2006年01月31日

父ちゃん、にんまりと微笑む

うちの長女は2歳3ヶ月になりました。

ついこの間までは、人見知りがきつかったり、ちょっとしたことですぐ泣いたりして、親としていろいろ心配をしておりました。
それが、ここ1〜2ヶ月の間でいろんな言葉を話すようになり、また人にも少しずつ興味を持つようになりました。
ごくたまにですが「バイバ〜イ」、「こんにちは」、「ありがと」と自ら進んで言うこともあります。

特に、少し年上の子どもには「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と言って、嬉しそうに走って近づいていったりもします。でも、言われたお兄ちゃん、お姉ちゃんたちも戸惑うのか、うちの子を気味悪がったり、逃げだしたり、無視をしたりいろんな反応を示します。そんな場の雰囲気を娘は理解するべくもなく、さらに「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と言いながら走っていきます。お気の毒!

さて、このように上の子には興味を持っていますが、下の子(赤ちゃん世代)に対しては全く無関心と言っていい状態でした。

我々夫婦は生まれてくる赤ちゃんに対して上の娘がどういう反応を示すのか、興味もあれば不安もありました。家の中では、これまで父親、母親ともに独占できていたのが、妹が生まれて、それもできなくなる。
嫉妬してしまうのではないか?
下の子にも興味を示さないのではないか?

でも、それは杞憂でした。

生まれるや否や「赤ちゃん」「かわいい」「いもうと」「にょしにょし(よしよし)」と言葉をかけるようになりました。これまで妻の大きなお腹をさすっては同じことを言っていたので、娘の中では、お腹の子が赤ちゃんとなって出てきたことを理解しているのかもしれません。

家に帰ってからも(現在里帰り中ですが)、赤ちゃんが泣き出すと、やれ抱っこせえ!オムツ替えろ!だのゼスチャーで命令してきます。立派な世話焼き姉ちゃんです。

あるとき私と妻が赤ちゃんから少し離れたところで話をしていたら、赤ちゃんが少しグズグズ言い出しました。
赤ちゃんのいる部屋の方を覗いて見ると・・・

上の娘が赤ちゃんに顔を寄せて
「赤ちゃん、どうしたの?」
「にょしにょし(よしよし)」
と頭をさすっているではないですか!

このなんとも言えないほんわかした和みの光景を目の当たりにして、
思わずにんまりと微笑んでしまいました。

あっ、ボヤッとしている場合ではない!
動画を取ろう!
いやいや写真だぁーーーーー!
posted by F邸のあるじ at 12:18 | 滋賀 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。