2006年01月25日

映画好きではない私の好きな映画

何の脈絡もなく映画の話です。

映画の話をしますが、実は映画って、映画館でもテレビでもビデオ・DVDでもあまり見ません。ここ数年、一作品も見ていないです。(少なくとも2000年以降は見ていない)
映画好きでもないし、映画を見ることに関しては人並み以下です。

それでも、中高生、大学初期のころはたまに映画館に足を運んだり、土日の晩はテレビで映画を見たりしていました。感動する作品、楽しい作品にも出会ってきました。でも、あるときから、映画を見るよりも本を読むことに力を注ぐようになってしまい、自然と映画を見ることから遠ざかってしまいました。

ですから、見た映画の本数は非常に少ないです。

その中にも、気に入った作品、感動した作品はあって、それを書き残しておこうと思い本日、記事として取り上げてみました。


◆◆◆私の好きな映画ベスト3(順不同)◆◆◆

『街の灯』(1931)チャールズ・チャップリン監督
チャップリンのサイレント映画です。目の不自由な女性とチャップリンとの交流を画いた作品。2回見ましたが2回とも泣きました。チャップリンの映画は初期、中期、後期どれも好きですが、一番泣けるのはこの作品です。

『心の旅路』(1942)マービン・ルロイ監督
ジェイムズ・ヒルトン原作。記憶を無くしたの男の物語。一度しか見たことありませんが、ラストで猛烈に感動したのを覚えています。

『自転車泥棒』(1948)ヴィットリオ・デ・シーカ監督
有名なイタリア映画。これまた2回見て2回とも泣きました。自転車を盗まれた父子の物語です。非常に刹那的な話ですが、父子の関係に感動を覚えました。こういう作品に弱い。大好き。

(詳しいレビューはamazonとかを参考にしてください。)


どれもテレビで見ただけですが、涙がちょちょぎれんばかりの感動作です。

うちにはDVDプレーヤーがありませんが、購入した暁には、これらの3枚の作品のDVDを購入したいと思います。(そのころは次世代DVDになってるかな?)

最近の映画にも感動作はあるのでしょうか?
映画のことは全然知らないので最近の情報など全くわかりません。
記事を書いてて、やはりいろんな面白い作品があるにもかかわらず、そっぽを向いているのは何だかもったいない気がしてきました。
posted by F邸のあるじ at 12:49 | 滋賀 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | TV・映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。