2006年06月13日

男のロマン『秘境駅』

男の子は乗り物が大好き。
誰しもミニカーやプラレールで遊んだことがあるのではないでしょうか?

かく言う私も乗り物大好き人間で、ミニカーやプラレールをはじめいろんなオモチャで飽きもせずよく遊んでいました。

乗り物大好き人間が、くるま派車(セダン)と鉄道派電車に分かれるならば、私はバリバリの鉄道派。今は自分で運転するくるまも好きではありますが、子どもの頃からずーっと一貫して鉄道が大好きです。

小学校の3年生か4年生のころに買った「国鉄駅名全百科」(確かそんな名前だったような気が)は、地図帳とともに私のバイブルでした。本がバラバラになるまで眺めていました。今でもいろんな駅や路線の名前を覚えています。

あぁ、懐かしい。

鉄道でも、都会の鉄道ではなく、田舎のローカル線が大好きです。
乗るのも、眺めるのも、車両も線路も駅も好きなんだなぁ。

草ぼーぼーの中の線路に哀愁を感じます。
人気のないホームや駅舎に愛情を感じます。

北海道の駅が好きで、荒涼とした原野にあるポツンとした駅にロマンを感じてました。

変な小学生です。

変態かもしれません。

さて、世の中には似たような考えを持ち、それをとことん突き詰める方がいらっしゃるようで・・・

先日読み終えた本の著者は、そういった寂れた(利用客のいない)駅に魅力を感じて旅をされています。

牛山隆信さんで、その著書が『秘境駅へ行こう』

秘境駅.jpg


牛山さんはもともと同名のHPを立ち上げており、私もブックマークして楽しんで見てました。この本は、HPの内容を取りまとめたものとなっています。

さて、牛山さんが追い求める「秘境駅」とは・・・

牛山さんの言葉を引用すると
『「利用価値が希薄」な駅、「存在自体が無駄」と思われる駅』
となります。

人が誰も住んでいないところにある駅、駅へ通じる道がなかったりして誰も行くことのできないような駅です。

そんな駅があるのか?と思いますが、それがたくさんあるみたいです。

この著者は、そういった駅を丹念に調べて、実際に現地へ見に行くのを楽しみとされています。

このような秘境駅へ行くには数々の苦労があるようで、そもそも便数が少なく、時刻表とにらめっこしたり、場合によっては鉄道駅なのに鉄道を使わず、最寄りの場所から歩いていったりされています。

牛山さんは、普通に会社勤めされてて、奥さんもお子さんもいらっしゃる身分。それでいて、自分のロマンを追い求める姿勢にジェラシーを感じてしまいます。

あぁ、こうやって書いてると田舎に行って、ローカル線に乗って、いろんな駅を見たくなってきました!

皆さんのご近所に謎の駅ありませんか?
posted by F邸のあるじ at 19:06 | ロンドン | Comment(8) | TrackBack(2) | 読書

《指定》バトン⇒《愛》バトン

ももさんから『指定付きバトン』を受け取りました。
【指定】したものに対する思いを答えるようですが、その指定がなんと【愛黒ハート】じゃありませんか!?

あぁ、なんという難しいお題を回してくれるのでしょう。

これも、ももさんからの愛情揺れるハートだと受け止めてお答えいたしましょう^^

でも、別に《愛》だからと言ってギラギラする年でもあるまい。
《愛》は人間が動物が本能的に有している基本的な感情であります。
ここは思うままに素直に答えてみましょ!

◆最近思う 《愛》
最近思う愛・・・
結婚して、子どもが生まれて・・・価値観が大きく変わっているのに気付きました。何においてもまず「自分」だったのが「家族」「娘」優先の考えに変わりました(ときれい事を言いつつ保身のために行動することは多々あります)。特に娘に対しては、何とも言えない愛情を感じております。
「生あるものをかわいがり大事にする気持ち」=いつくしみの感情です。
これが最近思う私の《愛》です。

◆この《愛》には感動!!!!
感動した《愛》・・・
一昨日、録画がたまっていた某海外ドラマを見て感動して泣いてしまいました。親子の愛情もののお話。映画やスポーツで泣くことはしばし。この記事この記事で紹介したとおり。
あと、昨年5月27日に放送したNHKの人間ドキュメントには感動しました。号泣。障害者のいる大家族がみんなで支え合いながら頑張って生活を送っているというお話。特に母ちゃんと兄ちゃんの頑張りには、並々ならぬ《愛》を感じました。やはりここでも家族《愛》。
自分の実生活では二人の娘の誕生の瞬間には泣けましたが、普段は坦々とした毎日。感動する《愛》には遭遇しておりません。

◆直感的《愛》
な、なんじゃ?直感的な愛とは???
直感を信じていた時代もありますが、今も密かに信じていたりしますが、その見極めには相当慎重になってきています。
昔はいろいろありましたが、最近は直感を感じる場面が少なくなりましたな〜(遠い眼差し)

◆好きな《愛》
「無償の愛」
なんというか、これ見よがしの人はあまり好きになれません。なんか一々説明しながら、言い訳しながらというのがダメ。男は黙って勝負。それで敗れても「敗軍の将、兵を語らず」これが生き方の美学だと思い込んでおります。
ちょっと違うかもしれなけいど、「無償の愛」もそんな感じ。何の見返りを求めてはならない。愛とはそう言うものだと思うのであります。
娘や家族に対する愛情もまさにこれなんでしょうね。

◆こんな《愛》は嫌だ!
《愛》ならなんでもOK。どんな愛でもウェルカムです。
「偽善の愛」は《愛》ではありません、「禁断の愛」は・・・?

◆この世に《愛》がなかったら・・・
とかくこの世は愛が薄くなってきた、と感じております。
凶悪事件などは論外ですが、身近なところでも愛が失われているような。
人と人とのふれあいがなくなった時点で「世の中」というものが成立しなくなります。
愛のない世界、無味乾燥な世界は完全なる「無」を意味します。
逆を言えば、愛があるからこそ、この世は成り立っているんですね。
『愛こそすべて』(by ジョン・レノン)

◆次に廻す人、5人(『指定』付きで )選びます
《愛》を指定しませんのでご安心を^^
いろんな人の《指定》を聞きたいけど、以下のお三方をピックアップします。

Nむらさん、《住宅》でお願いします。本音でも営業用でもかまいません。
northinさん、今年はどうですか?《阪神タイガース》でお願いします。
無印筆者さん、愛情をひしひしと感じます。《おぐうさん犬》でお願いします。

これは真面目に考えると面倒なので、バトンを受け取る・受け取らないはお任せいたします。もし、暇があって、気が向いたらなら、お付き合いのほどを・・・。
宜しくお願いいたしますm(__)m

テンプレは以下のとおり。《○○》に各指定のキーワードを入れてお題としてください。

==================================================

◆最近思う《○○》
◆この《○○》には感動!!!!
◆直感的《○○》
◆好きな《○○》
◆こんな《○○》は嫌だ!
◆この世に《○○》がなかったら・・・
◆次に廻す人、5人(『指定』付きで )選びます


==================================================
posted by F邸のあるじ at 12:39 | ロンドン | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。