2005年12月26日

アイリッシュ音楽はいかが?

寒い日が続きます。冬至も過ぎて昼は長くなりますが、寒さはこれからが本番です。

こういう寒い日には、心あたたまるアイルランドの音楽はいかがでしょうか?

これまで訪れたいろんな国の中でも、とりわけ好きなのがアイルランドです。
人の良さがあって、自然が美しく、パブで楽しめる、音楽も楽しめる、ゴルフも楽しめる、そういう国です。アイルランド旅行を計画してたときに、エンヤの実家やU2ゆかりのパブとかそういう情報も目にしました(アイルランドへの旅に関しては、機会があればブログで綴ってみます)。音楽とは切り離すことのできない国でしょう。

アイルランドのミュージシャンといえばU2、エンヤ、シン・リジィ、ザ・コアーズ、クリス・デ・バーといったところが有名でしょうか。
そういったアーティストが並ぶ私のCDのライブラリーから、アイルランド出身ミュージシャンのアルバムを3枚セレクトしてみました。ベストという意味ではありませんが、面白そうなのを紹介してみます。

アイルランド3枚.JPG


では、左から

ヴァン・モリソン&ザ・チーフタンズ
『アイリッシュ・ハートビート』(1988)

名のとおり、アイルランド人のハートを唄う名盤。アイルランドのトラッドミュージックの大御所ザ・チーフタンズと孤高のボーカリスト、ヴァンモリソンが競演しております。アイリッシュトラッドの非常に優しく力強い音色に、ヴァン・モリソンのボーカルが上手くからみあっています。パブでどこからか流れてきそうな自然な感じの音がします。ヴァン・モリソンといえば、「ムーンダンス」「アヴァロン・サンセット」が好きなアルバムですが、このアルバムもアイルランドらしさから見てお勧め盤です。

ザ・ポーグス
『ラム酒、愛 そして鞭の響き』(1985)

同じアイルランド人のエルビス・コステロがプロデュースしたちょっと変わったバンド、ザ・ポーグスのアルバムです。トラッドをベースとしたロックで、骨の髄までアイルランドらしさが詰まっています。ギネスかウィスキーを飲みながら聞きたい、大好きなアルバムです。

エンヤ
『シェパード・ムーン』(1991)

エンヤについては説明不要。最近ではトリノ五輪に向けた某メーカーの薄型テレビのCMでもかかってますね。エンヤ=癒し系なのは言わずと知れたことですが、妖精(レプリコーン?)をイメージさせてくれるといった点もエンヤが好きな理由の一つです。ケルト濃度の濃いアーティストですね。
posted by F邸のあるじ at 17:51 | 滋賀 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。