2006年02月14日

屁理屈抜きで面白い!

これまであまり書いていない読書ネタです。(唯一の記事はこちら

電車での通勤、昼休みで時間が余ったときなどは、いつも本を読んでいます。
良く読むジャンルは、純文学やミステリーかな。

好きな作家は・・・あまた

純文学の世界では、
ドストエフスキー、ヘッセ、山本周五郎、夏目漱石、武者小路実篤、志賀直哉、安部公房・・・

ミステリーでは
海外モノでは、クリスティ、クィーン・・・
最近の日本モノでは、宮部みゆき、天童荒太、浅田次郎、東野圭吾、帚木蓬生・・・

世にはいろんな職業がありますが、小説家ってホントに凄いなぁと頭が下がります。
100回生まれ変わっても自分にはなれないと思います。
もちろん筆の力は言うに及ばず。そして、いろんな立場の人間を創造し、舞台背景について膨大な取材をして、そしてドラマ・ストーリーを構築していく・・・
こんなこと私には絶対できません。

特に、私の好きなミステリー小説は話の辻褄合わせが重要になってきます。いろんな伏線を張って、それが最後にどんでん返しとなって話を収束させなければなりません。
話は逸れますが、ミステリーの中でも古典的な推理小説には犯人探しに重きをおいたものが多いですが、理系出身の私はパズルを解くような謎解きモノの小説も大好きです。
こういうストーリーを作るには豊かな想像力と非常に緻密な構成力が必要です。
凡人の私には到底無理なことです。

さて、いつものように前置きが長くなりましが、先日読み終えた小説が、もう屁理屈抜きで面白い小説(某巨大掲示板のスレッドのタイトルを借用しました)でした。

宮部みゆき『模倣犯』です。

昨年の末に文庫版が登場しました。
全5巻。総ページは2,500ページ超!?
大作で長〜いお話ですが、そのストーリーの面白さから次から次へとどんどん引き込まれていきます。ページをめくるのが楽しくて、寝る時間も惜しいくらい続きが読みたくなります。

模倣犯.jpg


話の中身・感想については一切語りません!(今後読まれる方のために)
でも、ホントに面白かった。
もし読まれる方がおられましたら、本の裏表紙に書いてあるあらすじを読まないことをお勧めします。ストーリーにからむことも書いてありますから(これってどんな小説でもそうですけど)。何の予備知識も無しで一気に読んでください!

宮部みゆきって、どの作品も面白いです(面白い以外の言葉が出てこない^^;)。
筆力があるんでしょうね。
また、面白い本本があればこの場で紹介したいと思います。
posted by F邸のあるじ at 12:55 | ロンドン ☁ | Comment(17) | TrackBack(0) | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。