを買いました。

くずきり1.jpg


このように竹筒(プラスティックですけど)の中にくずきりが入っていて、これを左の竹の棒で押し込んでニュルニュルと突き出すという、食べる前にも楽しめる京都らしい一品となっています。

筒の先が網目のようになっていて、そこから押し出されると麺状となり、
それに黒蜜をかけるとできあがり。

くずきり2.jpg


写真がおいしそうに見えないのは全て私の責任です。
ツルっとしたくずきりに、甘すぎない黒蜜がうまくからまってとてもおいしい手(チョキ)
見た目も涼しげな上に、食感もまた良し。

でも量がちょっと少ないかな^^

毎日暑いと、こういった食べ物が素晴らしく思えてしまいます。
京都の和菓子は味の良さを売りにしているのは勿論ですが、そういった人の心を上手く掴んで、演出するのも非常に巧いなぁと思います。
posted by F邸のあるじ at 23:23 | ロンドン | Comment(5) | TrackBack(2) | グルメ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。