2006年06月22日

きれいにはっきりと見えています

梅雨雨、そして梅雨の合間に見せる強い陽ざし晴れ
木や花はたっぷりの栄養をもらって成長しています。

緑の色が濃くなるこの季節。

朝、駅までの短い距離を歩く間にも緑色のきれいな葉っぱに目が向きます。
雨上がりなら空気が澄んでいるから一際きれいに見えます。
深い緑色が重なりあって、一枚一枚がきれいな色をしています。

私は、葉っぱ一枚一枚がはっきりと見える度に意識します。

何を?

自分はコンタクトレンズを通してこれらの葉っぱを見ているんだなと。

夜、月や星を眺めるときも同じことを意識します。

コンタクトを使う前は眼鏡眼鏡を、眼鏡眼鏡をかける前は、もちろん目目がよかったわけで・・・

小〜中学校時代は、視力は2.0とおつりが来るほど良く、目がいいのが一つの自慢でした。

それが、高校になって、勉強をするようになったからかどうかはわかりませんが視力が低下し、高校1年の頃には、後ろの席からでは黒板の文字が見づらくなっていました。
それで渋々眼鏡眼鏡をかけることにしました。

眼鏡眼鏡には抵抗がありましたが、かけてみると、
今までハッキリ見えなかった黒板の文字や校舎の窓から見える校庭の石ころが実に鮮明に見えたことに感激したのを覚えています。

そして、大学に入って、より視力が低下してきましたので、思い切ってコンタクトに変えることにしました。

レンズを通さず肉眼に近い形で、雲曇り、月三日月、星ぴかぴか(新しい)、そして遠くに見える山、そして木々の葉っぱ一枚一枚が美しく見えることに、これまたえらく感激してしまいました。

コンタクトは、目にゴミが入ったときの強烈な傷み、日々のメンテの煩わしさ、レンズ代が高いなどデメリットも感じますが、やはり綺麗に見えることに幸せを感じます。

今自分の視力が裸眼でどれくらいなのかわかりません。
最後に測ったのが大学のときですが、そのときは0.2か0.3だったかな?

うちは妻もコンタクト。娘二人もいずれは悪くなるんでしょう。

今の時代、テレビTVはもとより、パソコンにゲーム(我が家にはありませんが)など、目に良くないものばかり。
視力が落ちるのは必然というか、そういった環境に馴染んでいるだけなのかもしれません。

最近は、レーザー手術によって視力を回復することができます。
タイガーウッズは昔コンタクトをしており、よくコース上で目にゴミが入り顔をしかめるシーンがありました。それが、レーザー手術してから調子も上向きとなり、今の黄金時代を迎えております。
そういや、松坂大輔 、ラサール石井、エルトン・ジョンも手術したと噂で聞きました。
でも、私には怖くてできません。(お金の問題もありますけどね^^)

そう言えば、今使っているレンズは3年以上経ってるわ。
寿命ですね。買い替えないと!
posted by F邸のあるじ at 18:02 | ロンドン | Comment(15) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。