2006年03月31日

頭の形の問題

生まれたばかりの赤ちゃんは頭の骨が柔らかい。
いつも決まった方向に寝かせ付けると頭の形が歪(いびつ)になります。

これが尾をひくと大きくなって頭の形の悪い人間となってしまいます!

それが私です。

何を隠そう実は私は絶壁なのです(カミングアウト)
スパッと切り落としたような後頭部です。

赤ん坊のころの写真を見るとヌリカベのようです。奥行きのない頭です。
今現在も後頭部は失われたままで、横からの写真を見ると芸術的な断崖絶壁です。
後頭部に入るべき脳みそはどこへ行ったんでしょう。
皆目見当がつきません。

さて、私のことはもうあきらめてますのでかまいません。

問題はうちの2人娘です。ともに頭の形が良いとは言えません。
長女のことは・・・書くのやめときます。
(髪の毛が伸びてくれば大丈夫)

赤ん坊である次女ですが、冒頭にも書いたように、いつも決まった方向に寝かせていたため、だんだんと形が歪んできました。

ちょっと図を用いて説明してみましょう。
上から見た図です。
(注)行間が空きすぎてちょっと間延びしたイメージとなります

まず、まともな頭の形。こんな感じでしょうか?
後頭部の出っ張りが中心線(鼻の後ろ)上にあります。

□□□■■■■■□□□
□□■■■■■■■□□
耳■■■■■■■耳
□□■目■■■目■□□
□□□□□□□□□□


なら、絶壁である私の場合は

□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■□□
耳■■■■■■■耳
□□■目■■■目■□□
□□□□□□□□□□

   
こんな感じで、あるべき後頭部がありません。

では、現在の次女の頭は

□□□□□□■■■□□
□□□□■■■■■□□
耳■■■■■■■耳
□□■目■■■目■□□
□□□□□□□□□□


こんな感じで片方に流れております。
ええ、そうです。
液体のように流れてしまってます。
強風に吹きさらされたバオバブの木のようです。
おまけに絶壁並みに奥行きがない。

さて、これを改善してやらねばと買ってきたのが、こちらのドーナツ型枕。

ドーナツ枕.JPG


ミッフィーの絵が描かれた中心部が少し窪んでいます。
その窪みを活用して、一方ばかりに頭を傾けようとする癖を矯正するのです。

頭の形は生後6ヶ月までの間に決まってしまうとか。
失われた後頭部や流れた頭をもどさねばなりません。
次女のトレーニングがはじまりました!ガンバレ!

ちなみに、私がこんな枕で寝ても、窪んだ穴に入るべき後頭部がありませんもうやだ〜(悲しい顔)
posted by F邸のあるじ at 00:05 | ロンドン ☁ | Comment(18) | TrackBack(0) | 愛娘

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。