2005年12月22日

命名について考える

出産予定日まであと約1ヶ月。
妻は長らく切迫早産でしたが、無事セイフティーゾーンに突入です。

さて、ぼちぼち次女の名前を考えなければということで、妻と話をしました。もちろん、今の段階ではまだ決まりませんが、方向性について確認しました。
長女の場合、実は産声を上げた時点では「名無しさん」状態でした。退院して、我が家に来て、やっと名前をプレゼントすることができました。
今回も少しは考えてはいたものの、間際になって決めればという思いもあり、あまりじっくり考えてきませんでした。

さて、その方向性ですが
・長女の名前と同じ止め字を使うこと
・ぱっと見て読める字(難読でないこと)
・古くさくなく、奇をてらった名前でないこと
ぐらいです。

一つ目は、長女との名前の統一感みたいなのがあった方がいいなぁと。二つ目は、近年流行りというかスタンダードになりつつある、当て字の名前は自分たちの主義・思想に合わないし、絶対に避けたい。誰もが、読めるような名前にしたいとの思い。三つ目は、主観的な基準ですね。本人が新しいと思っても、世間に古くさいと思われるかもしれないし、その逆もあり得る。ま、自分たちが好きな、気に入った名前を付けよう!ということです。

さて、ここで、やっかいなのが姓名判断です。姓名判断のHPなんかもあるし、そういう本は巷にあふれています。
個人的には、姓名判断って何の根拠もなく、非科学的なものだと思います。

でも、生まれてくる子どもが後々、何かでそれを知って嫌な思いをしないために付けるんかなぁ。それも、親がきちんと意味のないことを説得すれば済む話かもしれませんが。

ま、でも、何かの縛りや制約条件のある中で、名前を考えることは楽しかったりします。
そういうことで、四つ目の方向性として
・姓名判断で良い名前であること
も含みます。

さてさて、どうなることやら!
posted by F邸のあるじ at 12:10 | 滋賀 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

雪の中の通勤

今朝の寒波もすごい。いや日曜日の比ではない。
朝になってもなお雪は降り積み止まぬ。
へとへとになって会社にたどり着きました。(今、会社の外は猛吹雪!)

今朝、いつも乗ってる電車が運休(おそらく?)になり、かつ次の電車が相当の遅れ。
駅では、JRからのアナウンスも少なく、運休については結局わからぬまま(怒!)

前の電車が運休になった分遅れた電車には相当のお客が乗っている。超満員。地獄です。

たまたま前の座席の乗客が降車したため、運良く座れたものの、他のお客さんは駅を過ぎる度に混雑がひどくなり悲鳴をあげている。まさに地獄絵。

瀬田駅では満員のために電車に乗れない積み残しのお客さんがいた。

でも、ドア付近は混んでるけど、中は空いているので、周りの人が気配りすれば乗れるんだけどなぁ。それと、これだけ混んでるにもかかわらず、中のお客さんが降り切る前に乗り込んでいる人がいる。なんかなぁ・・・と思う。
乗ってる人も、降りようとする人が多いにもかかわらず一旦降りたり、通路をよける人が少ない。それが改善されれば、もっとスムーズにことが運ぶと思うんだが。

なんか、自分しか見えていない、ホントに何にも考えていない人が多いのに気付く(モラル低下が最近の風潮?)なんとも後味の悪い朝の通勤でした。

#そういう自分も声を出してまで交通整理する気はなかったりします。
posted by F邸のあるじ at 09:10 | 滋賀 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。