2006年02月28日

新生児微笑

次女ですが、まだ生まれて一ヶ月と十日あまり。
ひたすら寝て、起きて、おっぱい飲んで、また寝てを繰り返す毎日が続いております。

まだまだ表情というものがありません。
こちらが一所懸命抱っこしたり、あやしたりしても無反応。
嫌なときはむずがったり、泣いたりするくらい。
当然と言えば当然です。

でも全く無表情ばかりではなく、たま〜に笑顔の練習をすることがあります。
こっちが抱っこしてて、ふと次女の顔をのぞくとニーーーっと笑っている。
ベビーベッドで寝ている折りに、ふとのぞいてみると鶴瓶師匠みたいにベーーーっと笑っている。

「な、何じゃ、気持ち悪い!」

練習なのは分かりますが、不意をつかれると不気味に思えることもあります。

次女の笑顔は、気まぐれにやってくることが多いです。
しかし、必ず微笑むときがあります。

それは、2歳の長女が次女の顔に近づけたときです。
我々が次女をあやすときに顔を近づけたりするのですが、それを長女が真似をして、次女の顔に1cmくらいの距離に接近します。まるで大リーグの抗議のシーンのようです。
「おいコラッ!長女、何をするんだ!」
次女がびっくりするかと思いきや、ニコっーーーと嬉しそうに笑顔を作っています。

へぇ〜〜〜!

我々が顔を近付けてもいつも無表情なのですが不思議です。
まだ生まれて間もないけど、お姉ちゃんの気配を楽しいものとして感じているみたいですね!

こういう新生児の微笑のことを『新生児微笑』と言うそうです。
新生児微笑:産まれたばかりの赤ん坊が眠っている間に微笑する現象。この微笑は一部のサルにも起こるらしいが、本能的なもので、感情の表出というわけではないらしい。この微笑は母親の注意を惹き世話をさせる効果がある。自然の生き残り戦略の上で、遺伝子に組み込まれた仕組みなのだろう。

ここで言う一部のサルとはチンパンジーのことです。
笑う動物は人間だけかと思っていました。

「笑う」ことは大切なことだと思います。
娘よ、せっせと練習に励みこれからの長い人生たくさん笑うことのできる人になってくださ〜い!父ちゃんより。
posted by F邸のあるじ at 18:14 | ロンドン ☁ | Comment(12) | TrackBack(1) | 愛娘

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。