2006年03月22日

WBC、日本が世界一!

よくお邪魔するブログにはWBCに関するコメントをせっせと書き込んでおりましたが、長いコメント書いてばかりでご迷惑おかけしておりましたので、自分のブログでもWBCと日本優勝(世界一!)について思うことを書いてみることにしました。

自己満足的な長い文章になりますがお許しを!!


まず、決勝は素晴らしいゲームでした!
初回の猛攻、追加点、そして1点差に迫られた最終回のナイン一丸となってのだめ押し点。
西岡のプッシュバント、イチローの芸術的な流し打ちによるタイムリー、川崎の右手でタッチした本塁へのスライディング。
この巧みさこそが日本を世界一に導いたのだと思います。
イチローは最後は気合いだったと語ってました。勿論気合いもありますが、やはりこういう巧みで緻密な野球(スモールベースボール)ができたからこそ世界を制したのだと思います。

イチロー、西岡、川崎らの繋げる打線と上原、松坂の両輪、抑えの大塚の存在が大きかったと思います。
こういう短期決戦でも4番打者ばかりそろえては勝てるはずもなく、いろんな技を使える職人さんは不可欠だと思います。

MVPは結果的に松坂が取りましたが、日本人の多くは王ジャパンの戦力面・精神面の大黒柱となったイチローにあげたかったのではないでしょうか?
あそこまで有言実行できる人間はすごい!
韓国に2敗した後には記憶がなくなるほど酒を煽ったそうですね。
その後の準決勝では3安打&2盗塁!
これまでのクールなイチローとは全く違う人間くささを垣間見た気がします。
でも、彼は、まだまだイチローを演じているような気もしますが。

話はそれますが、松井がいなくても世界一取ってしまいましたね^^
彼も少し落ち着かないんじゃないでしょうか?

2次リーグで韓国に敗れたときには、王監督の采配やここぞというときに活躍しない松中や福留にがっかりし、ネガティブ思考に陥ってしまいましたが、猛省です。
王さんはやはり凄い。よく頑張ってくれました!

と、決勝でのことを中心に書きましたが、この大会で最も印象的なのは、2次リーグでの韓国戦以降をずーーーっと引きずってきたもやもやした気持ちを思いっきり吹っ飛ばしてくれた準決勝での福留の2ランでしょう!
何度見ても気持ちがスカーーーッとする一発です。

このWBCですが、松井をはじめ辞退する選手が多く、日本もそもそも米国主導のこの大会への参加が乗り気ではありませんでした。
また1次リーグの東京ドームの試合では観客がまばらで本当に盛り上がるんかなぁと危惧しておりました。
それが、歓喜の喜びの中、最高の形で幕が閉じようとは!!!
問題・課題が山積した第1回大会でしたが、初代チャンピオン日本の名が消えることはありません。

ちょっと話が変わります。

WBCの課題として指摘されているのが、米国(MLB)があらゆる面で有利に運ばれるはずであった大会プログラム。
米国はスター軍団を作りましたが、2次リーグ敗退。
実は同じ事がこれまでの日本のプロ野球界にも言えるのではないでしょうか。
今回のWBCで世界ベースボールの盟主である米国と似たようなことをしてたのが、日本プロ野球の盟主・巨人だと思います。
巨人も有利となるドラフトやFAの制度を作って、スター軍団を作りました。巨人偏重となる試合日程等にも疑問が寄せられてました。
しかし、結局は野球離れ(と言いつつ、実のところは巨人離れ?)という現象を引き起こしました。
米国も巨人も屈辱を味わいながら、反省していることでしょう。
(別にアンチ巨人ではありませんので!)

さて、これで日本のプロ野球の人気も少し上向くかもしれません。
さりとて従来スタイルの野球中継の視聴率が大きく上がることはないでしょう。
球場に足を運ぶ人、ネットやCSなどでお金を払って中継を見る人が増えるのではないでしょうか。
そして、Jリーグのように地域密着型となり、少年野球や草野球レベルの裾野が広がり、ボールパークがあちこちに出来るようになるといいですね。

ともあれ、一野球ファンとして、今回の優勝はとても嬉しく、また今年のペナントレースが楽しみであります。

優勝の余韻に浸りながら、3年後に連覇を狙うJAPANがどんなチームになるのか楽しみにしたいと思います。
あ、次は米国も本気モードで来るでしょうから、日本も次こそは文句のない最強メンバーと最強スタッフとなることを期待します。(特に監督は人気だけで選ばないでくださいね!)

以上、長文・駄文にお付き合い下さいまして、どうもありがとうございました。
posted by F邸のあるじ at 19:38 | ロンドン | Comment(10) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。