2005年11月11日

行け。勇んで。小さき者よ。

行け。勇んで。小さき者よ。


昨日のブログで『小さき者へ』有島武郎から引用した言葉。
愛娘に贈った言葉です。


言ってみる(書いてみる?)もんですね。

我が娘は、弱虫で甘えん坊で手をやくことがしばしば。

特にお医者さんでの検診や注射が大の苦手で、世の全てを拒否してしまうほどの反応を示すとのこと。これには妻はほとほと困っており、先生や看護師も驚いて苦笑してしまうらしい。

ところが昨日、妻がインフルエンザの予防接種に連れていったのですが、何とグスンと一泣きしただけで、最後には先生や看護師の皆さんにも手をふる余裕を見せたとのこと。何とも勇ましい!

奇跡だ。

これは成長なのか冒頭の一言が効いたのかは神のみぞ知る。

よっしゃ。あっぱれだ!

これまでアカンタレとか言って悪かった。すまんすまん!
posted by F邸のあるじ at 09:05 | 滋賀 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 愛娘

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。