2006年02月13日

冬の琵琶湖畔にて

土曜日、長女と買い物に行ったついでに、草津の百姓さんの記事を思い出してコハクチョウが飛来している琵琶湖の畔に立ち寄ってみました。

コハクチョウは、はるか4,000kmも離れたシベリアから毎冬ここ草津市に集まってきます。
この草津市が飛来地の南限だそうです。
今年は飛来数が多いとか。この寒さの影響なのかもしれませんし、ボランティアの方々による手厚い歓迎がハクチョウにも伝わっているのかもしれません。

このコハクチョウを見に来る人たちで近くの駐車場は満車です。
仕方なく隣の駐車場に停めて、ハクチョウさんのいるところまで少し歩きました。

コハクチョウ1.JPG


コハクチョウが優雅に佇んでいます。
コハクチョウの他にもユリカモメ、カモなどの水鳥が集まっていて、すごい数です。
すき間が無いくらいに密集しています。
鳥、鳥、鳥・・・ヒッチコックの映画のようです。

コハクチョウ2.JPG


ちょうど、そのときに、ボランティアの方が餌をやる時間となりました。
すると、より一層多くの鳥が集まってきます。

コハクチョウ3.JPG


ユリカモメの舞い。
何とかして餌をとろうとしています。

ユリカモメ.JPG


それを遠目で眺める娘。

コハクチョウ4.JPG


どう感じているのかなぁ。
自然とふれあえる場所が家のすぐ近くにあることを幸せに思ってくれれば良いのですが。
posted by F邸のあるじ at 12:59 | ロンドン 🌁 | Comment(16) | TrackBack(0) | お出かけ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。